大白法・平成28年12月16日刊(第947号)より転載
なぜ他の宗教を捨てなければならないのか
 宗教には正邪がある
 「なぜ他の宗教を捨てなければならないのか」との疑問は、どこから生じるのでしょうか。
 それは恐らく、「幸せや苦悩の解決は、どの宗教でも可能」との考えから生まれると思われます。
 しかし、それは間違いです。なぜなら、幸せと言っても、何をもって幸せとするのか。苦悩を解決すると言っても、どのように解決するのか。宗教によって違いがあるからです。
 そもそも「宗教」とは、天台大師が『法華玄義』に、
「仏の自行の因果を以て宗と為すなり」(法華玄義会本 上‐四九n)
と「宗」の意味を説かれ、同書に、
「教とは、聖人、(しも)(こうむ)らしむるの言なり」(同 五七n)
と「教」の意味を説かれるように、仏様が衆生救済のため、御自身の修行(因)と悟り(果)を「教え」として表わされ、衆生に与えたものです。つまり先導者(神仏)が異なれば、進む道も、到達点も違うのです。
 例として日蓮正宗と浄土宗・浄土真宗を比較します。
 宗教はどれも同じ、と考える人にとっては同じ仏教でしょうが、大聖人様を御本仏と仰ぐ日蓮正宗では、正しい修行により苦悩が解決され、凡夫の姿のまま、娑婆世界において、仏様と同じ境界に到達できることを教えます。これに対して、阿弥陀仏に救いを求める浄土宗・浄土真宗は、娑婆世界を()()と嫌い、現世の苦悩から逃避し、極楽浄土への往生を目的とします。往生とは、浄土へ()って生まれることで、成仏することではありません。
 いかなる苦悩にも立ち向かう大聖人様の仏法を信ずるなら、苦悩から逃避し、極楽に逃げ込むことを目的とする念仏を捨てるのは当然です。例えて言えばせっかく良薬を手に入れたのに、良薬と一緒に毒を飲み続けるような人はいません。ところが、「どれも同じ」「どれでもよし」は、両立しない良薬と毒を一緒に飲むようなものです。
 選ぶ教えによって人生が違ってしまうのですから、真の幸せを得るためには、間違った宗教を捨てなければならないのです。
 
 誤りを糾してこそ正しい宗教
 しかし今、多くの宗教が、世間に受け入れられようと、カフェを設けたり、音楽会を開催したり、福祉等の社会貢献を主として活動していて、自らの教義を強く主張せず、また他の宗教の批判をしません。
 宗教に対して、こうしたイメージを持ち、批判をしないことが正しい()り方だと考える人たちは、他の宗教を捨てることを求める日蓮正宗に違和感を覚えるのかも知れません。「批判=争い」と考える人は、間違った宗教を(ただ)す日蓮正宗が、争いを生む宗教のように感じるのかも知れません。
 しかし、果たしてそうでしょうか。末法の衆生は、(とん)(じん)()の三毒強盛な命です。間違った宗教は、かえってこの三毒を(さか)んにします。
 例えば、仏教では慢心を(いまし)めます。慢心とは、自身を高くし、他者を(おとし)める心です。残念なことに、人種や能力、容姿等で、他者を()(くだ)す人が多いのも事実です。理性ではそれが間違いと判っても、改められないのが三毒(ごう)(じょう)の末法の衆生です。
 この命を増長させるのが、間違った宗教です。例を()げれば、ヒンズー教などは、人を様々な階層に分け、差別を生んでいます。多くの人は差別はいけないと理解しながら、間違った宗教が、その差別を正当化しているのです。
 もし、そのような宗教の誤りを糾さずに、折り合おうとすれば、それは間違った思想を肯定することになります。確かに、その時は争いを生まないかも知れませんが、結局は、大きな不幸の種を(のこ)すことになることは、今の世界の状況を見れば明らかです。
 日蓮正宗が、他の誤った宗教を捨てることを求めるのは、日蓮大聖人様が『開目抄』に、
「我が父母を人の殺すに父母につげざるべしや。悪子の(すい)(きょう)して父母を殺すをせい()せざるべしや(中略)日本の禅と念仏者とを見て、せい()せざる者はかくのごとし。『()()くして(いつわ)り親しむは、即ち(これ)(かれ)(あだ)なり』等云云」(同 五七七n)
と御指南のように、真の慈悲心から生まれた主張なのです。
 
 折伏こそ慈悲行
 私たちは成仏を願い、信心をしていますが、前御法主日顕上人猊下が、
「一切は大聖人様のお心を本当に正しく拝し、そのとおりに実践するというところをもって、信心の根幹としなければなりません」(大白法 三七二号)
と御指南のように、信心とは、大聖人様の()心を自身の身心の上に表わすことです。
 大聖人様の御心を表わす生き方とは、御法日如主上人猊下が、
「妙法広布に生き、世のため、人のために尽くすということはまことに大事なことで、これこそ最も価値ある一生と言うべきであります」(大白法 七八一号)
と御指南のように、人の幸せを願うことであり、それこそが、私たちが生きる目的なのです。
 宿縁深厚にして、大聖人様の教えを信ずることができた私たちは、「他の宗教を捨てさせることは非常識」という間違った考えに(おちい)り、正法を信仰できない人々を救うため、勇気をもって折伏に立ち上がり、大聖人様の教えを伝えていかなければなりません。