大白法・平成25年2月16日刊(第855号)より転載
他の宗教によって現実に願いがかなったので信じているが
 日蓮正宗以外の宗教を信じ、商売がうまくいった≠ニか病気が(なお)った≠ニいう人がいます。また日蓮正宗に入信しても、初めは周囲の反対や人間関係などで苦労する人もいるかもしれません。
 しかし、正しい仏法とは私たちに正しい本尊と修行を教え、身心両面にわたって(いく)(せい)(れん)()し、仏の道を(じょう)(じゅ)させることを目的としています。
 正しい仏道修行をすることによって、いかなる()(なん)(しょう)(がい)が起きても、それを乗り越えていける人こそ真に幸せな人なのです。困ったときだけ(おが)み屋のような宗教にすがって一時しのぎの解決をしても、それは人生の本質的な幸福につながるものではありません。たとえば、勉強をしない子供に試験のときに(こた)えだけを教えて、よい点数をとらせたからといって、その子供の学力が向上することにならないのと同様です。
 もし現在、悩みがあったとしても、(ぜん)(いん)を積んで(ぜん)()を生ずるように、その原因をよく知って、(しょう)(ぼう)(しょう)()()()しなければ真の解決にはならないことを知るべきです。
 また、低俗な宗教によって悩みが一時的に解決したからといって、それが人生のすべてに通用し、人生の苦を根本から解決できることになるわけではありません。むしろ苦難に()ったときに努力することを忘れて、一時の神だのみに走ることだけが身についてしまうでしょう。それはその人にとってけっしてよい結果とはいえません。
 悩みや問題は人それぞれに様々ですが、その人の生い立ちや周囲の(えん)、年齢や心がけなどによって解決の形もまた(こと)なっています。
 たとえば、(たね)をまいても直ちに花を開かせることはできませんが、時が至れば必ず開花するように、(とき)()(じゅく)さなければ解決しない場合もあるのです。
 また誤った宗教に縁することによって、願いがかなったこと以上に生命が()(せん)され、将来大きな苦しみを生ずる(ごう)(いん)となることをよく(にん)(しき)すべきです。
 日蓮大聖人は、
(いち)(ぶん)のしるしある(よう)なりとも、天地の知る(ほど)の祈りとは成るべからず。()(おう)()(みん)(しゅ)()を加へて法に(しるし)()る様なりとも、(つい)には()()(だん)()(あん)(のん)なるべからず」(諌暁八幡抄・御書一五三一n)
(おお)せられ、一時的に祈りがかなったように見えても、邪宗教によるものは、正法を(いん)(ぺい)しようとする魔の(しょ)()(おこな)い)に過ぎないと説かれています。
 そして正法による祈りについて、
「大地はさゝばはづるゝとも、虚空をつなぐ者はありとも、(しお)()()ぬ事はありとも、日は西より()づるとも、法華経の行者の祈りのかな()はぬ事はあるべからず」(祈祷抄・御書六三〇n)
とも仰せられ、人生根本の(だい)(がん)たる成仏も、強い信心によって必ずかなうと(きょう)()されています。
 また日寛上人も、日蓮大聖人(こん)(りゅう)の大御本尊の()(やく)について、
「此の本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱うれば、(すなわ)ち祈りとして(かな)わざる無く、(つみ)として(めっ)せざる無く、(さいわい)として()たらざる無く、理として(あら)われざる無きなり」(観心本尊抄文段・御書文段一八九n)
と仰せられています。
 真実の祈りは、正法正義による仏道修行によってかなうのであり、低俗な宗教によるならば、かえって苦しみを増すことを知るべきでありましょう。
 
