大白法・平成18年9月16日刊(第701号より転載)教学用語解説(108)


(とん)(じん)()(さん)(どく)
 
 (とん)(じん)()(さん)(どく)とは、貪欲(とんよく)瞋恚(しんに)愚癡(ぐち)三煩悩(さんぼんのう)のことで、その三煩悩が(しゅ)(じょう)の善の心を最も害する根元の煩悩であることから三毒といいます。
 日蓮大聖人は『観心本尊抄(かんじんのほんぞんしょう)』に、
    (いか)るは地獄(じごく)(むさぼ)るは餓鬼(がき)(おろ)かは畜生(ちくしょう)」(御書 六四七n)
(おお)せのように、貪瞋癡の三毒は、地獄・餓鬼・畜生の三悪道の境界を表しています。
 つまり、貪欲とは、自分の欲するものに(しゅう)(じゃく)して貪る心、餓鬼の生命をいいます。瞋恚とは、自分の心に(たが)うものを(いか)る心をいいます。瞋りは他人(ひと)に苦を(あた)えるので、それが業因となって来世には自らが地獄の報いを受けます。愚癡とは、道理に迷う(おろ)かな心、本能的に動く畜生の生命をいいます。
 

 病や不幸の根本原因は貪瞋癡の三毒

 御隠尊日顕上人猊下(ごいんそんにっけんしょうにんげいか)は、
    「仏法においては『身は心の従』と教えており、身体は心の善悪に従ってあらゆる変化が生じ、そこに種々の病気や不幸が現れるのであって、その病気の元は過去・現在・未来の三世にわたる心の因縁果報に存するのであります」(大白法 六〇九号)
と御指南されています。すなわち、一切衆生の種々の病や不幸は、すべて心の善悪により現れてくるのです。
 では、その悪の果報を招く悪心とはいったい何でしょうか。それは、()()(きょう)の『()(ひゃく)弟子(でし)受記品(じゅきほん)』に、
    「衆に三毒有り」(法華経 二九六n)
とあり、『大智度論(だいちどろん)』には、
    「三毒は一切煩悩の根本たり」
また、
    「根本の四病とは貪瞋癡等分なり」
とあり、さらに『摩訶止観(まかしかん)』に、
    「四大は()れ身の病、三毒は是れ心の病」(摩訶止観弘決会本)
と示され、また大聖人は『()(もん)(ぶつ)(じょう)()』に、
    ()の苦果の依身(えしん)()の根本を探り見れば(とん)(じん)()の三毒より出でたるなり」(御書 一二〇八n)
と仰せのように、多くの煩悩の中でも、最も()しきものが貪瞋癡の三毒であり、この三毒より見思惑(けんじわく)塵沙(じんじゃ)惑・()(みょう)惑の八万四千の煩悩が派生するのです。
 

 邪宗教によって三毒は(ごう)(じょう)となる

 『曽谷(そや)殿(どの)御返事(ごへんじ)』に、
    「邪法をあいし、正法をにくむ、三毒がうじゃうなり(中略)飢渇(けかち)は大貪よりをこり、やくびゃうはぐちよりをこり、合戦は瞋恚よりをこる。今日本国の人々四十九億九万四千八百二十八人の男女、人々ことなれども同じく一つの三毒なり」(同 一三八六n)
と仰せのように、三毒は邪宗教によって悪循環(じゅんかん)し、増大していきます。つまり、正法に違背し、邪宗教を信仰することで、三毒は単に個人の不幸、迷いの根元となるだけではなく、貪りは飢渇、瞋恚は戦争、愚癡は疫病(えきびょう)を起こし、日本一国、さらには全世界の人々と国土の不幸の根元、悪の根元となるのです。
 

 貪瞋癡の三毒を三徳と転ずる(ほう)()

では、これら貪瞋癡の三毒は、いかなる法によって退治することができるのでしょうか。『減劫(げんこう)御書』に、
    「末代(じょく)()の心の貪欲・瞋恚(しんに)・愚癡のかしこさは、いかなる賢人聖人も治めがたき事なり。()(ゆえ)は貪欲をば仏()(じょう)観の薬をもて治し、瞋恚をば慈悲(じひ)観をもて治し、愚癡をば十二因縁(いんねん)観をもてこそ治し給ふ」(同 九二四n)
とあるように、釈尊(しゃくそん)は上根上機の衆生に対し、貪欲は不浄を観ずることにより(おさ)え、瞋恚は慈悲をもって滅し、愚癡は十二因縁観をもって治す修行法を説いています。
 しかし、同抄に、
    「いまは()の法門をとひて、人ををとして貪欲・瞋恚・愚癡をますなり。(たと)へば火をば水をもってけす、悪をば善をもって打つ。しかるにかへりて水より出でぬる火をば、水をかくればあぶらになりて、いよいよ大火となるなり」(同 九二五n)
と示されているように、末法(まっぽう)本未有善(ほんみうぜん)荒凡夫(あらぼんぷ)は、釈尊の脱益(だっちゃく)仏法を信仰しても、貪瞋癡の三毒を消滅(しょうめつ)しないばかりか、かえって貪瞋癡の三毒は強盛となり、全く意味をなさないのです。
 御法主(ごほっす)日如(にちにょ)(しょう)(にん)猊下は、
    「この貪・瞋・癡の三毒を三徳に転じていく、それにはただ一つ、大聖人様の仏法による以外にないのであります。煩悩即菩提ということが言われますけれども、まさにそれと同じことになるのであります」(大白法 六八七号)
と御指南されています。
 すなわち、末法の衆生が貪瞋癡の三毒を退治するには、大聖人が『当体義抄(とうたいぎしょう)』に、
    「正直に方便を捨て(ただ)法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、煩悩・業・苦の三道、法身(ほっしん)般若(はんにゃ)解脱(げだつ)の三徳と転じて、三観(さんがん)三諦(さんたい)(そく)一心(いっしん)(あら)はれ、其の人の所住の(ところ)(じょう)(じゃっ)(こう)()なり。能居(のうご)所居(しょご)、身土・色心、()(たい)()(ゆう)無作(むさ)三身(さんじん)本門(ほんもん)寿量(じゅりょう)の当体蓮華の仏とは、日蓮が弟子檀那(だんな)等の中の事なり」(御書 六九四n)
と仰せのように、大聖人の文底(もんてい)()(しゅ)の妙法を受持信行するところに、貪瞋癡の三毒は即三徳と転じ、即身成仏の本懐(ほんがい)()げることができるのです。
 宗門は今日、御法主上人猊下の御指南のもと、「平成二十一年・『立正安国論』(しょう)()顕揚(けんよう)七百五十年」の佳節(かせつ)における「地涌(じゆ)倍増(ばいぞう)」をめざし、大前進しています。この大事な佳節に当たり、貪瞋癡の毒気に犯された一切の衆生に、最高最上の良薬である大聖人の妙法を服さしめるべく、一層、折伏に(はげ)むことが大切です。