大白法・平成8年9月16日刊(第463号より転載)教学用語解説(20)


法華(ほけ((きょう((ぎょう((じゃ(

 「法華経の行者」とは、『法華経』の教説のままに修行する人をいいます。
 日蓮大聖人は『報恩抄』に、
     「仏滅後一千八百余年が間に法華経の行者漢土に一人、日本に一人、已上二人、釈尊を加へ奉りて已上三人なり」(御書 1017頁)
と仰せのように、『法華経』を説いた釈尊をはじめ、像法時代の中国の天台大師、日本の伝教大師を「法華経の行者」と称されました。
 末法に至っては『撰時抄』に、
     「日蓮は日本第一の法華経の行者なる事あえて疑ひなし」(御書 864頁)
とあるように、御自身を日本第一の「法華経の行者」と宣言あそばされました。
 その理由は『寂日房御書』に、
     「日蓮は日本第一の法華経の行者なり。すでに勧持品の二十行の偈の文は日本国の中には日蓮一人よめり」(御書 1393頁)
とあるように、大聖人以外に「勧持品二十行の偈」を完全に身読された方はいないからです。すなわち、『法華経』を読誦する行者は数多くいても、『法華経』の文々句々を身をもって行じた方は一閻浮提の中でも大聖人御一人しかおられないのです。
 大聖人は、御自身が「法華経の行者」に(ましま(すことについて御書中に種々御指南されていますが、この場合の「法華経の行者」には二つの意義があることを知るべきです。
 一つは、『法華経』の教相の意を主体とする「法華経の行者」です。つまり、末法に「法華経の行者」が釈尊の(つか(いとして出現するという『法華経』の経文に準拠した見方です。
 二つ目は、『下山御消息』に、
     「教主釈尊より大事なる行者」(御書 1159頁)
とあるように、「法華経の行者」が釈尊よりも大事の行者であるという意義です。
 この御文以外にも、仏を(やぶ(るよりも「法華経の行者」である大聖人を(そし(る罪が大きいこと。また、仏を供養するより大聖人を供養する功徳は莫大(ばくだい(であること。さらに、行者に約して主師親三徳を示された御文などがあり、これらの御文によって「法華経の行者」である大聖人が末法有縁の御本仏であることが拝されます。
 すなわち、『御義口伝』に、
     「本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(御書 1773頁)
と明確に示されているように、「法華経の行者」の究極的意義は、大聖人が末法の御本尊の当体に在すということです。
 ゆえに、御書に種々示されている「法華経の行者」の語は、大聖人がそのまま久遠の御本仏にあられることを開顕されているとも言えるのです。
 大聖人の三大秘法を受持する我々も、「法華経の行者」に連なる眷属であることを心得て、折伏・再折伏に励むことが肝要です。