大白法・平成8年5月16日刊(第455号より転載)教学用語解説(16)


(じゅん)(えん)(ぎゃく)(えん)

 順縁とは、素直に仏縁を結ぶということです。順は素直の意であり、縁は仏縁を意味します。したがって、仏の真実の教えである妙法の教えを聞いて素直に信じ、仏道に精進する者を順縁の衆生といいます。
 逆縁とは、妙法の教えを聞いても信ずることなく破法・謗法を重ね、後にその罪が逆に仏縁となっていくことをいいます。このような衆生は、永く悪道に堕ちて苦しみを受けなければなりませんが、一度植えられた妙法の仏種は失せることなく衆生の心田に残ります。そして、その仏種が縁にふれて薫発し、やがて得脱することができるのです。このような因縁で救われていく衆生を逆縁の衆生といいます。
 逆縁は、毒鼓の縁ともいわれます。なぜ、毒鼓の縁というのかといえば、『涅槃経』に、
     「雑毒薬を以って用いて、太鼓に塗り、大衆の中において、之を撃ちて声を発さしむるがごとし、聞かんと欲する心無しと雖も、之を聞けば皆死す」
とあるように、毒鼓とは毒を塗った太鼓のことで、これを叩くことによって、その太鼓の音を聞いた者を必ず殺すのです。つまり、仏の法を聞いて信じなくても、その謗法が逆に成仏の因縁となって、やがては仏になることを譬えているのです。
 順逆の二縁は、久遠元初以来の無量の衆生に当てはまりますから、久遠元初、五百塵点劫、三千塵点劫等と、仏の化導と衆生の機根の関係は様々に論じられます。末法の衆生は久遠元初と同じ本未有善の衆生です。久遠元初の御本仏日蓮大聖人が南無妙法蓮華経をもって下種折伏して順逆二縁の衆生を生じさせ、順逆ともに下種の妙法によって救済されるのです。
 すなわち、『法華初心成仏抄』に、
     「当世の人何となくとも法華経に背く(とが)に依りて、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説ききかすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓(どっく)の縁となって仏になるべきなり。(いか)にとしても仏の種は法華経より外になきなり」(御書 1316頁)
とあるように、順縁の衆生は南無妙法蓮華経を素直に信受して即身成仏の大功徳を受けますが、逆縁の衆生は誹謗の罪によって一時は無間地獄に堕ち、無量の罪苦を受けます。それでも、やがては自らの心田に植えられた妙法の仏種が薫発し、必ず成仏することができるのです。それは、南無妙法蓮華経こそ三世の一切衆生を悉く成仏せしめる下種の大法だからです。
 私たちは、多くの人々を救済していくためにも、大聖人の御金言のまま、三大秘法の正法を聞法下種していくことが肝要です。