大白法・平成11年5月16日刊(第525号より転載)教学用語解説(48)


法華(ほっけ)折伏(しゃくぶく)()権門(ごんもん)()

 天台大師が『法華玄義(ほっけげんぎ)』に示された言葉で、
     「法華は折伏にして権門の理を破す」
と読みます。法華経は仏の真実の教えであり、その経体そのものが方便の爾前権経を破折し(しりぞ)ける、という意味です。
 折伏とは破折屈伏の義で、あくまで邪法の存立を許さず、その非を責めて正法に帰伏せしめる教化方法をいいます。これに対して摂受とは(しょう)引容受(いんようじゅ)の義で、たとえ衆生に違法があったとしてもそれを仮に容認し、徐々に浅から深へと導いて真実に至らしめる教化方法をいいます。折伏は慈父の厳訓、摂受は悲母の愛訓に譬えられます。
 右文の次下に、
     「涅槃は摂受にして更に権門を許す」
とあるように、天台は教門に約して涅槃経と法華経を対比し、涅槃経を摂受門、法華経を折伏門と判じました。涅槃経は法華経で得脱できなかった衆生に対して、重ねて随他意の三乗を用いて一仏乗へ帰入せしめる「(じゅう)」の内容を持つので摂受門であり、法華経は三乗を用いずに直ちに随自意の一仏乗を説くので折伏門と説かれたのです。
 また、『法華文句(ほっけもんぐ)』では、涅槃経で説く弓を持ち()を帯しての悪人摧伏(さいぶく)と、法華経『安楽(あんらく)(ぎょう)(ほん)』の四安楽行等を行門の上から対比し、涅槃経を折伏門、法華経を摂受門に配し、その摂受柔化・折伏剛化の用捨(ようしゃ)は「(ちゃく)()而已(にい)」、すなわち時に(したが)って衆生を利益するのみであると説いています。
 このように天台は、折伏を経体とする一仏乗の法華経が諸経の中で最も第一であることを説きましたが、『百六箇抄』に、
     「天台は摂受を本とし折伏を迹とす。其の故は像法は在世の熟益(みょう)()の故なり」(御書 1691頁)
とあるように、(ほん)()()(ぜん)の衆生に対する熟脱の化導がその任であるために、天台は摂受を(もと)として法華経を弘通したのです。
 これに対して、末法御出現の日蓮大聖人の御化導においては、「百六箇抄』に、
     「日蓮は折伏を本とし摂受を迹と定む。法華折伏()(ごん)(もん)()とは是なり」(同 1700頁)
また『開目抄』に、
     「(それ)、摂受・折伏と申す法門は、水火のごとし。火は水をいとう、水は火をにくむ。摂受の者は折伏をわらう、折伏の者は摂受をかなしむ。無智・悪人の国土に充満の時は摂受を(さき)とす、安楽行品のごとし。邪智・謗法の者の多き時は折伏を(さき)とす、常不軽品のごとし」(同 575頁)
と説かれているように、折伏こそが末法弘教の方軌(ほうき)であり、一期御化導における忍難弘教は無論のこと、その目的たる三大秘法の御建立の意義がそのまま折伏に当たるのです。
 すなわち、総本山第二十六世日寛上人が『観心本尊抄文段』で、「法体(ほったい)の折伏」と「化儀(けぎ)の折伏」とを御指南されていますが、「法体の折伏」たる三大秘法の御建立は、本門以下、外道に至る一切の教えを破折することに当たるところが「法華折伏破権門理」の真義です。
 そして「化儀の折伏」は、三大秘法の正法正義をもって邪宗邪義を破折し、広宣流布に向かって闘う、地涌の菩薩たる我等の実践にあるのです。