大白法・平成28年11月16日刊(第945号)より転載
日蓮正宗に入信すると結婚や就職がしにくくなるのではないか
 最も大切な人生の指針
 私たちは社会に身を置く上で様々な縁に触れ、いろいろな人から影響を受けたり、評価をされたりしながら日々の生活を送っています。時には()()から好ましくない態度をとられて心が揺らいでしまうこともあるでしょう。
 しかしながら無量義経に、
()れ衆生有って、聞くことを得ざる者は、当に知るべし。(これ)()()れ大利を失えるなり」(法華経 三二n)
と説かれるように、周囲の目を心配するあまり、正しい仏法を聞かず求めずして、大利益を得る機会を失ってしまうのは、実に悲しむべきことでしょう。
 確かに、就職や結婚は人生における大事なターニングポイントであり、自分に合った職業に()き、よき伴侶に巡り合うことは、誰もが心に願うことです。しかし今の時代、結婚も就職も、一筋縄ではいかない場合が多いのではないでしょうか。結婚にせよ就職にせよ、大切なことは、自身の確固たる信念と情熱、また周囲を明るくするような人徳が、本来、求められるものであることを忘れてはなりません。
 すなわち、結婚や就職が成功するかどうかは、世間の人たちの先入観云々というよりも、その人の持つ生命力、徳の如何(いかん)によるところが大きいのです。
 そして、このような人の心を打つ徳は、一朝一夕に得られるものではありません。正しい教えとその実践修行によってこそ、体得できるのです。
 大聖人様は『(むし)(もち)御書』に、
「法華経を信ずる人はさいわいを万里の外よりあつむべし」(御書 一五五二n)
と仰せです。()(おん)(がん)(じょ)の大法が説かれる法華経を信じ(あが)める人は、大いなる徳を身に顕わし、人々に愛せられ、必ずや幸せな境界を開くことができます。この正しい仏法の信行に励むことこそ、私たちが人生において最も大事とすべきではないでしょうか。
 
 生活に顕われる正法の功徳
 (ちまた)に目を向けると、「縁結びのスポット」、「恋愛運を引き寄せるお守り」などの祈願成就を(うた)い文句にしている神社や寺院の宣伝が各所に見られます。しかし、人生における重大な問題の解決を、得体の知れないお守りや神様、奇跡などに頼ることは全く的外れなことです。「運を引き寄せる神様」や、「お守り」などの(しろ)(もの)は、凡夫の都合を機に欲得を(あお)り立てる邪教であり、人々の向上心を(さまた)げ、生命力を弱らせ、不幸に(おとしい)れる原因となるだけです。
 最近では、「婚活」や「就活」と言う言葉をよく耳にします。「婚活」は、結婚相手を見つける積極的な活動を言い、「就活」(就職活動)をもじった造語です。
 大切な人生を共にし、豊かな家庭を築くよき伴侶を得ること。理想の人生や社会貢献など、自分自身を成長させる職業に就くこと。結婚や就職は、人生において大きな意義を持つからこそ、積極的な「婚活」「就活」に際し、互いの人柄・人格(社風)が特に尊重されるのです。
 さらには結婚や就職に限らず、人生の目標を達成できるか否かは、一つや二つの要因で決まるわけではありません。自らの揺るぎない決意と、正しい努力・精進のもと、様々な人たちの助力も得て、初めて成就することができるのです。しかし、その基盤となるのは、人格や人柄ということです。
 では、どのようにしてこれを磨くのでしょう。本宗の(ほん)(にん)()(しゅ)の妙法の御本尊様にこそ、自らの人格を磨き、自他を幸福へと導く広大な功徳が存することを知るべきです。『御講聞書』には、
「此の題目の五字、我等衆生の為には(中略)(かつ)せる時は水となり、()ゑたる時は食となり、(はだか)なる時は衣となり、妻となり子となり(けん)(ぞく)となり家となり、無窮の応用を施して一切衆生を利益し給ふなり」(同 一八三五n)
と説かれています。
 世の中には様々な人があり、その環境や経験、抱える問題なども十人十色です。しかし、いかなる境遇にあっても、大聖人様の法を受持し、日々南無妙法蓮華経と唱えることを人生の基本とすれば、家庭での生活、職場での仕事などを問わず、あらゆる所に確かな御利益が顕われてきます。すなわち、発心して仏道修行に励み、日々御祈念をしていくことで、自ずと御本仏の御仏智を戴き、数々の善業を積んでいくことができます。
 そこにまた、外界からの様々な縁を正しく捉え、その助力を得て、最終的には大きな成果、所願の達成へと(つな)げていけるのです。
 また同御書には、
「法華経の意は煩悩即菩提・生死即涅槃と云へり。(中略)所詮日蓮等の(たぐい)南無妙法蓮華経と唱へ奉る者の住処即寂光土と心得べきなり」(同n)
と御教示されています。
 日蓮正宗の信仰を正しく実践していけば、現実の上に身心を錬磨し、あらゆる迷いを悟りへと開き、やがては自らの住処を常寂光土へと変えていくことができるのです。御本尊様を受持信行する功徳は、結婚や就職など、入生の大切な節目のみならず、私たちの一生、乃至は三世に(わた)って幸福な境界を開いていくのです。
 もし、「結婚や就職が心配だから、信仰は持てない」という考えを持つ方がいるなら、むしろ日蓮正宗の正しい信仰をしてこそ、それらを根幹から解決し、人生に確信をもって歩んでいけると伝えていきましょう。