大白法・平成24年12月16日刊(第851号)より転載
家相・墓相について知りたい
 家相や墓相などの占いに頼るのはやめよう
 私たちは、ある人から家相、墓相が悪いから、あなたの家にはいいことがない、と言われたら、それに対しての正しい知識がなければ、そうであるのかと思いがちです。この時大事なことは、家相、墓相が、その地形や方角、また生活の用途に応じ、妙法の信仰によって照らされれたよき形態であるか否かということから判断すべきであり、むやみに占いなどを頼り、信じてはなりません。
 特に、仏教の正しい教えでは、外面に起こった幸、不幸の原因は、内面なるその人の心の在り方に影響していると説かれています。大事なことは、内なる心の()り方にこそあるのです。
 では仮に、占い師や間違った人の言葉を信じたらどうなるのでしょうか。それは、不幸を招く原因となることがあると知らなければなりません。
 それは、御本尊の信仰から離れ、占いの言葉、相手の言葉を信じてしまうことで、不安な生活を送るようになるからです。その時は、問題となることが解決していく状況であったとしても、次に何かよくないことが起こると、さらに占い師の言葉に頼って、巧みな言葉に騙され、そのいいなりの人生に代わっていくことになるのです。
 大聖人は、『聖愚問答抄』に、
「仏法の邪正は必ず得通自在にはよらず、(中略)未だ仏法の是非を知らず、因果の道理をも弁へず。(中略)妙楽大師は『(かん)(のう)斯くの(ごと)きも猶理に(かな)はず』とて、いまだ仏法をば()らずと破し給ふ」(御書 三九三n)
(これ)一切衆生の悪知識なり。近付くべからず。畏るべし畏るべし」(同 三六六n)
と仰せです。
 仏法の邪正を(わきま)えずに、いたずらに通力などに任せ、家相、墓相を持ち出す人は、真の因果の道理を知らない悪師であると(だん)()されているのです。
 また、そのような占いなどに頼って、たとえ家を建て、商売をし、一分の功徳や利益があったとしても、『諌暁八幡抄』に、
「又一分のしるしある様なりとも、天地の知る程の祈りとは成るべからず。(中略)法に(しるし)の有る様なりとも、(つい)には其の身も檀那も安穏なるべからず」(同 一五三一n)
と仰せのように、間違った教えを本として現われた一時的な利益は、幸せになるというよりは、むしろ慈悲魔の(はたら)きであると言われています。それは麻薬による一時的な快楽、()()のようなもので、邪師の言葉の(とりこ)となってしまい、やがては心身共に(むしば)まれていくことになるのと一緒です。
 『唱法華題目抄』の、
「但し法門をもて邪正をたゞすべし。利根と通力とにはよるべからず」(同 二三三n)
との御教示を心肝に染めましょう。
 
 仏教で説かれる依正不二の原理を教えてあげよう
 仏教では私たちと環境の関係を、正報と依報という言葉で説かれています。そして、この二つが一体不二の関係にあると示され、これを依正不二というのです。
 大聖人は、『瑞相御書』に、
「夫十方は依報なり、衆生は正報なり。依報は影のごとし、正報は体のごとし」(同 九一八n)
と仰せられています。
 大切なことは、環境世界の一分である家相、墓相に頼って、自身の幸、不幸を決めるのではなく、「依報は影」「正報は体」と示されるように、正報である私たち自身が主体となって、周りの環境世界を変えていかなければならないということです。では、私たち自身を変えるにはどのようにしたらよいのでしょう。『諸法実相抄』に、
(しも)地獄より(かみ)仏界までの十界の依正の当体、悉く一法ものこさず妙法蓮華経のすがたなりと云ふ経文なり。依報あるならば必ず正報住すべし。釈に云はく『依報正報常に妙経を宣ぶ』等云云」(同 六六四n)
と、十界の依正の当体は、本来、妙法蓮華経であることを示されています。
 これは、宇宙法界のありとあらゆるすべてのものは、依報正報共に妙法蓮華経の当体であり、正報である私たちが、妙法蓮華経の法を信じることによって、仏の命を現わしていくことができ、その時初めて依正不二の原理から、環境も仏となっていくことができるということです。
 大聖人は末法の一切衆生救済のために、南無妙法蓮華経の本門戒壇の大御本尊を顕わされ、私たちがこの御本尊を信じて、真剣に信心に励むとき、成仏の境界を得ることができ、さらには、私たちの住む環境国土も、仏国土としての姿を現わしていくことができることを教えられています。
 例えば、家庭などの小さな世界が荒れていたとしても、そこでしっかりと題目を唱えていくならば、そこに小さな仏国土ができ、幸せで立派な家庭が築かれていくということで、これが依正不二の原理なのです。
 大聖人は、『南条殿御返事』に、
「法妙なるが故に人貴し、人貴きが故に所尊しと申すは是なり」(同 一五六九n)
と、この御本尊が正しい故に、それを信ずる人は貴い人、すなわち仏となり、その貴い人が住む故に、その住所も尊い場所、すなわち仏国土となると仰せです。私たちは、まず主体である自分自身を変え、それによって環境を整え、真の幸せを確立する姿を現わしていかなければなりません。
 御法主日如上人猊下は、
「正報たる我ら衆生が一切の謗法を捨てて、末法の正法たる三大秘法の随一、本門の本尊に帰依すれば、その不可思議広大無辺なる妙法の(りき)(ゆう)によって、我ら衆生一人ひとりの生命が浄化され、それが個から全体へ、点から面へ、さらに衆生世間に及び、社会を浄化し、やがて依報たる国土世間全体を変革し、仏国土と化していくのであります」(大白法 七八三号)
と御教示されています。
 私たちは、今こそ、荒乱し、混沌とした世の中を仏国土とすべく、一人でも多くの人たちが、不幸の根源である邪義邪宗の謗法を捨てて、本門戒壇の大御本尊に帰依できるよう、全魂をこめて折伏を行じてまいりましょう。
 


折伏実践のために目次