大白法・平成26年7月16日刊(第889号)より転載
信仰の自由は憲法でも保障されているのだから、
何を信じてもよいはずだ
 
 正しい宗教と間違った宗教
 現在日本には、既成仏教や新興宗教をはじめとして様々な宗教団体が、十数万あるとされていますが、宗教に正邪があることを知らない人が、実に多いのが現状です。そして、悩みや苦しみ、願い事があると、宗教を好きとか嫌いで判断し、自分の心に(かな)った宗教を頼みとして、そこで悩みや苦しみを解決しようとします。しかしながら私たちの大事な人生は、信ずる宗教によって大きく左右されますから、宗教は何でもよいというわけにはいきません。
 世の中には、正しい仏法に(そむ)く邪宗教が(はん)(らん)し、邪教とは知らずに信じている人たちがたくさんいます。特に、「宗教はどれも同じで、何を信じても構わない」といった風潮等がありますが、それをそのままにしておくと、結局不幸な人生を歩むことになってしまいます。
 
 正しい宗教はただ一つ
 世の中において真実最高の宗教はただ一つです。釈尊は、法華経『方便品』に、
「十方仏土の中には (ただ)一乗の法のみ有り 二無く(また)三無し」(法華経 一一〇㌻)
と示され、法華経こそが唯一最高の教えであると説かれました。日蓮大聖人様は、
(それ)法華経の意は一切衆生皆成仏道の御経なり」(御書 九〇五㌻)
と仰せられ、末法の一切衆生が成仏できる教えは、法華経以外にないことを御教示されています。
 日蓮大聖人様は、末法万年にわたって一切の人々を苦悩の闇から救済するために、法華経に予証された通り、数々の大難に()いながらも南無妙法蓮華経を説き顕わされ、真実最高の本門戒壇の大御本尊様を顕わされました。そして大聖人様は、
「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせん()なし。但南無妙法蓮華経なるべし」(同 一二一九㌻)
と仰せられ、大聖人様が御示しくださった三大秘法の御本尊様、すなわち文底下種の南無妙法蓮華経こそが、すべての人が正しく救われる、唯一正しい教えであることを御教示されているのです。
 
 正しい御本尊様への祈り
 私たちが、最高の人生を送るためには、最高の宗教を信仰しなくてはなりません。
 日蓮人聖人様の顕わされた三大秘法の御本尊様は、一切衆生が正しく救われる教えであり、様々な悩みや苦しみを根本から解決し、すべての人が幸せになることができる最も正しい教えです。日蓮大聖人様が、
「南無妙法蓮華経とばかり唱へて仏になるべき事(もっと)も大切なり」(同 一三八八㌻)
と仰せのごとく、私たちが正しく救われる真実にして最高の道とは、釈尊が説かれた法華経ではなく、大聖人様が顕わされた本門戒壇の大御本尊様を正直に信じることです。
 大聖人様は、私たちが御本尊様を正しく信じる功徳によって、すべての人が絶対的な幸福を築けると教えられています。
 
 正しい信仰を教えてあげよう
 今、世の中は混迷を極め、多くの方々が様々な悩みや苦しみを背負って生活をしています。
 大聖人様が『立正安国論』に、
「早く天下の(せい)(ひつ)を思はゞ(すべから)く国中の謗法を()つべし」(同 二四七㌻)
と御教示のように、世の中の真の平和と幸せを築くには、謗法の退治なくして、すべての人たちの幸せは実現しません。それには私たち一人ひとりの地道な折伏活動より外に道はないのです。
 御法主日如上人猊下は、
「既に大聖人が『立正安国論』にお示しのとおり、すべて間違った考えや思想、間違った教え、つまり謗法の害毒によるのであります。人の命が謗法の害毒によってむしばまれ、(とん)(じん)()の三毒が(ごう)(じょう)となり、命の尊さ、正邪の分別、ものの道理が無視され、悲惨な結果を招くことになるのであります。
 まさしく、間違った教えほど恐ろしいものはありません。多くの人々を不幸にし、個人のみならず全体を破滅に導き、国土をも破壊するのが謗法の(こわ)さであります」(大白法 六九八号)
と御指南あそばされています。
 私たちは、この御指南を命に刻み、一人でも多くの人が一刻も早く大聖人様の正法を護持できるよう、日々折伏に邁進し精進することが必要です。
 
 勇気を出して折伏実践
 日蓮大聖人様は『如説修行抄』に、
「誰人にても(おわ)せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なりと(こえ)も惜しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」(御書 六七三㌻)
と仰せです。今、世の中には、様々な邪宗教が蔓延(はびこ)り、大勢の人たちがその邪義邪宗に惑わされています。迷える多くの人たちを救い、幸せな境界と平和な世の中を築くためには、こうした謗法を破折する、私たちの勇気ある折伏が、今何よりも必要なのです。
 御法主日如上人猊下は、
「世の中の人々に、邪義邪宗の謗法が国土、人心を破壊する根本原因であることを教え、誤った信仰を捨てさせ、『実乗の一善』すなわち御本仏日蓮大聖人の出世の御本懐たる、本門戒壇の大御本尊に帰依することが最善の道であることを伝えていかなければなりません。その具体的実践の方途が、すなわら折伏であります」(大白法 八二九号)
と、御指南あそばされています。
 今こそ私たちは、この御指南を心肝に染め、一切衆生救済の使命を胸に、最高にして最善の大慈悲行である折伏を勇猛果敢に実践し、悩める世の中の多くの人たちに、謗法の(こわ)さと御本尊様の偉大なる功徳を説き示し、広宣流布実現をめざしてまいりましょう。


折伏実践のために目次