大白法・平成11年3月16日刊(第521号より転載)教学用語解説(46)


(せい)  (がん)

 「誓願」とは、仏・菩薩が一切衆生を救わんと(ちか)いを立て、その成就を願うことをいいます。
 法華経の『方便品』に、
     「舎利弗(しゃりほつ)(まさ)()るべし 我本誓願(われもとせいがん)()てて 一切(いっさい)(しゅ)をして ()(ごと)(ひと)しくして(ことな)ること()からしめんと(ほっ)しき」(新編法華経 111頁)
とあるように、釈尊の願いは一切衆生を「我が如く等しくして異ること無からしめん」、すなわち成仏せしめることであり、その成就を願って法華経を説かれました。
 誓願について天台大師は、『摩訶止(まかし)(かん)』の第七に、
     「発願は誓うことである(中略)誓願を立てることによって行を持ち、初めて目的を達成することができるのである(趣意)」
と釈しているように、誓願は目的(仏道の成就)に向かって進むためになくてはならない決定心(けつじょうしん)です。
 諸仏・菩薩の誓願には、『摩訶止観』や日蓮大聖人が『法華真言勝劣事』に、
     「総別の二願満ぜずんば衆生の成仏も有り難きか。()く能く意得べし云云」(御書 310頁)
と説かれるように、総別の二意があります。
 総の誓願(総願)とは、すべての仏・菩薩に共通する誓願で、四弘誓願などをいいます。
 別の誓願(別願)とは、阿弥陀仏の四十八願、薬師の十二願、釈尊の五百大願などの個別の願をいいます。
 日蓮大聖人は『開目抄』に、
     「善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし。大願を立てん(中略)我日本の柱とならむ、我日本の眼目とならむ、我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」(同 572頁)
と下種本仏の三大誓願を示されました。
 「柱」は主の徳、「眼目」は師の徳、「大船」は親の徳であり、三つの誓願によって主師親の三徳を説かれています。すなわち、法華経の行者・御本仏日蓮大聖人は、三世常恒(じょうごう)大慈大悲の御化導のため、日本乃至世界の一切衆生を救済せん、と誓願されているのです。
 法華経『嘱累品』には、釈尊が地涌の菩薩をはじめ、その他の菩薩に法華経を三度にわたって付嘱せしめています。このとき菩薩たちは、
     「仏の仰せの如く必ず実践します(趣意)」(新編法華経 520頁)
と誓願されました。
 このように今私たちは、
     「大願とは法華弘通なり」(御書 1749頁)
との御本仏日蓮大聖人の大誓願である広宣流布を目指して、御法主上人猊下の常の御指南である「一年に一人が一人以上の折伏」を行うことを御本尊に誓願し、必ず実行してまいりましょう。これは、地涌の菩薩の眷属として必ず成し遂げなければならない使命と確信すべきです。