正しい信仰を求めている人へ


11 宗教は教団の(かね)もうけにすぎないのではないか



 ご指摘(してき)のとおり昨今(さっこん)の宗教界の乱脈(らんみゃく)ぶりは目を(おお)うばかりです。ほとんどの教団は、民衆救済(きゅうさい)と社会平和の実現という宗教本来の使命を忘れ、本尊(ほんぞん)書籍(しょせき)、守り(ふだ)祈祷(きとう)などを売りものにして、金儲けに専念(せんねん)している現状(げんじょう)です。
 ひどい教団になると、教義がらみで信者にお金を出すよう強制(きょうせい)します。たとえば目を(わずら)っている人に対して、「目の玉は丸いでしょう。目の因縁(いんねん)を切るために、丸いもの(お金)を(そな)えなさい」、また足の悪い人には「足は〝おあし〟(お金)に通じるから、お金を上げればよくなります」などとまったく人をばかにした〝ごろ合せ〟や〝こじつけ〟で無知な人を(だま)しています。もっと悪質なものになると、「欲心(よくしん)があなたを不幸にしているのだから、欲心(よくしん)()てなさい。そのためにはあなたの財産(ざいさん)を神さまに(ささ)げることです」などと言葉(たく)みに、全財産を教団にまき上げられた例もあります。
 こんな宗教は明らかに金儲けを目的としたものですから、近づかないほうが無難(ぶなん)です。
 では、宗教団体が資金を持つことは悪いことなのかというと、それも誤った考えです。教義を研鑽(けんさん)し、修行し、布教するためには、それを(まかな)資金(しきん)がなければなりません。
 仏典(ぶってん)には、菩薩(ぼさつ)の修行として貧者(ひんじゃ)に物を与える布施(ふせ)(ぎょう)が説かれておりますし、衆生(しゅじょう)が仏や法に対して、報恩の念をもって金品を供養することを、(しゃっ)()累徳(るいとく)の行いであると賞賛(しょうさん)しています。供養とは自分にとって大切な宝を仏様に(ささ)げることであり、これには(くら)(たから)・身の財・心の財の三種がありますが、大聖人は、 「(くら)(たから)よりも身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり」(崇峻天皇御書・御書1173頁) と(おお)せられ、信心という心の財を根本にすることを教えています。
 「日蓮正宗の信心はまったくお金がかからないのか」という声を聞きますが、常識的に考えても、信仰するためには数珠(じゅず)や経本、仏具(ぶつぐ)書籍(しょせき)などの費用は必要です。また御本尊に対する自発的な供養(くよう)や先祖回向(えこう)塔婆(とうば)供養(くよう)なども、信仰者として当然なされるべきでしょう。
 しかし、日蓮正宗では本山はじめ各地の末寺でも、賽銭箱(さいせんばこ)などはいっさいありませんし、他宗徒からの供養は仏の本意(ほんい)(かな)わないとして、まったく受け取らないのです。また葬儀(そうぎ)、法事などにおいても、〝お経料〟とか〝戒名料(かいみょうりょう)〟もありませんし、他宗のように供養の(がく)(さだ)めて請求(せいきゅう)することなどもありません。
 日蓮正宗はひたすら正法を純粋(じゅんすい)に守り、弘教し、真の幸福と世界平和の確立(かくりつ)目指(めざ)して実践(じっせん)している唯一(ゆいいつ)の宗団なのです。