大白法・平成10年4月16日刊(第500号より転載)教学用語解説(36)


(ほう) () ()

 「法四依」とは、仏道修行をする上でよりどころとすべき四つの法をいいます。
 四つの法とは、『涅槃経』に、
     「仏の所説の如き、是の諸の比丘、当に四法に依るべし。何等かを四となす。法に依って人に依らざれ、義に依って語に依らざれ、智に依って識に依らざれ、了義経に依って不了義経に依らざれ」
とあるように、一に()(ほう)不依(ふえ)(にん)(法に依って人に依らざれ)、二に依義不依語(えぎふえご)(義に依って語に依らざれ)、三に依智不依(えちふえ)(しき)(智に依って識に依らざれ)、四に()(りょう)()(きょう)()()()(りょう)()(きょう)(了義経に依って不了義経に依らざれ)の四つをいいます。
 「依法不依人」とは、仏の説いた法そのものをよりどころとして、人によってはならないということです。仏法の勝劣浅深の判定は、釈尊が説いた経文を根本とすべきであり、他の人師・論師の所説を用いてはなりません。
 末法においては、大聖人が説かれた御書を根本とすることが大切です。しかし、『日興遺誡置文』に、
     「当門流に於ては御抄を心肝に染め極理(ごくり)を師伝して」(御書 1884頁)
とあるように、下種の妙法の極理は、御書を心肝に染め、血脈相伝の指南を拝することによって正しく信解することができるのです。
 したがって、血脈への信順こそ「依法」の姿と言えましょう。
 「依義不依語」とは、仏説の実義・真義をよりどころとして、経文の表面上の語句にとらわれてはならないということです。
 大聖人の仏法にあっては、御書の語句の表面的意味にとらわれるのではなく、血脈相伝の深義・意義をよりどころとして御書を拝すべきです。
 「依智不依識」とは、仏の真の智慧をよりどころとして、人の浅い知識によってはならないということです。
 大聖人の御仏意を信じ、血脈付法の御法主上人の御指南に信伏随従していくことが大切であり、(おのれ)の我見や浅識によって仏の教えを推し量ってはなりません。
 「依了義経不依不了義経」とは、仏の真実の経をよりどころとして、方便の諸経をよりどころとしてはならないということです。
 『守護国家論』に、
     「問うて云はく、不了義(ふりょうぎ)経を捨てゝ了義経に()くとは、大円覚修多羅了義経(中略)是くの如き諸大乗経は皆了義経なり。依用(えゆう)と為すべきや。答へて曰く、了義・不了義は所対に随って不同なり」(御書 125頁)
とあるように、了義・不了義は所対によって同じではありません。つまり、大小相対すれば大乗経が了義経、小乗教は不了義経となり、権実相対すれば実経の法華経は了義経、権教の方便諸経は不了義経となります。法華経においても、本迹相対すれば本門は了義経、迹門は不了義経です。そして、末法においては、内証の寿量品の法体である文底下種の南無妙法蓮華経こそ了義経であり、この妙法のみをよりどころとし、それ以外の教えによってはならないのです。
 末法においては、本門戒壇の大御本尊を信じ奉り、御法主上人の御指南に随順していく信心の中に「法四依」が(そな)わっているのです。