大白法・平成7年10月16日刊(第442号より転載)教学用語解説(10)


(ずい)自意(じい)(ずい)他意(たい)

 随自意とは、衆生の機根にかかわらず、仏自身の内証の悟りをそのまま説くことをいい、随他意とは、仏が衆生の機根に随って法を説くことをいいます。
 伝教大師は『法華秀句』に、
     「已説の四時の経、今説の無量義経、当説の涅槃経は易信易解なることを。随他意なるが故に。此の法華経は最も為れ難信難解なり。随自意なるが故に。随自意の説は随他意に勝る」
と説いて、爾前経は随他意・易信易解の教法であり、法華経は随自意・難信難解の教法であることを釈し、その両意の勝劣を判じています。
 つまり、随他意とは、衆生の機根が千差万別であったため、方便を用いてそれぞれの能力・素質に応じて説くことで、已説の四十余年の経々や今説の無量義経、当説の涅槃経がそれに当たります。また、随自意とは、仏の真実の悟りをそのまま説くことで、まさに法華経に当たるのです。
 末法に出現された本仏日蓮大聖人は『新池殿御消息』に、
     「如来の(しょう)(ぎょう)に随他意・随自意と申す事あり。譬へば子の心に親の随ふをば随他意と申す。親の心に子の随ふをば随自意と申す。諸経は随他意なり、仏一切衆生の心に随ひ給ふ故に。法華経は随自意なり、一切衆生を仏の心に随へたり」(御書 1365頁)
と仰せられているように、まず権実雑乱(ごんじつぞうらん)の世相を(ただ)すため、天台や伝教と同様に、釈尊の本懐である法華経が仏の随自意の勝れた教法であり、爾前諸経は随他意の劣った教法であることを説かれました。
 さらに進んでは、『観心本尊抄』に、
     「迹門並びに前四味・無量義経・涅槃経等の三説は(ことごと)く随他意・易信(いしん)易解(いげ)、本門は三説の(ほか)の難信難解・随自意なり」(御書 655頁)
とあるように、大聖人は、法華経の中でも迹門を已今当の三説に(しょう)して随他意・易信易解の教法とし、本門こそ三説に超過する難信難解・随自意の勝れた教法であることを御指南されました。法華経迹門は、諸法実相の理を説いているものの、仏の久遠の本地が未だ示されていないため、爾前と同じく、仏も法も本無今有・有名無実の随他意と下されてしまうのです。
 このように、大聖人は、爾前と法華経の勝劣、さらに要法付嘱の立場より迹門と本門の勝劣を明確に判釈されました。
 しかし、大聖人の究極の御化導は、文上の本門を含めた迹門・爾前の経々の一切を熱脱の迹門と判じ、文底下種の本門の仏法を本尊として顕すところにあります。
 すなわち、下種・人法一箇の法体を、三大秘法総在・本門戒壇の大御本尊として建立するところに、大聖人の真実の随自意があるのです。
 私たち末法の衆生は、御本仏日蓮大聖人の御内証である御本尊を、ただひたすら信じて題目を口唱(くしょう)することによって、即身成仏の大仏果を証得することができるのです。