正しい信仰を求めている人へ


4 日蓮正宗に入信すると結婚や就職(しゅうしょく)がしにくくなるのではないか



 人それぞれに(この)みが違うように、宗教についてよく認識(にんしき)していない人の中には、日蓮正宗をこころよく思わない人もいるでしょう。
 まして日蓮正宗は正邪(せいじゃ)のけじめをはっきりさせる教えであり、自らの信仰に励むだけではなく他の人に布教(ふきょう)する宗教ですから、時には誤解をする人もいるようです。
 しかしこのような人でも、よく聞いてみると、正宗の教義そのものや信仰すること自体をきらっているのではなく、信仰活動にかこつけて家庭を(かえり)みなくなったり、職場での仕事がおろそかになる、遅刻(ちこく)欠勤(けっきん)が多くなる、布教(ふきょう)によって人間関係が(そこな)われる、などの点に対して心よく思わないようです。
 日蓮大聖人は、
    「御みや()づかい()を法華経とをぼしめせ」(檀越某御返事・御書1220頁)
(おお)せられ、法華経を持つ者は社会人としての(つと)めに対しても真剣(しんけん)に取り組まなければならないと(いまし)められています。
 この言葉どおり全国・全世界の正宗信徒は立派(りっぱ)な社会人・家庭人として襟度(きんど)をもって日夜努力しています。しかしもし正宗信徒を名乗りながら、信仰にかこつけて社会的に信用を落したり、世間から顰蹙(ひんしゅく)を買うような者がいたならば、実に残念なことといわなければなりません。またこのようなごく一部の姿をもって、正宗を正当に評価(ひょうか)できない人も実に不幸なことというべきです。
 広い世間のことですから、ごくまれな例としては、それぞれの家風(かふう)や会社の方針として正宗の信仰を(きら)うところもあるかもしれません。また反対に正宗の信仰者を優先的(ゆうせんてき)歓迎(かんげい)するところもあるでしょう。だからといって、そのつど、信仰をしたり、しなかったりすることは(おろ)かなことですし、信仰の意義がわからない証拠(しょうこ)でもあります。
 正しい信仰とは人生の羅針盤(らしんばん)のようなものです。もし船に羅針盤がなければ安全な航行(こうこう)はできませんし、目的地に着くこともできません。
 もしあなたが現在結婚や就職(しゅうしょく)という人生の岐路(きろ)に立っているならば、もっとも大切なことは目先(めさき)の結婚や就職はゴールではなく、スタートであるという心構(こころがま)えをもつことです。もし希望どおりの結婚や就職ができたとしても、そのあとの長い家庭生活や社会生活の中で、必ず起こるさまざまな問題や困難(こんなん)(かべ)雄々(おお)しく克服(こくふく)し、着実(ちゃくじつ)に幸福に向かって前進するためにはその根本に正しい信仰がなければならないのです。
 見栄(みえ)体裁(ていさい)ばかりを気遣(きづか)い、信仰をすると周囲からどんな眼で見られるかと神経質(しんけいしつ)になるよりも、自分の人生になにがもっとも大切かを考えるべきです。そして正しい信仰によって、(きび)しい苦難に負けない強い生命力と、賢明(けんめい)にして明朗(めいろう)な人格を(やしな)うことが真の幸福に到達(とうたつ)する道であることを考えるべきでありましょう。

折伏実践のために