正しい信仰を求めている人へ


8 手を合わせて(おが)むことは()ずかしい



 手を合わせて拝むことが恥ずかしいというその心の底には、信仰は年寄(としよ)りくさいとか、弱い人間が行うものなどの宗教に対する偏見(へんけん)があるのではないでしょうか。いずれにしても恥ずかしい≠ニいうことは、世間(せけん)の目が気になる、周囲(しゅうい)の人たちから変な目で見られないかという懸念(けねん)があるからでしょう。しかし、自分でよいと思えば、たとえ変った服装(ふくそう)(まち)を歩いたとしても、別に恥ずかしいなどとは思わないものです。人間にとって最高の幸福をもたらす正しい信仰には必ず合掌(がっしょう)がともないます。ですから合掌が恥ずかしいというのは、医者から薬をもらっても、人に見られたら恥ずかしいといって薬を飲まずに病気を悪化(あっか)させるようなものです。
 病気を(なお)そうと思えば、つまらない見栄(みえ)を捨て薬を(ふく)するのが当然でしょう。それと同じように、日蓮正宗が自分の人生にとってもっとも大切であり、絶対に正しいと確信するならば、合掌(がっしょう)()ずかしいなどとは感じなくなるはずです。
 合掌は荘厳(そうごん)仏前(ぶつぜん)で、もっとも(とうと)い御本尊に向かって清浄(せいじょう)な心で(おこな)うものであり、その十指(じっし)十界(じっかい)互具(ごぐ)を意味し、胸にあてるところは、我が胸中(きょうちゅう)心性(しんしょう)(びゃく)蓮華(れんげ)を生じ、そして南無妙法蓮華経と唱えるところは無作(むさ)三身(さんじん)()(ぎょう)一念(いちねん)三千(さんぜん)当体(とうたい)であるという深い意義を(そな)えているのです。
 このことを日蓮大聖人は、
    「合掌とは法華経の()(みょう)なり。向仏(こうぶつ)とは法華経に()(たてまつ)るを云ふなり」(御義口伝・御書1734頁)
(おお)せられ、真実の合掌は最高の教えである妙法蓮華経に帰依(きえ)する姿であると説かれています。
 ですから人間として真に幸福を願うならば、自分の小さな感情にとらわれず、また、つまらない世間の目を気にせず、真実最高の日蓮大聖人の仏法に目を開き、正直(しょうじき)な心で手を合わせ、御本尊を拝むべきです。
 人間にとって()ずかしい行為(こうい)というのは、人の道を()みはずしたり、法を(おか)したり、他人に迷惑(めいわく)をかける行為をいうのです。
 宗教に対する知識(ちしき)を深め、自己(じこ)の幸福はもちろんのこと、社会に平和をもたらす崇高(すうこう)な教えを正しく信仰するということは、恥かしいどころか、人間としてもっとも(ほこ)るべき行為(こうい)なのです。