大白法・平成9年5月16日刊(第478号より転載)教学用語解説(27)


人法一箇(にんぽういっか)

 人法一箇とは、人法体一・人法一体ともいい、法華経本門寿量品の文底に秘沈される法即人の本尊と人即法の本尊が、一体不二の当体であることをいいます。
 法即人の本尊とは久遠元初自受用報身如来である日蓮大聖人をいい、人即法の本尊とは文底独一本門の事の一念三千の南無妙法蓮華経である本門戒壇の大御本尊をいいます。
 日蓮大聖人は『諸法実相抄』に、
     「釈迦・多宝の二仏と云ふも用の仏なり。妙法蓮華経こそ本仏にては御坐(おわ)し候へ(中略)凡夫は体の三身にして本仏ぞかし」(御書 665頁)
と説れています。
 久遠本果五百塵点劫成道の釈尊と、本因下種の妙法蓮華経を対比すれば、釈尊は右御書に「用の仏」とあるように、化他のために相好を有する色相荘厳の仏、垂迹仏であるのに対し、妙法蓮華経こそ久遠元初・本地自行の本仏であり、凡夫無作の当体であることが拝されます。
 すなわち、熟脱の仏法における仏は、妙法を師として成道した垂迹化他の仏である故に、人(仏)は劣り、法は勝れますが、下種の仏法における本仏は、大聖人が『総勘文抄』に、
     「釈迦如来五百塵点劫(じんでんごう)当初(そのかみ)、凡夫にて御坐(おわ)せし時、我が身は地水火風空なりと(しろ)しめして即座に(さと)りを開きたまひき」(御書 1419頁)
と仰せられるとおり、久遠元初の一念に境智冥合し、即座に開悟された本地自行の仏であり、人法体一の真仏なのです。
 総本山第二十六世日寛上人は、右の「釈迦如来」とは自受用報身如来であり、「五百塵点劫の当初」とは久遠元初、「我が身は地水火風空」とは御本仏の色法で本地の境妙、「知しめして」とは本仏の心法で本地の智妙とされ、この境妙と智妙が冥合して南無妙法蓮華経と唱える故に「即座に開悟」し、久遠元初の自受用身と顕れる、と御教示されています。
 本門寿量品の文底に秘沈される久遠元初の人・法の本尊は、その名は異なっていても、自受用身即一念三千・一念三千即自受用身の人法体一であり、日蓮は即南無妙法蓮華経であるとの意です。
 大聖人は久遠元初自受用身の再誕として末法に出現され、『経王殿御返事』に、
     「日蓮がたまし()ひをすみ()にそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ。仏の()(こころ)は法華経なり。日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし」(御書 685頁)
また『御義口伝』に、
     「本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(御書 1773頁)
とあるように、御自身の内証を「南無妙法蓮華経日蓮」と(したた)めて、人法一箇の大漫荼羅本尊を顕されました。
 私たちが即身成仏の境界を得るためには、末法下種の本門戒壇の大御本尊の当体が、そのまま御本仏日蓮大聖人であることを確信し、自行化他の信行に邁進することが肝要です。