大白法・平成17年3月16日刊(第665号より転載)教学用語解説(98)


師子(しし)奮迅(ふんじん)()(りき)

 「師子奮迅之力」とは、「師子奮迅の力」と読み、仏が衆生を救っていく偉大な力、仏力、法力をいいます。
 法華経の『(じゅう)()()(じゅつ)品第十五』には、三十二相という仏の相好(そうごう)(そな)えた地涌の菩薩が大地より涌出したことで、弥勒菩薩を代表とする菩薩衆が、そのようないまだ見たことも聞いたこともない立派な相を具えた地涌の菩薩に疑い驚き、地涌の菩薩は一体どこから来たのか、いかなる因縁によって出現し、誰人によって教化された等を釈尊に問い奉ることが説かれています。
 そしてこの質問に対して釈尊は、
 「()の時に釈迦牟尼仏、弥勒菩薩に告げたまわく、善哉善哉、阿逸多(あいった)(いま)()く仏に、(かく)(ごと)き大事を問えり。汝等当(なんだちまさ)に共に一心に、精進の鎧を()、堅固の意を発すべし。如来今、諸仏の智慧、諸仏の自在神通の力、諸仏の師子奮迅の力、諸仏の()(みょう)大勢(だいせい)の力を顕発し、宣示せんと欲す」(法華経 418頁)
と説かれました。
 この中の「師子」とは百獣の王である獅子のことで、ここでは人の中の王である仏を指します。「奮迅之力」とは、獅子が奮い立つ時に出す力をいい、仏の力用(りきゆう)を表します。
 天台大師は、この「師子奮迅之力」について、『法華玄義』第七の(さん)()(りょう)(けん)(だん)に、
 「第六に三世に約して料簡せば、文に云く、如来の自在神通の力、如来の大勢威猛の力、如来の師子奮迅の力、即ち是れ三世益物(やくもつ)の文なり」(法華玄義釈籖会本 下 254頁)
と釈しています。
 これは『寿量品』に説かれる、
 「如来(にょらい)()(みつ)神通(じんづう)()(りき)」(法華経 429頁)
の文を、仏が過去・現在・未来の三世にわたって衆生を利益すること(益物)を示して、「如来の自在神通の力」を過去、「如来の大勢威猛の力」を現在、「如来の師子奮迅の力」を未来に配当したものです。
 すなわち、三世にわたる仏の永遠の寿命と、常住不変の衆生教化を示したもので、未来の益物はひとえに「如来の師子奮迅の力」によってなされるのです。
 しかし、この三身常住三世益物の教相は、一往、釈尊の在世中心の化導の上から拝したものであり、再往は末法の化導の意義、すなわち「内証の寿量品」の上から拝すべきです。
 『寿量品』の仏の真の寿命は、末法においては天台・妙薬等の釈より一重立ち入ったところにあり、それは宗祖日蓮大聖人の末法万年の下種の化導によって明らかとなります。つまり、御本仏日蓮大聖人が末法の一切衆生成仏のために三大秘法を弘通あそばされたことがそれです。
 さて、大聖人は「師子奮迅之力」について『経王殿御返事』に、
 「師子王は前三後一と申して、あり()の子を取らんとするにも、又たけ()きものを取らんとする時も、いき()をひを出だす事はたゞをな()じき事なり。日蓮守護たる処の御本尊をしたゝめ参らせ候事も師子王にをとるべからず。経に云はく『師子(しし)奮迅(ふんじん)()(りき)』とは是なり」(御書 685頁)
と御教示です。
 この御文の中に「師子王は前三後一」とありますが、これは師子(獅子)が敵に向かう時、前足二本と後ろ足一本を前に出し、残りの一本を後ろに残して、この上なく慎重な身構えで、蟻のように小さくて弱いものから、猛獣のように大きくて強いものに至るまで、その区別なく全力を込めて戦うという、師子の攻撃態勢を述べられたものです。
 大聖人は、師子王が全力でことに当たるように、御本尊を(したた)められるに当たっては、御自らも全力で臨まれていることを仰せであり、それは『涌出品』の文に説かれる「諸仏の師子奮迅の力」であると御教示であります。
 また、この『経王殿御返事』には、
 「此の曼荼羅能く能く信じさせ給ふべし。南無妙法蓮華経は師子()の如し。いかなる病さは()りをなすべきや。鬼子母(きしも)(じん)・十()(せつ)女、法華経の題目を持つものを守護すべしと見えたり。さい()はいは愛染(あいぜん)の如く、福は()(しゃ)(もん)の如くなるべし。いかなる処にて遊びたは()ぶるともつゝ()があるべからず。()(ぎょう)して畏れ無きこと師子王の如くなるべし。十羅刹女の中にも皐諦女(こうたいにょ)の守護ふかゝるべきなり。
 但し御信心によるべし。つるぎ()なんども、すゝ()まざる人のためには用ふる事なし。法華経の剣は信心のけなげ(健気)なる人こそ用ふる事なれ。鬼にかなぼう(鉄棒)たるべし」(同)
と仰せです。
 大聖人は、ここに「師子奮迅之力」をもって御図顕あそばされた漫荼羅本尊を堅く信ずべきことを御教示の上、南無妙法蓮華経は師子吼であり、鬼子母神・十羅刹女は法華経の題目を(たも)つ者を必ず守護されると示されています。そして、それはあくまでも私たちの信心によると(いまし)められているのです。
 さらに同抄の次下の文には、
 「日蓮がたまし()ひをすみ()にそめながしてかきて候ぞ、信じさせ絵へ。仏の()(こころ)は法華経なり。日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし」(同)
とあります。
 私たちは、種々の法難や迫害に遭いながらも「師子奮迅之力」を出して三大秘法の御本尊を顕され、それを身命を()して弘通せられた御本仏日蓮大聖人に御報恩申し上げるためにも、また自らの成仏のためにも、「日蓮がたましひ」である御本尊を信じ奉り、死身弘法の精神で折伏弘教に邁進していくことが肝要です。
 本宗僧俗は、四年後に迫った「平成二十一年・『立正安国論』正義顕揚七百五十年」に向かい、この「師子奮迅之力」をもって、
 「地滴の友の倍増乃至、それ以上の輩出と大結集」(大白法 608号)
を必ず成し遂げることを御本尊にお誓い申し上げ、「僧俗前進の年」をますます精進してまいりましょう。