正しい信仰を求めている人へ


5 信仰を持つことによって、仕事がおろそかになるのではないか



 あなたが心配される点には、次の二つのことが考えられます。
 まず第一は、信仰のために時間が(うば)われ、そのしわ()せによって仕事がおろそかになるのではないか、ということと、もう一つは、信仰することによって、努力(どりょく)をしなくても(たな)ぼた式に幸運にめぐまれるものと信じて、仕事をおろそかにするのではないか、ということでしょう。
 しかし日蓮正宗の信仰においては、こうした心配はまったく無用(むよう)です。なぜなら日蓮大聖人の教えは、信仰だけしていれば、仕事をおろそかにしてもよいというような偏狭(へんきょう)なものではないからです。
 私たちが仕事に(はげ)む目的は、自身の生活をより豊かにして、精神的にも物質的にも安定した幸せを得ようとするところにあるといえましょう。しかしそこに(きず)かれた幸せは、恒久的(こうきゅうてき)なものとはいえません。なぜなら、たとえ仕事が成功して、経済的に裕福(ゆうふく)になったとしても、それは表面的な一時の結果であり、前世(ぜんせ)善因(ぜんいん)にもとづく果報(かほう)ですから、その果報が()きれば、その福徳(ふくとく)もつきるからです。
 したがってその幸せを恒久的なものにするために、正しい信心が必要なのです。正しい信仰による果報は、今生(こんじょう)の幸せはもとより、未来世(みらいせ)への福徳を無限(むげん)()んで、永遠に(くず)れない幸福となるのです。
 大聖人の仏法に「世法(せほう)(そく)仏法(ぶっぽう)」という原理があります。これを広く社会全体の立場から見れば、「社会(しゃかい)(そく)仏法(ぶっぽう)」ということになりましょうし、個人の立場から見るならば「信心(しんじん)(そく)生活(せいかつ)」ということになります。
 この原理は、仏法が私たちの現実の生活を離れてあるのではなく、むしろ生活そのもののなかにあるということを示したものなのです。
 大聖人は、
    「まことのみち()世間(せけん)事法(じほう)にて(そうろう)。(中略)やがて世間の法が仏法の全体と(しゃく)せられて候」(白米一俵御書・御書1545頁)
(おお)せです。これは、現実社会のあらゆる現象(げんしょう)と仏法は一体であり、私たちの生活のなかに仏法の真理があらわされていることを教えられているのです。
 現実の社会は、「政治」や「経済」によって動いているといっても、それを動かす主体は人間にほかなりません。
 ゆえに大聖人は、妙法(みょうほう)受持(じゅじ)し、純真(じゅんしん)に信仰を(つらぬ)く人は、社会のあらゆる現象(げんしょう)実相(じっそう)見極(みきわ)めていけることを、
    天晴(てんは)れぬれば地明(ちあき)らかなり、法華(ほっけ)()る者は世法を()べきか」(観心本尊抄・御書662頁)
と教えられています。
 「法華を()る」とは、正しい信仰によって、生命の永遠と、諸法(しょほう)実相(じっそう)見極(みきわ)める智慧(ちえ)(そな)えることであり、「世法を()可きか」とは、その智慧をもって仕事に励み、ひいては社会に対しても存分(ぞんぶん)にその力を顕現(けんげん)し、充分に()かしきってゆくことができるという意味です。
 ゆえに信仰と生活(仕事)の関係は、信仰は大地のようなものであり、生活はその大地に()える草木ともいえます。
 大地が肥沃(ひよく)であればあるほど、草木が大きく生長(せいちょう)するように、正しい信仰を()つことによって、りっぱな見識(けんしき)と、洞察(どうさつ)(りょく)(そな)えることができるのです。
 こうした原理を()まえた信仰をするのですから、時間はより有効(ゆうこう)に使われ、仕事もいっそう充実していくのです。
 信仰を(たも)つことによって、仕事がおろそかになるようなことは、絶対ありえないことを知ってもらいたいと思います。

折伏実践のために