 
 不幸を招く邪宗教の怖さ
 宗教には、私たちの悩みや苦しみを解決し幸せになれる正しい宗教と、その反対に不幸になってしまう邪宗教とがあります。幸せになる正しい宗教とは、仏様の説かれた最高の真実の教え(法華経)を信仰することです。
 釈尊は、法華経『方便品』に、
「十方仏土の中には (ただ)一乗の法のみ有り 二無く(また)三無し」(法華経 一一○n)
と示され、法華経こそが唯一最高の教えであると説かれています。
 とかく人は、「困ったときの神頼み」などと言って、宗教の正邪も(わきま)えず、神仏に手を合わせますが、こうした行為は、正しい仏法(正法)に背く行為(謗法)であり、自らを不幸にするたいへん怖いものです。
 たしかに、低い教えの宗教を信じることによって、病気が治ったり、悩みが解決したりといった利益らしい現象が起きることがあります。そして、こうした現象を見ると、「この宗教はすごい」とか、「この信心によって幸せになった」などと思いがちです。
 しかし、一時的によくなったように感じたとしても、法華経以外の教えにすべての人を幸せに導く力はありません。むしろ、間違った信仰の害毒によって迷いと苦しみがさらに涌き起こり、目的とは反対の悲惨な結果を招くのです。こうした邪宗教を信仰して幸せになることなど絶対にありません。邪宗教は、その存在自体が正しい信仰の存在を(まぎ)らわすものであり、真実最高の教えである日蓮大聖人様の三大秘法の仏法を見えなくする大謗法です。
 故に、こうした邪宗教への信仰は、正しい最高の仏法に背く罪によって、逆に大きな不幸を招くことを知らなければなりません。
 
 真の成仏こそ絶対的幸福
 世間では死ぬことを成仏と言いますが、これは間違いです。私たち自身の生命に内在する「仏界」の生命を引き出すことによって、真に心の境界が充足し、そこから現実生活を自由自在に、そして幸せに生きることを成仏と言います。この真の成仏(幸せ)を得るためには、「仏界」という(きょう)(じん)な生命力を引き出すわけですから、真実最高の宗教でなければなりません。
 日蓮大聖人様は、
(それ)法華経の意は一切衆生皆成仏道の御経なり」(御書 九〇五n)
と仰せあそばされ、法華経すなわち三大秘法の御本尊様こそ、すべての人が救われる唯一最高の正法であることを示されています。
 すべての人が大なり小なり、悩みや苦しみを持って生活していますが、正しい宗教への信仰は、御本尊様に(そな)わる仏力と法力によって、あらゆる人生の悩みや苦しみを必ず乗り越えていくことができます。そしてまた、正しい信仰をすることによって、悩みや苦しみは、そのまま生きる勇気と喜びに変わります。しかも、正しい信仰によって得た歓び(幸せ)は、状況の変化等によって崩れ去るような一時的なものではなく、恒常的な歓び(功徳)となって様々な人生を切り開いていくことができるのであり、これを真の成仏の境界と言います。
 
 正しい信仰を教えよう
 今、世の中は混迷を極め、解決策も見当たらず、多くの方々が様々な悩みや苦しみを背負って生活をしています。
 日蓮大聖人様が、
「早く天下の(せい)(ひつ)を思はゞ(すべから)く国中の謗法を()つべし」(同 二四七n)
と仰せのごとく、世の中の真の平和と幸せを築くには、自身が正しい仏法を信仰するばかりでなく「国中の謗法を断つ」折伏活動をもって邪義邪宗の害毒を取り除かねばなりません。
 御法主日如上人猊下は、
「既に大聖人が『立正安国論』にお示しのとおり、すべて間違った考えや思想、間違った考え、つまり謗法の害毒によるのであります。人の命が謗法の害毒によってむしばまれ、貪瞋癡の三毒が強盛となり、命の尊さ、正邪の分別、ものの道理が無視され、悲惨な結果を招くことになるのであります。
 まさしく、間違った教えほど恐ろしいものはありません。多くの人々を不幸にし、個人のみならず全体を破滅に導き、国土をも破壊するのが謗法の(こわ)さであります」(大白法 六九八号)
と御指南あそばされています。
 今こそ私たちは、一切衆生救済の使命を胸に、最善の大慈悲行である折伏を勇猛果敢に実践し、悩める世の中の多くの人たちに、謗法の怖さと御本尊様の偉大なる功徳を説き示し、広布実現をめざしてまいりましょう。
 


折伏実践のために目次