大白法・平成22年6月16日刊(第791号より転載)
 

宗教の必要性を認めない

本文へ
 
 宗教とは人格向上の教え
 『開目抄』に、
「三皇已然は父をしらず、人皆(きん)(じゅう)に同ず。五帝已後は父母を(わきま)へて孝をいたす」(御書 五二三n)
とあります。畜生に等しかった人間が、賢人・聖人の教育によって、人間として成長するのであります。しかし、同書に、
「此等の(けん)(せい)の人々は聖人なりといえども、過去をしらざること凡夫の背をみず、末来をかゞみざること盲人の前をみざるがごとし」(同 五二四n)
とありますように、完全な教えではありません。
 『崇峻天皇御書』に、
「教主釈尊の出世の本懐は人の振る舞ひにて候ひけるぞ。穴賢穴賢。賢きを人と云ひ、はかなきを畜という」(同 一一七四n)
とあります。仏法によってこそ人格が成長するのであります。
 宗教とは(さん)()を見通すことができる最高の師によって導かれる「生きるための教え」です。人間が人間らしく正しく生きるための教えです。
 
 正しい師を得ることが大事
 仏教では、私たちのことを「(さん)(どく)(ごう)(じょう)(ぼん)()」と説いております。これは、「欲望と(いか)りと無知という三つの汚れた心のあふれる凡夫である」という意味です。
 その「三毒強盛の凡夫」が集まり、正しい宗教によってみんなの心が浄化され、お互いが鏡となり、育み合って、私たちは、人間としての生命の境界を高めていくのであります。
 人間というものは、()()のことはよく見えても、自分のことは見えないものです。ですから、他人を通して自分を見るほかありません。ですから、周りとの関係が必要なのです。
 ただし、自分を映す鏡であるはずの他人が、ゆがんでいたり、汚れていたならば、自分を正しく知ることはできません。それ故、正しい人・立派な人・すぐれた師を求めることが大事であります。
 宗教の必要性を認めないという人は、「無宗教」であり、また「自分宗」と言えるものです。そういう人は自分自身が師匠であり、自分自身を信仰の対象にしているわけです。(ぼん)(のう)だらけの自分を師匠としても、人間としての進歩は、難しいと言わねばなりません。
 勉強・スポーツ・華道・茶道・将棋や囲碁にしても、よい師匠・先生に指導してもらえば、早く間違いなく上達します。独学では、そのような進歩はあまり望めません。ましてや、人間としての境界を高め育てる宗教においてはなおさらのことです。
 
 善行は正法より生ず
 「(しち)(ぶつ)(つう)(かい)()」という、仏教で非常に有名な文があります。
(しょ)(あく)(まく)() (しゅ)(ぜん)()(ぎょう) ()(じょう)()() ()(しょ)(ぶっ)(きょう)
というもので、「もろもろの悪いことをしてはいけない。もろもろの善いことをしなさい。そして、自分の心を()(れい)にしなさい。これがすべての仏様の教えです」というものです。
 このことについて前御法主日顕上人猊下は、
「仏教の教えは広く大きいけれども、ひとくちに言うと『七仏通戒の偈』ということがあります。ここに一切(つか)ねられておるという意味があるのです。(中略)これは、あらゆる意味から善悪を知り、自らそれに基づいて心を浄く持っていくことが、すべての仏様の教えであり、同時にあらゆる衆生に共通するところの道であるということであります」(大日蓮 六一三号)
と御指南されております。
 人生における根源の師たる日蓮大聖人様は、正しい仏道を修するため、その根源を本門の本尊・本門の戒壇・本門の題目の(さん)(だい)()(ほう)として顕わされました。この三大秘法こそが、私たちの人生の()(みょう)()()の本尊なのであります。
 私たち人間に必要なものは欲望と瞋りと無知な生命を浄化する力のある正しい宗教です。宗教は心の教えであり、命の教えであり、人間が本当に幸福になるための教えです。正しい宗教は、人間を成長させ、真の平和な国土を作るものです。
 
 宗教の必要性を説いて折伏
 御法主日如上人猊下は本年の『新年の辞』において、
「今、国内外を見ると(中略)混沌とした世相を映し出しています。
 こうした人心が極度に混乱した濁悪の世の中を救っていく唯一最善の方途こそ、『仏法は体、世間は影』の原理に随って、末法の御本仏宗祖日蓮大聖人の正法正義を受持する我等一人ひとりが、地涌の使命を自覚して、一切衆生救済の大願に立ち、一人でも多くの人に妙法を下種し折伏を行じていくことであることを銘記しなければなりません」(大白法 七八〇号)
と御指南されております。
 今、日本に、また世界に必要なものは本物の宗教です。日蓮大聖人様の正法正義であります。
 私たちは御法主上人猊下の御指南の通り、御本尊様を絶対と信じて御題目を唱え、そこからあふれる功徳と慈悲の心をもって果敢に折伏してまいりましょう。


折伏実践のために目次