大白法・平成9年4月16日刊(第476号より転載)教学用語解説(26)


善知識(ぜんちしき)悪知識(あくちしき)

 善知識とは、善き友、真の友人の意で、仏教の正しい道理を教え、衆生を正しく導く者をいいます。悪知識とは、仏道修行を妨げ、悪法・邪法を説いて衆生を迷わせる者をいいます。
 知識とは事物の認識や認知のことではなく、広く人々に知られている友人・知人や師匠等のことで、私たちに縁する者を意味します。
 善知識について、『法華経妙荘厳王本事品』には、
     「若し善男子、善女人、善根を種えたるが故に、世世に善知識を得。其の善知識は、()く仏事を作し、示教利喜して()(のく)多羅(たら)(さん)(みゃく)(さん)()(だい)に入らしむ。大王(まさ)に知るべし。善知識は、是れ大因縁なり。所謂化導して仏を見ることを得、阿耨多羅三藐三菩提の心を(おこ)さしむ」(開結 657頁)
と説かれています。この文によって天台大師は『法華文句』に四種の善知識を釈しました。
 すなわち、一に修行者を援助し、仏法の弘通を援護する「外護の善知識」、二に仏法の教えを説き示してくれる「教授の善知識」、三に励まし合いながら修行してくれる「同行の善知識」、四に成仏に導いてくれる「実際実相の善知識」です。
 日蓮大聖人は、『三三蔵祈雨事』に、
     「されば仏になるみちは善知識には()ぎず。わがちゑ(智慧)なににかせん。たゞあつ()つめ()たきばかりの智慧だにも候ならば、善知識たひせち(大切)なり。(しか)るに善知識に()ふ事が第一のかた()き事なり」(御書 873頁)
と仰せのように、成仏するためには善知識に値うことが最も大切であるが、善知識に値うことは大変難しいことなのである、と御指南されています。
 これに対し、悪知識については『星名五郎太郎殿御返事』に、『涅槃経』の文を引用されて、
     「悪象の為にころされては三悪(さんなく)に至らず、悪知識の為に殺されたるは必ず三悪に至る。此の悪象は但身の為にあだなり、悪知識は善法の為にあだなり」(御書 367頁)
と示されています。不慮の死を遂げたり、殺害によって横死(おうし)しても、これらはただ身を破るだけで三悪道に堕ちる原因とはなりません。しかし、悪知識は、善心を破り、仏道に迷いを生じさせ、三悪道に導く悪因縁となる、と説かれています。
 大聖人は、仏道修行する者は善知識に親近(しんごん)し、悪知識を遠ざけることを教えられているのです。
 しかし、『種々御振舞御書』に、
     「釈迦如来の御ためには提婆達多こそ第一の善知識なれ。今の世間を見るに、人をよく()すものはかたうど(方人)よりも強敵(ごうてき)が人をばよくなしけるなり」(御書 1063頁)
と説かれているように、現実には私たちの周りには悪知識がたくさん存在しています。故に、私たちは真実の善知識たる御本仏日蓮大聖人の眷属として、悪知識さえも仏道修行増進の善知識と転換するだけの強い信心を持つこと、さらには、自分自身が他の人の善知識となり、悪知識にならないよう日々反省努力することが大切です。