大白法・平成25年7月16日刊(第865号)より転載
宗教が社会に評価されるのは福祉活動だけではないか
 宗教に無智な人の考え
 「宗教が社会に評価されるのは福祉活動だけではないか」という考えは、真の宗教の目的・意義が判らず、まして「正しい宗教」・「間違った宗教」があることも知らない人によるものです。
 「福祉」や「慈善事業」、また「ボランティア」活動などは、よいことです。また、それを実行する人は、すばらしい人です。しかし、その活動だけで人々が幸福になることはありません。福祉活動により病気、事故、災害等様々な事情で困っている人が救われ、生活が安定したとしても一時的なものであり、根本原因である無始以来の謗法罪障を消滅し、真の安穏を得ることはできません。
 本文にあるように、正しい宗教は、成仏という安穏な境地を人々が得るために、必要な智慧と活力を与えるものなのです。
 ですから、「宗教が社会に評価されるのは福祉活動だけではないか」という考えは大きな間違いです。
 
 極楽寺良観
 極楽寺良観(忍性)は、日蓮大聖人より「国賊」と喝破されている謗法の僧侶です。
 この良観を慈善事業・福祉を行ったはしりとして挙げる人もいるでしょう。『本朝高僧伝巻第六十一』によれば、良観は、弟子の数二千七百四十余、寺院を建立すること七十九、伽藍を修営すること八十三、仏塔を建立すること二十、大蔵経を納めること十四、諸州に橋を架けること百八十九、百八十町の水田を寄せること二十二、道路を修すること七十一、井戸を掘ること三十三、人たちに与えた布衣三万三千とあります。鎌倉時代の民衆は、良観を「極楽寺の生き仏の良観聖人」「医王如来」と()(たた)えていました。
 しかし、日蓮大聖人は、
「而るに今の律僧の振る舞ひを見るに、布絹・財宝をたくはえ利銭・借請を業とす。教行既に相違せり。誰か是を信受せん。次に道を作り橋を渡す事、還って人の嘆きなり。飯島の津にて(むつ)()(せき)(まい)を取る、諸人の嘆き是多し。諸国七道の木戸、是も旅人のわづらひ只此の事に在り、眼前の事なり』(御書 三八四n)
と、偽善に満ちた良観を破折されているのです。
 さらに、文永八年六月十八日から二十四日まで、良観との祈雨の闘いに勝利された大聖人様は、その正体を、
「一には名は持戒ときこゆれども実には放逸なるか。二には慳貪なるか。三には嫉妬なるか。四には邪見なるか。五には淫乱なるか」(同 一一四五n)
と破折されています。つまり、良観は正しい信仰を求めず、あろうことか名聞名利に心を奪われ、その強欲を満たすために慈善事業を行ったのであり、大聖人様はその心底を見抜かれていたのです。
 そもそも、福祉とか社会事業は行政等が中心となってなせるものであり、慈善事業やボランティアは、個人や任意団体においてそれを補うものです。
 宗教者においては、正しい仏法の意義・視点に立って、信仰活動に励んでいくことが大切です。
 
 能施太子
 『大智度論巻第十二』に、能施太子という方の有名なお話があります。
 世の中に充満する貧しい人・病気の人をすべて救うため、如意宝珠を得て、薬や食べ物を必要な人に与える話です。しかし、薬や食べ物を与えて終わりではありません。その後に仏法を説いて民衆を救済するのです。
 今にも死にそうな人がいたならば、何を差し置いても、その命を救わなければなりません。しかし、それだけでは救ったことにならない。正しい仏法を説いて、現当二世に亘って救うことができるのです。
 
 不幸の根源断つのが真の宗教
 御法主日如上人猊下は、
「天変()(よう)というものはいったい、どこから起きるのかということであります。
 このことについて、大聖人は明確に『立正安国論』のなかでおっしゃっているのでありまして、
(つらつら)()(かん)を傾け(いささか)経文を(ひら)きたるに、世(みな)正に(そむ)き人(ことごと)く悪に帰す。故に善神(くに)を捨てゝ(あい)去り、聖人(ところ)を辞して(かえ)らず。(ここ)を以て魔来たり()来たり、(さい)起こり(なん)起こる。()はずんばあるべからず。恐れずんばあるべからず』(御書 二三四n)
と、これらの天変地夭あるいは人心の荒乱、世の中の不幸、苦悩、それらのすべての混迷の原因は謗法の害毒にあるのであり、『人悉く悪に帰す』つまり、邪義邪宗の害毒によるということを、末法の御本仏大聖人様は明言されているのであります。
 もちろん、色々な見方があります。科学的な見方であるとか、あるいは社会的な色々な見方がありますけれども、その根本のところはやはり邪義邪宗を許すところにある。ですから、邪義邪宗を破折しなければ日本も世界の国々も全部、世の中は平和にならないということになるのであります」(大白法 八一〇号)
と御指南されています。
 正しい宗教があって、はじめて諸悪の根源を断つことができるのです。
 大聖人様の正法を信じ、世のため、人のため、一生懸命に信心修行に励むことこそが、本当に幸せな境界を得るための唯一の方法です。自分が功徳を戴き幸せになると共に、他人をも幸せにしていくため、自行化他の折伏に精進していきましょう。
 


折伏実践のために目次