大白法・平成26年1月16日刊(第877号)より転載
姓名判断をどう考えたらよいか
 姓名判断に惑わされない
 姓名判断とは、辞書を引いてみると、
「姓名の音や(かく)(すう)の配合などによって、その人の運勢・適業などを判断しようとすること」(広辞苑)
とあります。これは、いわゆる一般的に占いと言えるものです。
 「自分の姓名による運勢を知り、これからの生活をよくしたい」、または「子供(赤ちゃん)の命名の参考にしたい」と姓名判断に興味を持ち、利用する人々が大半でしょう。
 しかし、姓名判断によって自らの人生を正しく知り、正しく解決することなどできないことは本文にある通りです。
 しばしば、芸能を職業に持つ人が、姓名判断を根拠に改名を行うことが話題になります。しかし、結果はどのようなものでしょうか。
 また、姓名判断を参考に名前をつければ、子供たちが必ず立派に成長するのでしょうか。
 このようなことは、少し考えてみれは答えが見つかるはずです。
 姓名判断に関する本やウェブサイトには、「よく当たる」「的中」「幸福」などの文言があふれています。これに、少しも惑わされることがあってはなりませんし、けっして躍らされてはなりません。
 
 姓名は過去からの因縁による
 宗祖日蓮大聖人様は、『寂日房御書』に、
「一切の物にわたりて名の大切なるなり」(御書 一三九三n)
と仰せられています。
 また、「名は体を表わす」という(ことわざ)もあります。したがって、「名前が大切である」と考えることは、とても大事なことです。
 しかし、だからといって、姓名判断に頼るのは安直なことと言わざるを得ません。なぜなら、その諺の意味をとったとしても、名によって表わされる「実体」を無視して、命名や改名が行われることは避けなければならないからです。
 大聖人様は、
「父母となり其の子となるも必ず宿習なり」(同)
と御教示ですが、親子の縁は偶然のものではなく、互いの宿世の因縁によるものです。
 私たちは、過去世においての善悪にわたる様々な自らの振る舞いの結果として今世の生を受けているのであり、その受け止め方と振る舞いが異なる故に、それぞれの境界も異なります。
 これは、親と子においても同様であり、その中で親子の縁が結ばれるのです。この「実体」をよく知るべきです。
 その上で、親として子に対し、深い慈愛を持って、我が子の成長を願って適切に命名をなすべきでしょう。
 昨今、名前の付け方において種々問題や議論があるようですが、このことを(わきま)えることができれば問題は起きるはずがないのです。
 さらに言えば、自らの姓名も過去からの因縁によるものです。
 これらの理法を持ち合わせない姓名判断によって、人を正しく判ずることなどできるはずがありませんから、このような占いを基として人生を図ることがあってはなりません。
 
 自らの姓名にふさわしい人生を
 正しい大聖人様の仏法を知らない人々は、世間の風潮に流されて、どうしても自らの短い人生の物差しで物事を判断し、目先のことばかりにとらわれて、人生の道標を見落としてしまいます。
 そこで御法主日如上人猊下は、
「仏様は三世を透徹した上から私達に正しい生き方を教えてくださっている」(大白法 七二四号)
と御指南されています。この御言葉を多くの人々に伝えて、三世の生命が説かれる真の仏法に基づいて人生を歩んでいくことの大事を教えることが肝要です。
 心地観経というお経に、
「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」(御書 五七一n)
とあります。この仏法における因果の理法を正しく理解することが大切なのです。現世の生まれた境遇は、自らの過去世の業の因縁によって築かれたものであり、(こと)に不幸の原因は、
「すべて邪義邪宗の謗法の害毒にある」(大白法 六九三号)
と、御法主上人猊下が御教示なさっています。
 したがって、私たちが正しい因である真の仏道を求める大事は、それは謗法の一切を捨てて、大聖人様が顕わされた南無妙法蓮華経の御本尊を受持信行していくことであり、そこに真の功徳が(そな)わるのです。
 この功徳を積んでいくことによって、自らの性名にふさわしい人生を正しく幸福に歩んでいくことができるでしょう。


折伏実践のために目次