大白法・平成10年4月16日刊(第500号より転載)教学用語解説(36)


(さん)()()(きょう)

 「三時の弘教」とは、正法・像法・末法の三時に、教法が弘まる次第のことです。
 第二祖日興上人は、これを『三時弘教次第』に、
     「一、仏法流布の次第
      一、正法千年 流布 小乗 権大乗
      一、像法千年 流布 法華迹門
      一、末法万年 流布 法華本門」
                (歴代法主全書第一巻 42頁)
と御教示されています。
 日興上人は、幕府や天皇に対する諌暁(かんぎょう)の際、この『三時弘教次第』を(もうし)(じょう)とともに呈上されており、こうした日興上人の行跡に(なら)って、以後、御歴代上人の申状には、必ず『三時弘教次第』が添えられています。
 正像末における弘教の次第をいえば、まず釈尊の滅後一千年間の正法時代には、迦葉・阿難・竜樹・天親等の人師論師が小乗教や権大乗教を弘め、次の一千年間の像法時代には、天台・伝教等が法華経迹門の教えである理の一念三千の法門を弘めました。
 そして、仏滅後二千年が経過し、釈尊の仏法が効力をなくした末法時代においては、御本仏日蓮大聖人が本門寿量文底の大法である事の一念三千の南無妙法蓮華経の仏法を弘められたのです。
 この三時における弘教について、日蓮大聖人は『教機時国抄』に、
     「仏教を弘めん人は必ず(とき)を知るべし(乃至)時を知らずして法を弘むれば益無き上還って悪道に()するなり」(御書 270頁)
と、仏法を弘めるに当たっては必ず「時」を知るべきであり、この「時」と弘まるべき「法」すなわち三時における弘教の次第を知らずに、それぞれの時代に誤った法を弘めれば、成仏の利益を得るどころかかえって悪道に()ちると御教示されています。
 故に、像法の師である天台大師は、南無妙法蓮華経の本仏本法を内に知りながらも、時未だ至らず、また付嘱がない故にその弘通を末法に譲られ、『法華文句』に、
     「後の五百歳、遠く妙道に(うるお)う」
と説くに留められています。また、日本の伝教大師も『守護国界章』に、
    「正像(やや)過ぎ(おわ)って末法(はなは)だ近きに有り、法華一乗の機(いま)正しく是れ其の時なり」
と説いて、末法を切望されています。
 日蓮大聖人が『上野殿御返事』に、
     「正法・像法には此の法門をひろめず、余経を失はじがためなり。今、末法に入りぬれば余経も法華経もせん()なし。但南無妙法蓮華経なるべし」(御書 1219頁)
と、末法の一切衆生救済の法は、ただ妙法五字に限ると御教示されているように、我々本宗僧俗は、三時における弘教の次第を知り、末法(ちゃく)()の唯一の正法である南無妙法蓮華経を身命を()して流布していくことが肝要なのです。