大白法・平成7年7月16日刊(第436号より転載)教学用語解説(7)


()(ぜん)佐後(さご)

 『三沢抄』に、 「法門の事はさど(佐渡)の国へながされ候ひし已前の法門は、たゞ仏の爾前の経とをぼしめせ」(御書 1204頁)
とあるように、大聖人の御化導は大きく、文永八年九月十二日の竜の口の法難より、翌十月十日の佐渡配流(はいる)を境として、佐渡以前(佐前)と佐渡以後(佐後)との二筋に分けられます。
 佐前の御化導は、法華経正意の立場からの、念仏等の爾前権経の邪宗に対する破折と、法華経の題目の弘通が主に拝されます。すなわち、大聖人が竜の口で発迹顕本される以前の御化導は、法華経に予証された上行再誕の立場としての身業読誦がその中心となります。ゆえに『三沢抄』の御指南のように、爾前方便の御化導といわれるのです。
 佐後の御化導は、『開目抄』に 「日蓮といゐし者は、去年九月十二日子丑(ねうし)の時に(くび)はねられぬ。此は魂魄(こんぱく)佐土の国にいたりて」(御書 563頁)
とあるように、大聖人が竜の口の頸の座において、上行再誕の迹身を払い、久遠元初自受用身・末法の御本仏として本地を顕わされた上からの御化導をいいます。
 佐後の法門の特色を三点にしぼって挙げると、第一に、立宗以来弘通されてきた題目の功徳が、法華経の本門寿量品の文底に秘沈された、久遠元初本因妙の本仏・本法に具わる題目の功徳として、その意義を示されたことです。第二に、漫荼羅本尊の御図顕が挙げられます。佐渡配流の直前、相州依智を発たれる前日、大聖人は妙法漫荼羅を書き顕わされ、以後佐渡において多くの漫荼羅を顕わされています。したがって、明らかに、竜の口の法難における発迹顕本が、御化導の転換期として重要な基点であったことが拝されます。そして第三に、三大秘法についての御指南です。佐前には三大秘法の名目すら挙げられていなかったのですが、佐渡御赦免の一ヵ月前に著された『法華行者値難事』の追伸に、 「天台・伝教は之を()べて本門の本尊と四菩薩・戒壇・南無妙法蓮華経の五字と、之を残したまふ」(御書 720頁)
と、はじめて三秘を意味する語が示されました。
 しかし、佐渡期には、いまだご自身の身業読誦も終わらず、時機も到らないため、三大秘法に関する具体的な御指南は拝されません。
 大聖人の佐後の御化導は、佐渡御在島中よりも身延期、特に弘安元年以降の身延後期が重要であり、御一期の総要です。中でも熱原法難を機縁として、弘安二年十月十二日に御図顕あそばされた三大秘法総在、本門戒壇の大御本尊をもって、究竟中の究竟と拝するのです。この点を知らなければ、大聖人の仏法の眼目に迷うことになります。
 ただし、佐前・佐後の異なりがあるといっても、すべて御本仏の大慈大悲と仏意によって、自在に成就された御化導であると拝することが大切です。
 私たちは、佐前・佐後という筋目と、その意義をよく理解し、さらに日蓮正宗の正しい教学を身につけていくことが肝要です。