大白法・平成23年5月16日刊(第813号より転載)
 宗教によらなくても、自分で幸福だと思えばよいのではないか
 正しい宗教観と幸福観
 人間は誰もが自分の願い通りの人生を歩み、幸福になりたいと思っていますが、その幸福を求める方法や有り様については、精神面、物質面、あるいは物心両面にわたるなど様々な幸福論が説かれています。
 表題にある「自分で幸福だと思えばよい」という発言もよく耳にします。しかし現実の苦悩を前にして、はたして自分は幸福だと本当に思えるものでしょうか。このような発言は一種の観念論的な考え方ですが、精神的なものと物質的なものはお互い密接な関係にあるという仏法の(しき)(しん)()()の立場から言えば一面に(かたよ)った浅い見方です。
 また「宗教によらなくても」という発言は、宗教に(たよ)るよりも、自分の心で幸福だと思い込めば幸福になれると考えているようです。このように考え違いをしている人に対しては、正しい宗教観と幸福観における基本的なことを教えてあげることです。
 
 正しい生き方と苦悩克服法
 宗教には(せい)(じゃ)(しょう)(れつ)(せん)(じん)の違いがあります。正しい宗教とは、単に「何かにすがって生きる」というような浅い教えではありません。現実の苦悩を直視しそれを自分の中で真っ向から受け止めて乗り切っていける自分になれるか、その苦悩を克服して自分自身をさらに成長させていけるか、また自他の幸せのために生きていけるか、こうした生き方と克服法を教えてくれるのが正しい宗教なのです。
 大聖人様は、
「苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思ひ合はせて、南無妙法蓮華経とうちとな()()させ給へ」(御書 九九一n)
と仰せです。苦しい不幸なことが起こったとしたならば、それを無理やりに幸福だと思い込むのではなく、その苦しみがたしかに苦しみであると受け止めることが大切です。
 そしてそれが法界(ほん)()()()(はっ)()の苦しみであるか、あるいは()(ごう)()(とく)()の苦しみであると正しく認識し、苦しい時も、楽しい時も、世間の苦楽は夢の中の苦楽と(さと)り、南無妙法蓮華経と唱える信仰によってのみ、日々の生活と人生の上に、真実の遊楽の(きょう)(がい)を開くことができるのです。そしてまた、人生におけるどんなに苦しい状況も幸福な出来事も、それを元に将来に向けて「新しい生きる力に変えていこう」とするのが仏法の生き方なのです。
 
 幸不幸は因果の法則による
 仏法を学ばなければ、人間はなぜ幸福になるのか、なぜ不幸になるのかという本当の理由は判りません。
 仏法では因果の法則によって人生が成り立っていると説いています。もし幸福になるとすれば、それは過去に(ぜん)(ごう)(善の行為)を積んで正しいよいことをした結果なのです。逆に不幸になるとすれば、それは過去に(あく)(ごう)を積んできたからに他なりません。何もよいことをしないのに幸福な結果が出ることはあり得ません。ですから因果の法則のうえから言えば、不幸と思える物事に対し、観念的に幸福だと思うだけでは根本的な解決にはならないのです。
 
 相対的幸福と絶対的幸福
 幸福観には二つの立場があります。世の中の人々は社会的地位や名誉、財産等といった相対的な幸福を求めています。これらの世間的な幸福をすべて否定するわけではありませんが、世の中のすべては因縁によって変化したり消滅したりするのですから、これらの相対的幸福は永続しないし絶対的なものではないのです。
 これに対し絶対的幸福とは「成仏」のことです。成仏とは正しい宗教によって得られるものであり、正しい御本尊を信じて南無妙法蓮華経と唱え力強い生命力を養うことによって、何ものにも左右されない真の幸福境界を得ることです。この成仏を求めることこそが幸福への真の解決策となるのです。
 御法主日如上人猊下は、
「真の解決策も見出だせずに不幸と苦悩に(あえ)ぐ多くの人達を救済していくところに、地涌の菩薩としての尊い使命が存するのであります」(大白法 六九三号)
と御教示されています。私たちは地涌の眷属たる自覚のもとに慈悲と使命感を持って折伏してまいりましょう。
 


折伏実践のために目次