大白法・平成24年3月16日刊(第833号)より転載
 先祖を(すう)(はい)することが間違っているのか
 信仰とは感応の(ことわり)
 一般的に、先祖を(すう)(はい)すると言えば、多くの人が仏壇に()(はい)を安置して朝晩に手を合わせて供養することを思い浮かべますが、本来位牌や先祖等は、本尊のような信仰の対象として(おが)むものではありません。また拝んだからといって、先祖の霊を本当の意味で(なぐさ)められるものでもなく、正しく供養することにはなりません。
 信仰とは感応の(ことわり)ですから、知ると知らずとにかかわらず、信じる宗教の如何(いかん)によって、その人の人生や人格を大きく左右いたします。そもそも拝むとか、祈るといった行為は、「(かん)(のう)(どう)(こう)」といって祈りの対象(対境)となるものと、それを祈る側の私たちの命とが互いによく通じ合い、そこに深い作用が働き、実際に現れてくるものなのです。
 例えば狐とか蛇などを拝むと、狐や蛇(畜生)の命がそのまま祈る私たちの命に大きく影響し、時には狐つきや蛇つきとなって現われたりします。同じように、先祖を神として祭って崇拝すれば、私たちの命は先祖の業や罪障に深く感応してしまいます。言い換えれば、位牌を拝んだり先祖を崇拝することによって、亡くなった先祖の罪障や罪業を私たち自身が背負うことになります。これでは先祖が成仏できないばかりか、祈る私たちも共に苦しみの原因を積むことになってしまうのです。
 こうした誤った宗教観は、逆に先祖や私たちを苦しめる結果となりますから、正しく救われる道を教えてあげなければなりません。
 
 正しい先祖供養とは
 私たち人間の身体は、一切の(しん)()(ばん)(しょう)と同じく地水火風空の五大を要素として構成されていますから、人間を形作った肉体は死によって地水火風空の五大に分離され、見た目にはすべてが無に帰したように思われます。しかし生命に刻まれた業(善業・悪業等)は、その因縁によって滅することなく活動していきます。
 すなわち、生まれてから死に至るまでの一生における善悪の業は、死後においても、その因縁によって持ち続け、来世に果報として現われるのです。
 日蓮大聖人様は『持妙法華問答抄』に、
「只先世の業因に任せて営むべし」(御書 二九九n)
と示され、私たちは今世を先世の業因によって生きると説かれています。すなわち間違った思想や宗教等に惑わされ、苦しみ悩んで死んでいけば、その苦しみは死後も続き、当然ながらその苦しみや悲しみが、残された遺族や家族にも影響します。
 だからこそ、こうした先祖に対して正しく(つい)(ぜん)()(こう)してあげることが何よりも大切なのです。日蓮大聖人様は『御義口伝』に、
(いま)日蓮等の(たぐい)聖霊を(とぶら)ふ時、法華経を読誦し、南無妙法蓮華経と唱へ奉る時、題目の光()(けん)に至って即身成仏せしむ」(同 一七二四n)
と仰せられています。先祖を正しく供養するためには、日蓮大聖人様の御当体である三大秘法の御本尊様に向かって読経・唱題し、故人や先祖の追善回向をすることです。南無妙法蓮華経と唱えれば、御本尊様の仏力・法力によって必ず先祖が成仏を遂げます。
 これは、御題目の功徳が故人の生命に感応して仏果が成就するからであり、私たちの「先祖を成仏させたい」との強い一念心が御本尊様に届いて、先祖が正しく救われるのです。特に、時に当たっては寺院に詣でて、(とう)()()(よう)をすることが大切でしょう。
 すべては、御本尊様の仏力・法力と、私たちの強い信力と行力の祈りによって成仏が叶うのでありますから、御本尊様を唯一無二と信じ、真心込めた正しい供養が最も大切です。
 
 今こそ折伏の時
 今世の中は、様々な邪宗教が蔓延(はびこ)り、大勢の人たちがその邪義邪宗の謗法の害毒に惑わされ、種々の悩みや苦しみを抱えています。私たちはこうした人たちに対し、謗法が不幸の根源であることを、勇気を出して叫ばなければなりません。
 日蓮大聖人様は、『経王殿御返事』に、
「わざはひも転じて(さいわ)ひとなるべし。あひかまへて御信心を出だし此の御本尊に祈念せしめ給へ。何事か成就せざるべき」(同 六八五n)
と示され、どのような災いであっても、この御本尊に強盛に祈念すれば、必ず願いが叶い、幸せな人生を歩むことができると仰せです。
 御法主日如上人猊下は、
「世の中の人々に、邪義邪宗の謗法が国土、人心を破壊する根本原因であることを教え、誤った信仰を捨てさせ、『実乗の一善』すなわち御本仏日蓮大聖人の出世の御本懐たる、本門戒壇の大御本尊に帰依することが最善の道であることを伝えていかなければなりません。その具体的実践の方途が、すなわち折伏であります」(大白法 八二九号)
と御指南あそばされています。幸せな境界と平和な世の中を築くためには、私たちの勇気ある折伏が今最も必要とされているのです。
 今こそ私たちは、大御本尊様への強い確信と唱題を根本に、勇猛果敢に大折伏を展開し、一人でも多くの方を、そしてまた一日も早く大御本尊様のもとに導いてまいりましょう。
 


折伏実践のために目次