折伏実践のために目次

大白法連載の「『正しい宗教と信仰』に学ぶ」より転載
信仰と名のつくものはなんであろうときらいだ

神仏を礼拝することが尊いのであるから、何宗でもよいのではないか

霊をどのように考えるか

宗教の必要性を認めない

信仰は理性をマヒさせるアヘンのようなものではないか

宗派は分かれているが、到達する目的はおなじではないか

現実に神や仏がいるとは思わない

悪霊のたたりはあるのか

信仰はもうこりごりだ

どんな宗教にもよい教えが説かれていると思うが

宗教は精神修養に過ぎないのではないか

霊媒に頼ってよいのか

宗教によらなくても、自分で幸福だと思えばよいのではないか

どんな宗教にもそれなりの利益があるのではないか

「さわらぬ神にたたりなし」で、宗教に近づかない方がよいと思うが

超能力を信ずることは宗教なのか

信仰は意志の弱い人間のすることだ

仏教はすべて釈尊から出ているのだから、どれを信じても同じではないか

現実生活の幸福要件はお金が第一ではないか

念力とはなにか

信仰を求めるのは病人や貧乏人ばかりではないか

先祖を崇拝することが間違っているのか

学歴や社会的地位こそ幸福の要件ではないか

人相・手相などはどのように考えるべきか

信仰は本人の自由意志によるべきで、他人に強要することはよくない

他の宗教で幸福になった人もいるのではないか

今が楽しければそれでよいではないか

家相・墓相について知りたい

自分は忙しくて時間がないので信仰ができない

他の宗教によって現実に願いがかなったので信じているが

宗教は思考をマヒさせ、人間を無知にするのではないか

大安・仏滅・友引などの吉凶は現実にあるのか

信仰は老人がするものではないか

先祖代々守ってきた宗教を捨てることはできない

宗教が社会に評価されるのは福祉活動だけではないか

信仰をしていても悪い人がいるではないか

自分の気に入った宗教が一番よいと思う

現実生活をさげすみ、偽善的態度をとる宗教者がきらいだ

姓名判断をどう考えたらよいのか

自己の信念を宗教としている

宗教は狂信・盲信のすすめではないか

自分は先祖の位牌を祭っているので、それで充分だ

八卦、星占いなど多くの占いがあるが、どのように考えたらよいのか

現在は信仰するほどの悩みはない、今の生活で満足だ

信仰の自由は憲法でも保障されているのだから、何を信じてもよいはずだ

宗教を持たなくても幸福な人はたくさんいるのではないか

守護霊や守護神はいるのか

利益や罰はその人の心の持ち方によるのであって、客観的にあるものではない

信仰は必要なときだけすればよいのではないか

人生の幸福とは努力以外にない

水子のたたりはあるのか

信仰しなくても立派な人がいるではないか

歴史のある有名な神社やお寺のほうがありがたいと思うが

厄年はあるのか

信仰はなぜ必要なのか

現代の生き仏、生き神と呼ばれる人がいるが、どうとらえるか

道徳さえ守っていれば宗教の必要はない

邪宗という呼び方が気に入らない

血液型による性格判断などをどう考えるべきか

狐つきなどの「つきもの」をどう考えるべきか

無神論ではなぜいけないのか

今さら改宗するのはめんどうだ

宗教に正教と邪教があることがわからない

信仰をすると周囲から奇異な目で見られるのではないか

どの宗教が正しいのか自分で確かめてみたい

特定の宗教への入信は人間関係をむずかしくするのではないか

日蓮正宗に入信すると結婚や就職がしにくくなるのではないか

なぜ他の宗教を捨てなければならないのか

信仰を持つことによって、仕事がおろそかになるのではないか

なぜ日蓮正宗と他の宗教を一緒に信仰してはいけないのか

信仰をすると色々な制約があって遊べなくなるのではないか

日蓮正宗では、なぜ神棚や神札をはずさせるのか


創価学会破折目次へ 正しい宗教と信仰目次へ 総 目 次 へ