正しい信仰を求めている人へ


15 日蓮聖人の史跡(しせき)(おとず)れ参拝をしているから充分だ



 日蓮大聖人は、
     「日蓮を用ひぬるともあしくうやま()はゞ国亡ぶべし」(種々御振舞御書・御書1066頁)
(おお)せられています。
 この言葉の意味は、日蓮を尊敬し(あが)めても、正しく(うやま)わなければ国が亡ぶ、というのです。
 一家が()しく敬えば、一家が(ほろ)び、個人が正しく敬わなければ個人が亡ぶという道理(どうり)です。
 では日蓮大聖人を正しく敬うとはどういうことでしょうか。
 御書には、
    「日蓮は日本国の諸人に主師父母なり」(開目抄・御書577頁)
とも、
    「今日本国の高僧()も南無日蓮聖人ととな()えんとすとも、南無(ばか)りにてやあらんずらん。ふびんふびん」(撰時抄・御書867頁)
とも(しる)され、(みずか)ら末法の一切(いっさい)衆生(しゅじょう)主師親(しゅししん)であり人々が日蓮大聖人に帰依(きえ)し、「南無日蓮大聖人」と礼拝(らいはい)すべきことを説かれています。
 そして、
    「本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(御義口伝・御書1773頁)
とも、
    「此の曼茶羅(まんだら)()く能く信じさせ給ふべし。(中略)日蓮がたまし()ひをすみ()にそめながしてかきて候ぞ、信じさせ給へ」(経王殿御返事・御書685頁)
とも仰せられ、末法の教主日蓮大聖人の当体(とうたい)魂魄(こんぱく)のすべてを書き(とど)められた曼荼羅御本尊を信じ拝するよう教えられています。
 曼荼羅のなかでも、弘安二年十月十二日に図顕(ずけん)された一閻(いちえん)()(だい)(そう)()の大曼荼羅が根本中の根本たる本門(ほんもん)戒壇(かいだん)の御本尊なのです。
 また大聖人は、
    檀戒(だんかい)(とう)五度(ごど)制止(せいし)して一向(いっこう)に南無妙法蓮華経と称せしむるを、一念(いちねん)信解(しんげ)初随(しょずい)()気分(けぶん)()すなり。(これ)(すなわ)()の経の本意なり」(四信五品抄・御書1113頁)
と仰せられているように、末法の仏道修行は布施(ふせ)戒律(かいりつ)などの修行を捨てて、ひたすら本門戒壇の大御本尊に向かって唱題することなのです。これが大聖人を正しく敬うということであり、本意に(かな)う信心なのです。そのためには、本門戒壇の大御本尊と日蓮大聖人の精神を正しく清浄(せいじょう)に伝えている日蓮正宗の信徒として、信心しなければならないのです。
 次に史跡についていえば大聖人の本意に叶う正しい信仰を実践(じっせん)したうえで、ゆかりの地を(たず)往時(おうじ)をしのぶことは悪いことではありません。
 しかしここで注意すべきことは、まず現在、大聖人の史跡として宣伝(せんでん)されているもののなかで、鎌倉時代からそのまま保存されている建物はほとんどありません。また場所も長い時間の経過の中で地震(じしん)津波(つなみ)などによって地形が変化したり、史跡がわからなくなったものがほとんどです。そしてなによりも大切なことは、史跡の真偽(しんぎ)を別として、そこにある寺院が大聖人の精神を正しく受け()ぐ日蓮正宗の寺院なのか、それとも大聖人の精神に反した邪宗寺院なのかということです。
 もしあなたが史跡めぐりだといって大聖人の精神から(はず)れた日蓮宗の寺院に(もう)でるならば、それこそ大聖人を「悪しく敬う」謗法(ほうぼう)(おか)すことになるのです。