大白法・平成19年1月16日刊(第709号より転載)教学用語解説(111)


(じつ)(じょう)(いち)(ぜん)
 
 実乗とは
 
 実乗とは、実大乗教の略で法華経のことをいいます。法華経は真実の一仏乗を説くので実乗というのです。
 「実乗」の「実」とは、真実で(いつわ)りのない「まこと」ということ。「乗」とは、乗り物、すなわち人を乗せて幸せなところへ運んでいく乗り物で、教えをいいます。
 この実乗に対して、一時的な()りの教えとしての方便があります。釈尊は無量義経において、
    (もろもろ)(しゅ)(じょう)(しょう)(よく)不同なることを知れり。性欲不同なれば種種に法を説きき。種種に法を説くこと、方便力を(もっ)てす」(法華経 二三頁)
と、()(ごん)()(ごん)(ほう)(どう)(はん)(にゃ)等の四十余年の諸経は、衆生の機根を調(じょう)(よう)するための方便経であると説かれました。
 そして法華経に、
    「正直捨方便 (たん)説無上道(正直に方便を捨てて (ただ)無上道を説く)」(同 一二四頁)
と示されるように、釈尊はこうした方便の権経を正直に、素直に捨てて、法華経という真実の無上道を説かれました。
 そして仏と同じように、一切衆生も正直に法華経に帰依すべきことを説かれたのです。
 
 実乗の一善
 
 日蓮大聖人は『立正安国論』において、国土に起こる()(きん)(えき)(びょう)(てん)(ぺん)()(よう)などの原因が、世の多くの人々が正法に背き悪法に帰すが故であることを示され、国中に蔓延(はびこ)(ほう)(ぼう)を退治し、正法に帰依しなければならないことを(おお)せられました。
 そして具体的には、諸宗悪法の最たるものとして、当時、盛んに(しん)(こう)されていた(ほう)(ねん)の浄土宗を()(しゃく)され、
    「汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ」(御書 二五〇頁)
と仰せられ、世の中の混乱を(しず)め、幸福な境界を築くには、何をおいてもまず謗法を信ずる心を改めて、法華経の「実乗の一善」に帰依すべきことを示されました。
 
 実乗の一善の(がん)()
 
 このように『立正安国論』では、一往、法然・浄土宗への()(じゃ)に対する法華の(けん)(しょう)として、(ごん)(じつ)(そう)(たい)の上から破折されていますが、ここに示された実乗の(がん)()を探れば、(ほん)(じゃく)相対、(しゅ)(だつ)相対して、本門下種の教法こそが実乗の一善となります。
 その本門下種の教法とは、釈尊が『神力(ほん)』において()()上行に(けっ)(ちょう)()(ぞく)されたところの法体であり、大聖人は、その法体を『(とう)(たい)()(しょう)』『(そう)(かん)(もん)抄』等において、久遠元初の仏法の本源の(さと)りとして示されています。
 
 立正安国・実乗の一善に帰せよ
 
 総本山第二十六世日寛上人は『立正安国論()()』に、
    「『実乗に帰せよ』とは(すなわ)ち是れ立正なり」(御書文段 四九頁)
と、「実乗の一善に帰依せよ」とは、正しい仏法を世に立てていくことであると示されています。そしてその実体は、
    「立正の両字は三箇の秘法を含む」(同 六頁)
と仰せのように、三大秘法を世に立てることをいいます。
 すなわち、大聖人が『立正安国論』で「実乗の一善に帰せよ」と()()()された真義は、()(ぜん)(しゃく)(もん)の邪法邪師の邪義を捨てて、(すみ)やかに久遠元初の下種の法体である「本門の本尊」「本門の(かい)(だん)」「本門の題目」の三大秘法の正法に帰依すべきところにあるのです。
 「立正安国」とは、この実乗の一善である三大秘法のもとに、日蓮正宗の仏法を(こう)(せん)()()していく大()(どく)により、私たちの住むこの世界を、御本仏の功徳に包まれた仏国土と変革していくことです。悪徳、悪人、謗法(じゅう)(まん)のこの世法にあって、(おのれ)の命、心を、御本仏への絶対帰依心に変えて、広宣流布のために破邪顕正の(たたか)いを実践(じっせん)していくことによって「安国」が実現され、また己自身の安心も家庭の安泰(あんたい)も築かれていくのです。
 大聖人は『立正安国論』に、
    ()かず()の万祈を修せんよりは此の(いっ)(きょう)を禁ぜんには」(御書 二四一頁)
と仰せです。
 創価学会の(さん)(ぽう)破壊の大謗法による害毒は、今や全世界に蔓延(まんえん)し、それが近年のあらゆる災難の原因となっています。したがって、創価学会という「現在の一凶」への徹底(てってい)した破折こそが、最も時に(かな)った(しゃく)(ぶく)と言えるのです。
 
 ま と め
 
 大聖人は、『立正安国論』の最後に、
    (ただ)我が信ずるのみに非ず、又他の誤りをも(いまし)めんのみ」(同 二五〇頁)
と仰せです。二年後には『立正安国論』(しょう)()(けん)(よう)七百五十年の大()(せつ)がやってきます。
 「正義を顕揚する」とは、まさに折伏の実践であり、安国も、個人・家庭の安穏(あんのん)も、この折伏によって始まります。
 私たちの日々の折伏実践は、まさに実乗の一善である本門戒壇の大御本尊のもとに、個々の人々を救い、ひいては社会全体を仏国土へと変革する尊い修行であり、また莫大(ばくだい)な功徳を成ずることを確信し、平成二十一年の大佳節に向けて精進してまいりましょう。