正しい信仰を求めている人へ


6 信仰をするといろいろな制約(せいやく)があって遊べなくなるのではないか



 宗教のなかには戒律(かいりつ)を定めて、教義的な制約をしているものが(すく)なくありません。特にキリスト教やイスラム教・ヒンズー教などは、結婚や食物さらに医療(いりょう)に関することまで、(こま)かく制約されています。仏教でも小乗(しょうじょう)仏教(ぶっきょう)といわれるものには二百五十戒・五百戒などの戒律が(さだ)められています。
 しかし人間の煩悩(ぼんのう)は八万四千ともいわれており、これらのすべてを戒律によって規制(きせい)することは不可能なことです。
 日蓮大聖人は、
    「されば三世の諸仏(しょぶつ)も妙法蓮華経の五字を(もっ)て仏に()(たま)ひしなり。三世の諸仏(しょぶつ)出世(しゅっせ)本懐(ほんがい)一切(いっさい)衆生(しゅじょう)(かい)(じょう)仏道(ぶつどう)の妙法と云ふは(これ)なり」(法華初心成仏抄・御書1321頁)
(おお)せられ、戒律や智慧(ちえ)によって成仏(じょうぶつ)するのではなく、根本の一法である南無妙法蓮華経を信じ唱えることによって成仏すると教えられています。
 したがって日蓮正宗の信仰には、教義的な制約や戒律などはまったくありません。ただし、人間を不幸に(おとしい)れる邪宗教を信ずることや謗法(ほうぼう)与同(よどう)することは(かた)く禁じています。
 次に信仰活動による時間的な制約については、大きくいえば人間は(だれ)でも一日を二十四時間という(わく)の中に制約されて生活しているわけですし、ひとつの社会や組織(そしき)(ぞく)すれば、それなりの規則があり、時間や行動の面で制約があるのは当然のことです。まして正しい人生を(あゆ)将来(しょうらい)にわたってくずれることのない幸福を築くための仏道(ぶつどう)修行(しゅぎょう)、すなわち信心活動には相応(そうおう)の努力と時間が必要です。日蓮正宗の信仰をする場合、少なくとも御本尊への朝夕のお給仕(きゅうじ)仏壇(ぶつだん)清掃(せいそう)・お水や(しきみ)などを(そな)える)と読経(どきょう)唱題(しょうだい)勤行(ごんぎょう)をしなければなりません。そして大聖人が、
    「月々・日々につよ()り給へ」(聖人御難事・御書1397頁)
 と教えられているように、幸福の(みなもと)である信心を清浄(せいじょう)持続(じぞく)するのみならず、さらに行学(ぎょうがく)錬磨(れんま)してゆかなければなりません。そのためには家庭での勤行唱題とともに、寺院への参詣(さんけい)、学習会や座談会(ざだんかい)への参加などによって信心の向上(こうじょう)(はか)る必要があります。これは、なんの修行も必要としない宗教に(くら)べると、面倒(めんどう)なことのように思われるかもしれませんが、現実的に考えると、(みずか)ら読経唱題し、行学を錬磨するからこそ、その人に本当の信仰心がはぐくまれるわけですし、信心と行学の修行をともなうからこそ生きた真実の宗教であるといえるのです。
 だからといって仕事や家庭が犠牲(ぎせい)になるというわけではありません。その人その人の生活のリズムに合わせて持続することが大切です。ここで大切なことは、規則や教義によって自分は制約されて窮屈(きゅうくつ)だ≠ニ受けとめるか、あるいは規則を守り教えによってこそ自分は正しく向上できるのだ≠ニ受けとめるかということです。この(ちが)いは物事(ものごと)に対していかに積極的にとりくむかという姿勢(しせい)と心によって生ずるものといえましょう。
 正しい信仰は豊かな人間性と力強い生命力、そして深い智慧を(つちか)うものでありますから、日蓮正宗を信仰する人はおのずと仕事や家庭に対しても適確(てきかく)な判断と積極的な姿勢を()つようになり、信仰活動も歓喜(かんき)の心をもって実践(じっせん)できるようになるのです。
 「信仰をすると遊べなくなるからいやだ」という人は、「学校ではテレビやマンガを自由にみせてくれないから行きたくない」と駄駄(だだ)をこねている子供と同じ理屈(りくつ)です。
 信仰をしている人でも、趣味(しゅみ)を楽しみ、レジャーを楽しむことは一般人となんら()わりません。ある人は「いままで自分が職場と家庭のことで窮窮(きゅうきゅう)としていたのは、自分の生命力が(おとろ)えていたためであったと、信心をはじめてから気付(きづ)いた」と言います。
 またある人は「遊びや道楽(どうらく)も、信仰をするようになってから自然に()健康(けんこう)堕落(だらく)させるものから、健康的な人生を向上させるものに変わった」と言い、ある人は「いままでは()さばらしのために遊びに逃避(とうひ)していたが、信心によって仕事に希望(きぼう)が生まれ、家庭が円満(えんまん)になった今は、充実(じゅうじつ)した気分(きぶん)で本当の意味の余暇(よか)を楽しむようになった」とも言っています。このような体験(たいけん)は日蓮正宗の信者が一様(いちよう)(あじ)わっている一例にすぎません。
 どうかあなたも日蓮正宗の信仰によって悠悠(ゆうゆう)たる境界(きょうがい)を築き、職場と家庭と、そして余暇(よか)を楽しみ()かす人生を送ってください。

折伏実践のために