大白法・平成24年6月16日刊(第839号)より転載
 人相・手相などはどのように考えるべきか
 人相・手相に頼って将来を判断してはならない
 占いブームや易ブームと言われ、今なお、占いの人気は衰えを知りません。
 世の中が不況になったり、恐ろしい事件や事故が頻発するようになると、「明日はどうなるのだろうか」と不安になり、未来を知りたいと考え、占い師や易者のもとを訪ねる人が多くなってくるものです。その中でも、人相・手相による占いは古くから身近に行われてきました。
 ここで大事なことは、占いの結果を信じて、将来の人生の判断のもととしては決してならないということです。
 仏法では、色心不二と言って、「色法」である肉体と、「心法」である精神とが一体であると説かれます。ですから、心に悩みがあれば顔に出るように、その人の心の迷い、煩悩が長い間に、人相・手相などの相を形作ると考えられます。
 これによって、相を見て占い師が過去の出来事を言い当てたりすることも、可能であると言えます。しかし、それを言い当てたからといって、未来も必ず言い当てることができると考えてはなりません。
 
 因果の理法を教えよう
 仏が宇宙法界の真理、因縁、果報を悟られ、その悟りをあますところ無く説き明かされたのが仏教です。
 その仏教では、森羅万象は原因、結果の法則によるもので、原因のないところには結果は絶対にありえない、と説かれています。ですから、現在の姿は過去に原因があって、その結果としての姿であり、現在が未来の姿の原因となっているのです。
 私たちの身の回りには豊かな人、貧しい人、健康な人、病弱な人、呑気な人、神経質な人、怒りっぽい人、のんびりした人など千差万別で、同じ人はひとりもいません。これと同じように、人相・手相も同じ相の人はいません。
 仏教では、これらの一人ひとりの違いは、すべて過去の業(身の振る舞い、口で話すこと、意で思うこと)が原因であると説かれています。つまり、因果の道理に(のっと)ってすべての違いがあるのであって、偶然ということは絶対にありえないと示されるのです。
 前御法主日顕上人猊下は、
「現れた形というのはしょっちゅう変わります。人相も変われば境遇も変わりますし、貧乏人が金持ちになったり、金持ちが貧乏人になったりというように、色々と変わってくるわけです。それは種々の因縁によって変わるのですが、つまり悪いことを行えば悪い結果が起こる。また善い縁に()えば善い結果が来るし、悪い縁に値えば悪い結果が来るのであります」(大日蓮 七一六号)
と。また、
「ともかく我々自身の相は、現在の姿がそのまま永劫にあるものではありません。悪い人間が良くなることもあるし、今、不幸な人も正しい道を行っていけば必ず幸せになっていくのです」(同)
と仰せられ、人相見や手相見の話を聞いて一喜一憂するのではなく、因果の道理を知って、人相・手相は我々の努力で変わるのであり、正しい道を行ずることが幸せへの道であることを気づかなければなりません。
 
 正しい道とは大聖人の教えを行ずること
 占い師によって人相・手相を見てもらい、将来を判断しようとする人に対して、日蓮大聖人は、
「若し彼の(へん)()のしるしを信ぜば即ち外道を信ずべし。(中略)一切衆生の悪知識なり。近付くべからず。(おそ)るべし畏るべし」(同 三六六n)
と、それらは外道の教えを信ずるようなものであり、決して近づき頼ってはならないと仰せられています。
 私たちは、占い師に頼る他力本願的な生き方を捨てて、自らが発心し、誓願を起こし、精進をし、力強く生き抜く自分を作るという、真実の尊い生き方を身に付けることが必要なのです。
 それには日蓮大聖人の説かれる三大秘法の南無妙法蓮華経の教えを信じ、仏道修行を実践していくことが大切となってきます。このことによって
「妙とは()(せい)の義なり」(同 三六〇n)
「わざはひも転じて(さいわ)ひとなる」(同 六八五n)
と説かれるように、過去世よりの一切の罪障を消滅し、いかなる悪業をも幸いへと転換させて、幸せと歓喜と法楽、そして信仰の輝きと即身成仏の実証を厳然と果たすことができるのです。
 そして、
「法華経の法門を一文一句なりとも人にかたらんは過去の宿(しゅく)(えん)ふかしとおぼしめすべし。(中略)僧も俗も尼も女も一句をも人にかたらん人は如来の使ひと見えたり」(同 一五五五n)
との仰せから拝すれば、私たちがこの信仰に会えたことは宿世の因縁であり、この御本尊の尊さを一文一句なりとも人に語っていく人は、仏の使いであるとの自覚を持つべきでしょう。
 
 人生を開く折伏行を
 大聖人は、
「正直に方便を捨て但法華経を信じ、南無妙法蓮華経と唱ふる人は、(ぼん)(のう)(ごう)・苦の三道、法身・般若・()(だつ)の三徳と転じて、(さん)(がん)(さん)(たい)即一心に顕はれ、其の人の所住の処は(じょう)(じゃっ)(こう)()なり」(同 六九四n)
と、私たち迷いと悩みの凡夫が、三大秘法の御本尊を一心に信仰することによって、その迷いや悩み苦しみが、直ちに仏の説く最高の幸福境界に変わると仰せであり、それまでの幸・不幸に関わりなく、無上の幸福境界を現していけるのです。
 因果の道理に依らず、言葉(たく)みな占い師や易者に大事な人生を(ゆだ)ねることは愚の骨頂です。
 過去・現在・未来の三世をことごとく御照覧あそばす末法の御本仏日蓮大聖人を主師親と仰いで、正しい信仰の道を進むことが最善の正しい人としての生き方であり、御法主日如上人猊下の、
「混迷を極める今日の難局を打開する最善の方途は、すなわち折伏以外においてない事を深く命に刻み、一人も漏れず、破邪顕正の折伏を実践していかなければならないと思います」(大白法 八三七号)
との御指南を体して、一天四海本因妙広宣流布をめざして、折伏実践に立ち上がる人生ほど尊い人生はないことを知らなければなりません。
 


折伏実践のために目次