大白法・平成20年2月16日刊(第735号より転載)教学用語解説(122)


()(しん)(だい)()
 

 ()(しん)(だい)()とは

 以信代慧は、「信を(もっ)()()う」と()みます。これは信の一念をもってあらゆる()()の修行に代えるということで、そこに仏法の一切の修行と()(どく)(そな)わることを明かしています。

 (かい)(じょう)()の三学

 仏教は、八万法蔵と言われるように、その法門は実に深く、また()()にわたります。小乗教ではこれを()(たい)(じゅう)()(いん)(ねん)の法に約して説き、大乗教においては()()()(かい)(にん)(にく)(しょう)(じん)(ぜん)(じょう)・智慧の(ろく)()()(みつ)の修行に約して説いています。しかし、これらは、戒・定・慧の三学にすべて集約されます。
 「戒」とは、衆生が三悪道へ()ちないように、(しん)()()(さん)(ごう)の非を防ぎ、悪を止める教え(防非止悪)をいい、「定」とは、心の散乱を防ぎ、正しい道に向かわせる精神統一の法をいい、「慧」とは、(ぼん)(のう)を断じて(めい)(もう)の心を破す仏道の智慧をいいます。
 仏教の修行では、この三学を体得しなければならないとされますが、機根の低い末法の(ぼん)()の智慧では、その内容を修得し、すべてに通達することは不可能です。ゆえに日蓮大聖人は『四信五品抄』に、
    「五品の初・二・三品には、仏正しく(かい)(じょう)の二法を制止して一向に慧の一分に限る。慧又()へざれば信を以て慧に代ふ」(御書一一一二頁)
と、末法においては三学のうち戒・定の二法を制止してただ慧の修行のみに限られるのですが、その智慧を得ることこそ非常に困難なため、信をもって慧の修行に代えると御教示です。

 「以信代慧」の法門の依拠

 「以信代慧」の法門の依拠は、法華経の『(ふん)(べつ)()(どく)(ほん)第十七』にあります。
 末法における法華経の修行については、法華経二十八品中、(しゃく)(もん)()(つう)(ぶん)と本門流通分とに示されていますが、これは(いち)(おう)の義であり、再往は本門正宗分(『寿(じゅ)(りょう)品第十六』とその前後半品ずつの(いっ)(ぽん)()(はん))のすぐあと、(すなわ)ち『分別功徳品第十七』の後半に説かれる修行が重要となります。
 ここには本門の修行を、段階的に(ざい)()の衆生の信心に約して四種に分別した「現在の四信」と、(めつ)()の衆生の修行に約して五種に分別した「滅後の五品」が説かれています。
 まず現在の四信とは、(いち)(ねん)(しん)()(りゃく)()(ごん)(しゅ)(こう)()()(せつ)(じん)(しん)(かん)(じょう)をいいます。第一の一念信解とは、法華経の教えを聞き、わずかな一念の心に信解を起こす位。二の略解言趣とは、略言趣を解すということで、法華経の意義がほぼ理解できる位。三に広為他説とは、広く他人の(ため)に説く位。四に深信観成とは、心に深く法華経の理を(さと)り、(ちゅう)(どう)(じっ)(そう)の観心を成ずる位です。これら四つは、すべて信を根本として修行を成就することから「四信」といいます。
 次に滅後の五品とは、(ずい)()品・(どく)(じゅ)品・(せっ)(ぽう)品・(けん)(ぎょう)(ろく)()品・(しょう)(ぎょう)六度品をいいます。初めの随喜品とは、妙法を聞いて随喜の心を起こす位。二の読誦品とは法華経を受持し読誦する位。三の説法品とは、自行に加えて化他(けた)のために説法する位。四の兼行六度品とは、前三品に()ねて六度(六波羅密の修行)を行ずる位。五の正行六度品とは、正しく六度を行ずる位です。
 これら現在の四信と滅後の五品とを相対すれば、一念信解が随喜品と読誦品に当たり、略解言趣が説法品に当たり、広為他説が兼行六度品に当たり、深信観成が正行六度品に当たります。
 この五品のうち、随喜品から説法品までの前三品の位の衆生は、機根が低いために戒・定の修行を止め、智慧の修行のみをしなければなりません。しかし、末法の凡夫は、この智慧の修行にも堪えられないので、大聖人は信をもって智慧に代えるよう説かれたのです。

 信の一字の修行

 天台では、現在の四信と滅後の五品を(ろく)(そく)()(そく)(みょう)()即・(かん)(ぎょう)即・(そう)()即・(ふん)(じん)即・()(きょう)即)に配当し、一念信解を六即中の相似即、あるいは観行五品の初品の位(滅後の五品を観行即とする)、乃至(ないし)、名字即の位に当たると説いています。しかし、大聖人はこのような天台における種々の解釈を用いられず、
    「信の一字を(せん)()す(中略)信は慧の因、名字即の位なり」(同)
と、末法の信心修行は名字即(正法を聞き信受する位)を基本とすると決判されました。それは「信の一字」「名字即」に、仏法の根本の功徳と修行が具わると共に、末法の修行の正意が存するからです。
 末法における修行は、在世および正法・像法時代における(しゃく)(そん)の教えとは異なり、信を根本とする修行が(かん)(よう)となります。それは末法(ほん)()()(ぜん)の下種の機に合わない(だっ)(ちゃく)釈尊の仏法による修行法をそのまま用いることが、かえって成仏を(さまた)げる結果となるからです。

 む す び

 日蓮大聖人が『観心本尊抄』に、
    「釈尊の(いん)(ぎょう)()(とく)の二法は妙法蓮華経の五字に()(そく)す。我等()の五字を受持すれば()(ねん)に彼の因果の功徳を(ゆず)り与へたまふ」(同六五三頁)
 また『本因妙抄』に、
    「信心(ごう)(じょう)にして(ただ)()(ねん)()く南無妙法蓮華経と唱へ(たてまつ)れば凡身即ち仏身なり」(同一六七九頁)
と御指南されているように、末法の衆生は、仏法の根本・根源の法体であり、戒定慧の三学をも(ほう)(よう)する三大秘法総在の(ほん)(もん)(かい)(だん)(だい)()(ほん)(ぞん)に対し、信の一念をもって南無妙法蓮華経と唱え奉ることにより、即身成仏の大功徳を得ることができるのです。