大白法・平成19年2月16日刊(第711号より転載)教学用語解説(112)


(しょう)(じき)(しゃ)(ほう)便(べん) (たん)(せつ)()(じょう)(どう)
 
 「(しょう)(じき)(しゃ)(ほう)便(べん)(たん)(せつ)()(じょう)(どう)」は、法華経『方便品』にあり、
    「正直に方便を()てて (ただ)無上道を説く」(法華経一二四頁)
と読みます。
 
 正直捨方便・但説無上道の経意
 
 「正直捨方便・但説無上道」とは、華厳(けごん)阿含(あごん)方等(ほうどう)般若(はんにゃ)等の、法華以前に説いてきた方便(ごん)(きょう)を正直に捨て、ただ真実無上の仏道である法華経を説く、との意です。これについて天台大師は『法華文句(もんぐ)』で、
    ()(じょう)()れ曲にして直に非ず、通別(つうべつ)偏傍(へんぼう)にして正に非ず。今は皆彼の(へん)(きょく)を捨てて但正直の一道を説くなり」
と説明しています。
 仏が世に出現された本意は、一切衆生を成仏の境界に至らしめることにありますが、仏は衆生の機根(きこん)がまちまちであったために、真実の大法をただちに説かず、人・天・(しょう)(もん)縁覚(えんがく)菩薩(ぼさつ)の五乗に応じて仮の教えを設け、衆生の機根を調(ととの)(やしな)ってきました。これら爾前(にぜん)権経は、大直道(だいじきどう)である一仏乗(いちぶつじょう)を説く法華経の立場からすれば真っ直ぐでない、紆余(うよ)(きょく)(せつ)した道です。また、爾前権経にも(えん)(きょう)が含まれるとはいえ、(つう)教・(べっ)教という権教を付帯した(かたよ)った教えです。したがって、これらの曲がり偏った爾前権経を、仏自身が捨て、今から「正直」の「一道」である法華経を説き明かすと宣言したのである、と天台は解釈(かいしゃく)しているのです。
 
 正直に方便を捨て但法華経を信ずる
 
 日蓮大聖人は、
    「法華経は正直の経、真実の経なり」(御書 九頁)
と仰せのように、御書の随所で、法華経こそが正直の経、諸仏出世の真実の教えであることを明かされています。そして、私たちの成仏の道として、
    「正直に方便を捨て但法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩(ぼんのう)(ごう)・苦の三道、法身(ほっしん)般若(はんにゃ)解脱(げだつ)の三徳と転じて、三観(さんがん)三諦(さんたい)即一心に顕はれ、其の人の所住の処は(じょう)(じゃっ)(こう)()なり」(同 六九四頁)
と、正直に爾前方便の教えを捨て、諸仏出世の本意たる法華経を信じ、南無妙法蓮華経の題目を唱えるところに即身成仏の功徳があることを御指南されています。
 この「正直に方便を捨て」の文意について、総本山第二十六世日寛上人は、
    「問う、『正直に方便を捨て』の意は如何(いかん)。答う、『正直』とは、(たと)えば竹を竹と()り、梅を梅と識り、松を松と識るが如く、権を権と識り、実を実と識り、(しゃく)を迹と識り、本を本と識り、(だつ)を脱と識り、種を種と識る、是れを『正直』と云うなり。既に権を権と識り、実を実と識る(とき)は、永く権を用いざる故に権を廃捨(はいしゃ)す。故に『方便を捨て』と云うなり」(御書文段 六二一頁)
と御指南されています。要するに、権実・本迹・種脱と(じゅう)(せん)()(じん)してその勝劣を判じ、(もん)(じょう)(じゅく)(だつ)の一切の教法を捨てることが「正直捨方便」の真意です。
 したがって、私たちは、ただ寿(じゅ)(りょう)(もん)(てい)()(しゅ)の御本尊を信じて南無妙法蓮華経を至心(ししん)に唱えることが、仏智(ぶっち)(かな)った正直な信仰(しんこう)であることを知るべきです。
 
 諸天善神は正直の者を守護される
 
 諸天善神は、末法(まっぽう)下種の法華経を信ずる正直な者を守護します。すなわち、
    「天神七代・地神五代の神々、()の外諸天善神等は、皆一乗擁護(ようご)の神明なり。(しか)も法華経を(もっ)て食と()し、正直を以て力と為す」(御書 三七一頁)
    「此を以て思ふに、法華経の人々は正直の法につき(たま)ふ故に釈迦(しゃか)(なお)(これ)まぼ()り給ふ。(いわ)んや(すい)(じゃく)の八幡大菩薩(いか)でか是をまぼり給はざるべき」(同 一五二五頁)
等とあるように、諸天善神は、正直の法である南無妙法蓮華経の法味によって()(こう)(せい)(りょく)を増し、法華経を信ずる者を守護するのです。その守護の功徳(くどく)は、日常生活わあらゆる場面において、様々な不思議な姿形や(はたら)きとなって現れ、私たちに確かな安心と利益を与えるのです。
 
 仏道における不正直の相
 
 一方、仏道における不正直について『下山御消息』に、
    「而るを初心の行者、深位の菩薩の様に彼々の経々と法華経とを並べて行ずれば不正直の者となる」(同 一一四〇頁)
と説かれています。末法における私たちのような初心の修行者が、爾前権経と真実最勝の法華経を並行して信仰することは不正直であり、決して諸天善神の守護も即身成仏の大益(だいやく)も得られないのです。
 また、法然のように、法華経を()めあげるものの、()(じん)()()と称して法華経は末法の凡夫の機根には合わないとして、法華経を「(しゃ)(へい)(かく)(ほう)すべし」と退(しりぞ)ける姿に対し、大聖人は、
    「されば機に随って法を説くと申すは大なる(びゃっ)(けん)なり」(同 八四六頁)
と断じられています。法華経自体に、爾前方便を捨てよと説かれているにもかかわらず、我見、執着をもって法華経は末法の機に合わない、などと独断するのは不正直の僻見であり、仏法破壊の大謗法(ほうぼう)なのです。
 特に今日、創価学会の下種三宝(さんぼう)への誹謗(ひぼう)反逆は、まさに不正直の中の不正直、謗法の中の大謗法であり、「現代の一凶」として厳しく指弾(しだん)すべきです。
 
 まとめ
 
 私たちは、
    「総じて日蓮が弟子と云って法華経を修行せん人々は日蓮が如くにし候へ」(同一三七〇頁)
と仰せられた大聖人の()(こころ)(はい)し、世間・出世間にわたって正直に清く生きていくことが肝要(かんよう)です。正直に(じゃ)は邪と喝破(かっぱ)し、正法流布に(つと)めていくことが「正直捨方便・但説無上道」の経意に(かな)うものと心得て、信行に(はげ)みましょう。