正しい宗教とはなにか


8 なぜ日蓮正宗だけが正しいといえるのか



 「正とは一に(とど)まる」という言葉(ことば)がありますが、正しい教法(きょうぼう)が二つも三つもあるわけがありません。これについて、釈尊は、
    十方(じっぽう)佛土(ぶつど)(なか)には、唯一乗(ただいちじょう)(ほう)のみ()り、二無(にな)(また)三無(さんな)し」(方便品第二・開結一一〇)
と説き、日蓮大聖人は、
    「今、末法(まっぽう)に入りぬれば余経(よきょう)も法華経もせん()なし。(ただ)南無妙法蓮華経なるべし」(上野殿御返事・御書1219頁)
(おお)せられています。
 日蓮正宗がもっとも正しい宗旨(しゅうし)である理由は、法華経の予証(よしょう)どおりに末法に出現された()本仏(ほんぶつ)日蓮大聖人の教えを、七百年間にわたって現在まで清浄(せいじょう)(あやま)りなく受けついできた唯一(ゆいいつ)教団(きょうだん)であるから、といえましょう。
 鎌倉時代に出現(しゅつげん)された日蓮大聖人は、末法万年にわたって人々を苦悩(くのう)(やみ)から救済(きゅうさい)するために、数々(かずかず)大難(だいなん)()いながら、南無妙法蓮華経を説き(あら)わされました。そして南無妙法蓮華経の法体(ほったい)として一閻(いちえん)()(だい)総与(そうよ)(全世界のすべての人々に与えるという意味)の(だい)(まん)()()()本尊(ほんぞん)図顕(ずけん)建立(こんりゅう)されたのです。この御本尊は日蓮大聖人の当体(とうたい)でもあり、久遠(くおん)元初(がんじょ)()(じゅ)用身(ゆうしん)という宇宙(うちゅう)法界(ほうかい)根本(こんぽん)真理(しんり)の当体でもあります。
 大聖人は、
    (そもそも)当世(とうせい)の人々(いず)れの宗々にか本門(ほんもん)本尊(ほんぞん)戒壇(かいだん)(とう)弘通(ぐづう)せる。仏滅後(ぶつめつご)二千二百二十余年に一人も(そうら)はず」(教行証御書・御書1110頁)
と、大聖人ただ一人末法(まっぽう)の仏として仏勅(ぶっちょく)によって出現され、三大(さんだい)秘法(ひほう)大法(だいほう)を広めることを明かされています。
 三大秘法とは本門の本尊・本門の題目・本門の戒壇をいいますが、本門の題目とは大聖人が建立遊ばされた一閻浮提総与の大御本尊に向かって唱える題目のことであり、本門の戒壇とは、この大御本尊が安置(あんち)され、しかも一切の人々が修行する場所をいいます。
 したがって三大秘法のなかには「本門の本尊」が中心であり、本門の本尊なくしては題目も戒壇も存在(そんざい)しないのです。このゆえに本門の本尊を「三大秘法総在(そうざい)の御本尊」とも尊称(そんしょう)します。
 日蓮大聖人は入滅(にゅうめつ)先立(さきだ)って、門弟(もんてい)のなかから日興(にっこう)上人(しょうにん)を選んで、本門戒壇の大御本尊をはじめとする法門(ほうもん)のすべてを相承(そうじょう)付嘱(ふぞく)されました。
 大聖人の精神(せいしん)法義(ほうぎ)(かた)く守られた日興上人は、時あたかも地頭(じとう)不法(ふほう)によって謗法(ほうぼう)の地になりつつあった身延(みのぶ)の地を去る決意(けつい)をされ、大聖人が生前(せいぜん)より、
    霊山浄(りょうぜんじょう)()()たらん最勝(さいしょう)の地を(たず)ねて戒壇を建立すべき者か。時を()つべきのみ」(三大秘法稟承事・御書1595頁)
    国主(こくしゅ)()の法を立てらるれば、富士山に本門(ほんもん)()戒壇(かいだん)建立(こんりゅう)せらるべきなり」(日蓮一期弘法付嘱書・御書1675頁)
遺命(ゆいめい)されていたとおり、日本第一の名山(めいざん)富士山の(ふもと)に一切の重宝(じゅうほう)捧持(ほうじ)して弟子たちと(とも)に移られ、そこに大石寺(たいせきじ)を建立されたのです。
 その後、大聖人の仏法は第三祖日目(にちもく)上人(しょうにん)、第四世日道(にちどう)上人(しょうにん)と、一器(いっき)の水を一器に移すように代々の法主(ほっす)上人(しょうにん)によって受けつがれ厳護(げんご)されて、現在()当代(とうだい)上人(しょうにん)に正しく伝えられているのです。この(かん)宗門(しゅうもん)()は、また正法厳護(げんご)のための(とうと)苦難(くなん)の歴史でもありました。
 いま私たちが総本山大石寺に参詣(さんけい)し、一閻浮提総与の大御本尊を(はい)するとき、
    須弥山(しゅみせん)に近づく鳥は金色(こんじき)となるなり」(本尊供養御書・御書1054頁)
金言(きんげん)どおり、私たちの生命の奥底(おうてい)は仏の威光(いこう)に照らされて金色に(かがや)き、即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)の姿になっているのです。
 現在、国の内外(ないがい)()わず、大御本尊の広大(こうだい)功徳(くどく)によって苦悩を希望(きぼう)に転じ、福徳(ふくとく)()ちて信心に(はげ)む多くの人々の姿が、日蓮正宗の正しさを物語(ものがた)っているといえましょう。