大白法・平成27年6月16日刊(第911号)より転載
歴史のある有名な神社やお寺のほうがありがたいと思うが
 奈良や京都の歴史的に名高い神社や寺々は、今もなお多くの観光客が(おとず)れています。
 たしかに年月を()た建物や、静かな庭園のたたずまいには、いかにも心をなごませる落ち着いた(ふん)()()があります。
 しかし、よくよく考えてみなければならないことは、宗教の本来の(やく)(わり)(もの)()()(さん)や観光のためではなく、民衆を法によって救うことにあるということです。
 歴史的に有名であったり、(おお)(ぜい)の観光客が訪れるということと、実際にその寺院が人々の(きゅう)(さい)に役立っているか、また(さん)(けい)(しゃ)()(どく)を与えているかということとは別の問題なのです。
 昔の人の(せん)(りゅう)に「大仏は 見るものにして (とうと)まず」という一句がありますように、奈良の大仏を見に行く人や、見上げてその大きさに感心する人はあっても、心から信じて(らい)(はい)(がっ)(しょう)する人は少ないことでしょう。
 信仰心をもって行くというよりは、観光のために訪れるというのが本心でしょう。
 ()()の神社や寺々は、もはや宗教本来の目的を失い、(はい)(かん)(りょう)などの観光による(ざい)(げん)で建物を()()することに(きゅう)(きゅう)としているというのが現状です。
 そのほか、正月や(えん)(にち)に大勢の参詣者でにぎわう有名な寺社も、宗旨の根本である本尊と教義を調べて見ると、まったく(こん)(きょ)のない本尊であったり、(くう)(きょ)な教えであるなど、今日の人々の救済になんら役立つものではなく、むしろ正法流布のさまたげとなっているのです。
 ところが宗教の正邪を判断できない人々は、(かい)(うん)・交通安全・商売(はん)(じょう)(やく)()けなどの宣伝文句にさそわれ、これら(ゆう)(がい)()(えき)の寺社におしかけ、(みずか)ら悪道に堕ちる原因を()み重ねているのです。
 日蓮大聖人は、
(なんじ)(ただ)(しょう)()(もっ)(さき)とすべし。別して人の多きを以て本とすることなかれ」(聖愚問答抄・御書四〇二n)
と説かれているように、正しい本尊と、(すぐ)れた教法によって、民衆救済の(じつ)()げていくところに宗教の本質があるのであって、ただ歴史が古い、名がとおっている、多くの参詣者でにぎわっているということをもって、その寺社を尊んだり勝れていると考えてはならないのです。
 歴史的な建物や庭園、()(せき)などには、それなりの()()はあるでしょうが、人々を救済するという宗教本来の目的から見れば、これら有名な寺社にはなんらの価値もないばかりか、むしろ人生の()(のう)の根源となる悪法と、社会をむしばむ(がい)(どく)のみがうずまいていることを知るべきです。
 
 外見に(あざむ)かれてはいけない
 歴史的に有名であったり、大勢の観光客が訪れたりしている神社仏閣には、ついご利益があるかのように思ってしまいます。受験生などは、学問の神様と聞けば「(わら)にもすがる」思いで参拝してしまう、などということもあります。また、国宝とか重要文化財と聞けば、一層、ご利益があると思って手を合わせる人々もいます。
 しかし、立派な歴史ある有名な建物や(ゆい)(しょ)ある寺社が、私たちの祈りを正しく叶えるわけではありません。
 信仰で最も大事な要件は、信仰の対象となる本尊と、その本尊を正しく証明する教義です。誤った本尊や教義を立てる宗教をいくら信仰しても、仏様の御心に(そむ)く故に、幸福どころか、かえって迷いと苦しみの中に身を置くことになるのです。
 大聖人様は『諌暁八幡抄』に、
「一分のしるしある様なりとも、天地の知る程の祈りとは成るべからず。魔王・魔民等守護を加へて法に(しるし)の有る様なりとも、(つい)には其の身も檀那も安穏なるべからず」(御書 一五三一n)
と仰せです。すなわち、間違った宗教を信じて、わずかばかりの利益があったように見えても、それは仏様の御加護ではなく、第六天の魔王の()(わざ)によるものであって、結局は我が身が不幸になってしまうのです。
 私たちが正しく救われるには、正しい宗教を選ぶことが必要です。
 
