大白法・平成27年10月16日刊(第919号)より転載
道徳さえ守っていれば宗教の必要はない
 道徳について
 辞書を引くと道徳とは、
「人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは成員相互間の行為の善悪を判断する基準として、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的な原理」(広辞苑)
とあります。
 たしかに、私たちは社会生活を送る上において、世間で言う法律だけを(じゅん)(しゅ)して、豊かな安心した日々を過ごせるわけではありません。法律に反した行いをすることはもちろんのこと、「法には触れていないから」などと主張して、周りの迷惑を(かえり)みず自分勝手な行動に終始していたら、社会の混乱をきたすでしょう。
 そこで私たちには、社会の一員として生活していくための(りん)()(かん)が求められますし、守らなくてはならない規範というものが存します。これが道徳です。したがって、私たちは自ら進んで道徳に基づく生活を心がけることが大切です。
 特に小・中学校等では、道徳の授業が行われており、四つの視点、すなわち「自分自身に関すること」、「他の人とのかかわりに関すること」、「自然や崇高なものとのかかわりに関すること」、「集団や社会とのかかわりに関すること」から内容が検討され、児童・学生を教育しています。
 もちろん、こうした道徳教育は、人間にとって大事なものであり、学ばなければなりません。
 
 仏法への糸口
 しかし、本文に示される通り、道徳は「仏法の先駆けとして、その序分の役割を果たす」()()()規範です。仏教と対比すれば、到底、真の教えとはなり得ません。
 この点を、『減劫御書』を拝しながら、もう少し詳しく説明したいと思います。
 仏法が伝わる以前の中国や日本では、人心を調(ととの)えるために、三皇・五帝・三聖等の()(どう)によって、道徳や孝養の大事を教えました。
 しかし時を経ると、次第に人心は再び(すさ)み、世間には悪事が蔓延(はびこ)りました。なぜなら、外道の教えが浅いために、悪事の(とが)を戒めることができなかったからです。そして、
「外経をもって世をさ()まらざりしゆへに、やうやく仏経をわたして世間ををさめしかば世をだ()やかなりき。此はひとへに仏教のかしこきによて、人民の心をくはしくあかせるなり」(御書 九二四n)
と仰せのように、内道である仏教が伝えられたことで、ようやく平穏が訪れました。
 しかしまた、小乗教を(もち)いても世間は荒れていき、以降、諸大乗教、さらに時代が進むと法華経が弘められて世間が治められました。
 大聖人様がさらに『開目抄』に、
(れい)(がく)等を教へて、内典わたらば(かい)(じょう)()しり()やす()からせんがため云云」(同 五二四n)
と御教示のように、外道の教え(道徳)が説かれた理由は、それまで(きん)(じゅう)同然であった人間の道徳性を高め、次に三世の因果を説く仏法を受け入れるための準備に他なりません。
 仏法に()らず、道徳を守るだけでは、真の幸福を(つか)むことなどできません。「道徳さえ守っていれば宗教の必要はない」と言う人には、ぜひ、このような道理を教えてさしあげましょう。
 
 正しい宗教を人生の指針に
 末法の今時は、「()(じょく)(あく)()」と説かれています。
 大聖人様は『三三蔵祈雨事』に、
「末代悪世には悪知識は大地()(じん)よりもをほ()く、善知識は(そう)(じょう)()よりもすくなし」(同 八七三n)
と仰せです。悪知識とは、(よこしま)な教えを説き、人々を悪道に(おとしい)れる謗法者を言いますが、仏教の道理に照らし合わせれば、邪宗教はもちろん、道徳のみに(とら)われることも悪知識に惑わされていることになります。こうした人々は世の中にあふれていますが、善知識に(しん)(ごん)し、正法を求めていかなくては真に救われることはないのです。
 また、大聖人様が、
「末代濁世の心の(とん)(よく)(しん)()()()のかしこさは、いかなる賢人聖人も治めがたき事なり」(同 九二四n)
と仰せの如く、特に末法の衆生は三毒強盛です。釈尊の教導の中でも出世の本懐である法華経ですら、ただ用いただけでは救済はできません。法華経の中でも、本門寿量品の文底に秘沈された、大聖人様の(ほん)(にん)下種仏法によってのみ、本当の(あん)(のん)な境界が築かれていきます。
 さらに言えば、根本煩悩である三毒が増大する原因は、謗法の害毒によるのですから、謗法を捨てて大聖人様の仏法に()()することが、真の功徳を積み、自らの罪障を消滅して困難を解決する道に(つな)がるのです。
 御法主上人猊下は、『十法界明因果抄』を引かれて、
「謗法の害毒の恐ろしさを、我々はもっと知らなければなりません。
 故に、幸せになるためには、この謗法を断たなければならないのであります。謗法を断たなければ、三世にわたる本当の幸せを築くことはできないのであります。本宗において、謗法を厳誡する所以(ゆえん)は、まさにここにあるのであります。
 したがって、いかに謗法を退治し、自分自身の信心を確立し、一生成仏を遂げていくか、これが我々の信心であります。折伏を行ずるとは、この謗法を破折し、正しい信心を勧めることであります」(大白法 七七一号)
と御指南されています。
 私たちは多くの人々に、道徳を守るだけに(とど)まらず、妙法の信仰に励むことが三世に(わた)る幸福を得られる絶対的要件であると教え、さらに破邪顕正の折伏を行じることが最も正しい振る舞いであることを、伝えてまいりましょう。


折伏実践のために目次