大白法・平成10年9月16日刊(第510号より転載)教学用語解説(41)


(さん)()(こう)(みょう)

 「三度の高名」とは、日蓮大聖人の三度にわたる国家諌暁(かんぎょう)をいいます。
 『撰時抄』に、
     「余に三度のかう()みょう()あり」(御書 867頁)
とあるように、大聖人は当時の為政者である幕府要人に対し、一切の邪宗を禁断して、唯一の正法である法華経に帰依しなければ日本は滅ぶ、と三度にわたって(いさ)められました。
 一度目は、文応元年七月十六日、幕府の最高実力者である前執権・(さい)(みょう)()(にゅう)(どう)時頼(ときより)に対する宿屋入道を通じての『立正安国論』の提出です。
 大聖人は、この時、宿屋入道に、
     「禅宗と念仏宗とを失ひ給ふべしと申させ給へ。此の事を御用ひなきならば、此の一門より事をこりて他国にせめられさせ給ふべし」(前 同)
と仰せられ、同時に最明寺入道に対しては、禅・念仏等の邪宗への帰依が三災七難の原因であり、これらの邪宗を急いで対治しなければ()(かい)(ほん)(ぎゃく)()(こく)侵逼(しんぴつ)の二難は(まぬが)れないと警告されました。
 二度目は、文永八年九月十二日、大聖人を捕らえにきた平左衛門尉(へいのさえもんのじょう)頼綱(よりつな)に対する諌暁です。この時、大聖人は頼綱に向かって、
     「日蓮は日本国の棟梁(とうりょう)なり。予を失ふは日本国の柱橦(はしら)を倒すなり」(前 同)
喝破(かっぱ)され、今に自界叛逆・他国侵逼の二難の現れとして、同士討ちや他国の兵による(さつ)(りく)などが必ず起こること。そして、すべての邪宗の寺を焼き払い、邪僧等の首をはねなければ、日本は必ず滅ぶことを強硬に説かれました。
 三度目は、文永十一年四月八日、佐渡配流を赦免(しゃめん)されて鎌倉へお帰りになり、頼綱の(しょう)(かん)に応じて対面された時の諌暁です。
 大聖人は、念仏・禅に加えて、特に真言宗こそ(わざわ)いの元であり、蒙古退散の祈祷(きとう)を真言師にさせるならば、いよいよ国が滅ぶと諌められました。
 その時、頼綱は大聖人に「蒙古はいつ攻め寄せてくるか」と問うと、大聖人は、
     「経文にはいつとは()へ候はねども、天の()()(しき)いかりすくなからず、きう()に見へて候。よも今年はすごし候はじ」(前 同)
と、年内の蒙古襲来を予言されました。同抄に、
     「外典に云はく、未萌(みぼう)をしるを聖人という。内典に云はく、三世を知るを聖人という」(前 同)
とあるように、「三度の高名」における予言は(ことごと)く的中し、経文に説かれた種々の災難が日本国中に競い起こりました。
 謗法に執着する毒気深入の為政者たちが、この厳然たる現証を()()たりにしながらも、なお大聖人に帰依することができなかったように、現代においても正法を誹謗し、邪宗教に毒された不幸な人々が多く充満しています。
 私たちは、大聖人の(けん)知未(ちみ)(ぼう)の御仏智を深く拝すと共に、破邪顕正の強い精神と行動をもって一切の邪宗教を破折していくことが肝要です。