 一切衆生救済の法とは
 仏教の教えは、衆生救済を目的としています。釈尊は、五十年にわたり多くの教えを説かれましたが、一切衆生が等しく仏になれると説かれた教えは法華経のみです。
 大聖人様は、
(それ)法華経の意は一切衆生皆成仏道の御経なり」(同 九〇五n)
と御教示されています。また、法華経『方便品』には、
(いっ)(さい)(しゅ)をして ()(ごと)(ひと)しくして(ことな)ること()からしめんと(ほっ)しき」(法華経 一一一n)
と説かれ、釈尊は、自らが証得(悟り)した仏の境界を一切衆生に授けるために、この世に出現して法華経を説いた、と示されています。
 さらに法華経『方便品』に、
(じっ)(ぽう)(ぶつ)()の中には (ただ)(いち)(じょう)の法のみ有り ()()(また)(さん)()し」(同 一一〇n)
と示され、法華経こそが唯一仏果の最高の教えであると説かれています。
 この法華経には、過去・現在・未来の三世に亘る永遠の仏の生命が説き明かされ、すべての人が幸せになれる絶対的な幸福(成仏の境界)が示されています。法華経は、仏道の究極の因果が正しく説き明かされた、物事の道理に叶った最高の教えなのです。
 殊に大聖人様は、
「仏の()(こころ)は法華経なり。日蓮がたましひは南無妙法蓮華経にすぎたるはなし」(御書 六八五n)
と仰せです。
 今、末法にあっては、大聖人様が唱え出された南無妙法蓮華経の教えに随うことのみが、幸せになる道です。
 
 宗教の正邪は本尊による
 様々な寺社には、その宗旨の根幹となる本尊や神体等が(まつ)られています。本文にある通り、正しい本尊によって民衆救済の実を()げていくところに宗教の本質があるのです。
 特に、大聖人様は『本尊問答抄』に、
「本尊とは勝れたるを用ふべし」(同 一二七五n)
と御教示されています。不完全な教え、劣った本尊では、問題を本質から解説できず、かえって不幸な結果を招いてしまいます。そのような間違った本尊は、不幸の根源、邪悪な本尊と言えるでしょう。したがって、どんなに歴史的に有名な神社や寺院だといっても、そこに祀られている本尊が邪悪ならば、そうした本尊に手を合わせるだけで命が感応し、悩み苦しみがますます増大しますから、たいへん恐ろしいことなのです。
 鎌倉時代に出現された大聖人様は、末法万年に亘って人々を苦悩の闇から救済するために、法華経に予証された通り、数々の大難に遭いながらも南無妙法蓮華経の大法を説き顕わされ、真実最高の本門戒壇の大御本尊を顕わされました。
 大聖人様の顕わされた三大秘法の御本尊は、一切衆生の様々な悩みや苦しみを解決し、成仏に導く最高の御本尊です。
 ですから、大聖人様が、
「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせん()なし。但南無妙法蓮華経なるべし」(同 一二一九n)
と仰せのように、私たちが正しく救われる真実の教えは大聖人様が御示しになられた「南無妙法蓮華経」であると心得て、本門戒壇の大御本尊のもとに信心に励むことが大切なのです。
 
 折伏に立ち上がろう
 大聖人様は『聖愚問答抄』に、
「今の世は濁世なり、人の情もひがみゆがんで権教謗法のみ多ければ正法弘まりがたし」(同 四〇三n)
と仰せられ、末法の時代は非常に濁った世の中で、人の心もひがみ(ゆが)んで、謗法が充満し、正しい仏法が弘まりにくいことを御教示されています。
 今私たちは、未だ正法に巡り合っていない人たちに、大聖人様の正しい仏法を説き聞かせ、「不幸の原因が、間違った信仰、間違った宗教にあること」、「歴史のある有名な寺社であっても、正しい宗教でない限り、幸福にはなれないこと」をしっかりと教えて折伏することが何よりも必要です。


折伏実践のために目次