大白法・平成25年6月16日刊(第863号)より転載
先祖が代々守ってきた宗教を捨てることはできない
 
 邪宗教の害毒は子々孫々に
 宗教には「浅深勝劣」といって、浅い教えや深い教え、勝れた教えや劣った教えなど様々な教えがあります。ところが、世の多くの人たちは、そのようなことも、ましてや、幸せになる正しい宗教と不幸になる宗教があることも知りません。
 もし邪義邪宗によって先祖を供養するならば、その害毒は、先祖はもちろんのこと子々孫々に及んで、先祖の成仏はおろか生きている人たちまでが大きな苦悩を受けるのです。釈尊は、法華経『方便品』に、
「十方仏土の中には (ただ)一乗の法のみ有り 二無く(また)三無し」(法華経 一一○n)
と示され、法華経こそが最高の教えであり、すべての人が救われると説かれました。またさらに、無量義経には、
(しょう)(よく)()(どう)なれば(しゅ)(じゅ)に法を説きき。種種に法を説くこと、方便力を(もっ)てす。四十余年には未だ真実を(あらわ)さず」(同 二三n)
と説かれています。先祖を救い、私たちも幸せになる正しい宗教とは、仏様の説かれた真実にして最高の、法華経を信仰することです。法華経以前の四十余年の経々は、法華経を説くための方便教(仮の教え)であり、そこに執着した信仰では、けっして成仏できません。法華経こそが真実の教えであり、いかなる人でもその身のままで仏の境界に至る、成仏の教法が説かれているのです。
 日蓮大聖人様が、
「諸宗は本尊にまどえり」(御書 五五四n)
と仰せのように、法華経以前の経々をもって宗旨を立てる諸宗は、仏の説いた法を()り所としているようで、その実は教法に迷っているのです。法華経『()()品』に、
「余経の(いち)()をも受けざる有らん」(法華経 一八三n)
と説かれているように、釈尊が説かれた真実の法とは、法華経の一経に極まるからです。
 法華経以外の教えには、すべての人を幸せに導く力はなく成仏もできませんから、こうした間違った宗教に執着して先祖供養を続ければ、先祖の苦しみがさらに増大し、子々孫々これをくり返すことになるのです。
 
 順逆共に救われる
 大聖人様は『如説修行抄』に、
「諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なり」(御書 六七三n)
と仰せられ、法華経以外の諸経には私たちが成仏する教えはなく、むしろ地獄に()ちる不幸の根源の教えであり、法華経のみが唯一正しく成仏できる教えであると御教示されています。
 さらに、御法主日如上人猊下は、
「既に大聖人が『立正安国論』にお示しのとおり、すべて間違った考えや思想、間違った教え、つまり謗法の害毒によるのであります。人の命が謗法の害毒によってむしばまれ、貪瞋癡の三毒が強盛となり、命の尊さ、正邪の分別、ものの道理が無視され、悲惨な結果を招くことになるのであります。
 まさしく、間違った教えほど恐ろしいものはありません。多くの人々を不幸にし、個人のみならず全体を破滅に導き、国土をも破壊するのが謗法の(こわ)さであります」(大白法 六九八号)
と、法華経以外の信仰による害毒について御指南されています。
 さて、大聖人様は『法華初心成仏抄』に、
「地獄には堕つるとも、仏になる法華経を耳にふれぬれば、是を種として必す仏になるなり。(中略)当世の人何となくとも法華経に背く(とが)に依りて、地獄に堕ちん事疑ひなき故に、とてもかくても法華経を強ひて説き聞かすべし。信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は(どっ)()の縁となって仏になるべきなり」(御書 一三一六n)
と仰せです。この御文中の法華経とは、大聖人様が御示しくださった三大秘法の御本尊のことです。この御本尊の功徳は広大無辺であり、たとえ地獄に堕ちた者であっても、妙法蓮華経の御題目が耳に触れれば、それを種として必ず仏に成れるのです。
 「信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり」と仰せのごとく、私たちが折伏をすれば、折伏を受けた人は、順縁はもちろん、逆縁であってもいつか必ず成仏を遂げることができるのです。
 
 正しい信仰で先祖を救おう
 大聖人様は、『阿仏房尼御前御返事』に、
(それ)法華経の意は一切衆生皆成仏道の御経なり」(同 九〇五n)
と仰せられ、末法の衆生が成仏をするためには、法華経による以外にないことを御教示されています。相手の間違った宗教や教義をしっかりと破折し、先祖はもとより一家が不幸になっていく原因が、間違った信仰、間違った教えにあることを、しっかりと教えることが大切です。『上野殿御返事』に、
「今、末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。但南無妙法蓮華経なるべし」(同 一二一九n)
と大聖人様が御示しのように、三大秘法の御本尊、すなわち文底下種の御題目こそが、一切の人々が救われ、また先祖をも救われる真実最高の教えです。
 今私たちがなすべきことは、未だ正法に巡り合っていない人たちや、間違った宗教に執着して改宗できない人たち等に、大聖人様の正しい真実の教えを説き聞かせ、その方々を正法に導き、その方々が正しい先祖供養もできるようにすることです。
 それには、私たちの勇気ある折伏が何よりも必要です。私たちは、一切衆生救済の使命を胸に、悩める世の中の多くの人々に対して、謗法の怖さと御本尊様の偉大なる功徳を説き聞かせ、すべての人を救ってまいりましょう。
 


折伏実践のために目次