迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


9 姓名判断(せいめいはんだん)をどう考えたらよいのか



 とかく(うらな)いというものは、当たった部分だけが()(ちょう)され、はずれた場合はあまりこだわらない傾向(けいこう)が強いようです。
 なかでも姓名判断はよく当たるという人もいますが、はたしてどうでしょうか。
 いくつかあげられた占いのうちひとつでも該当(がいとう)すれば、当たったように錯覚(さっかく)しがちですが、(うら)(かえ)せばそれ以外は(みな)はずれているということになります。
 ある姓名判断の本には、
    「漢字そのものには命が()められてあって、人の運命をも作り上げる。そしてその運命は名前がつけられたときからスターとしていく」
といっています。
 しかし、人の運命が名前をつけられたときにスタートするというのでしたら、名前がつけられる前に死んでしまう子供や、生まれながらにしてすでに不幸な境遇(きょうぐう)のもとに産まれた子供はどのように解釈(かいしゃく)したらよいのでしょうか。
 また名前によって運命が決定されるならば、同姓同名(どうせいどうめい)一人(ひとり)が総理大臣になれば、その他の人も同じ地位につくはずですし、反対に一人が不幸な人生を送れば、同姓同名の人も同じようでなければならないはずです。
 これについて、さきの本には、「成功、不成功のちがいは、職業の選択(せんたく)や環境(人間関係)によってきまる」と弁明(べんめい)していますが、職業と環境にめぐまれることが成功の条件だというならば至極(しごく)当然(とうぜん)の話にすぎませんし、いまさら姓名判断をまつ必要もないということになります。
 これらのことからみても、姓名判断の根拠(こんきょ)が実にあいまいであることがわかると思います。
 また姓名判断の方法をみると、画数(かくすう)によって占うのが一般的で、字画(じかく)の数え方も(りゅう)()によってそれぞれ違うといわれています。
 たとえば、くさかんむりの字画は、三画、四画、六画など、かぞえ方はまちまちですし、さんずいも、三画、四画というようにさまざまです。そうしますと、同じ人を占うにしても画数が違えば当然(こと)なった判断が出てきますから、これではいったいどちらを信じればよいのか、これほどいいかげんな占いはないということになってしまうのです。
 歌手などがデビューする時に、姓名判断の専門家に依頼(いらい)して、よい名前を選んで付けるようですが、毎年多くの新人が出ても、スターになる人はほんのわずかで、ほとんどは消え去ってしまいます。この現実は姓名判断がいかにあてにならないか、という見本であろうと思います。
 人間の一生は姓名によってきまるものではありません。まして改名によって幸福を得られるものでもないのです。
 私たちの生命は、三世(さんぜ)にわたる因果(いんが)の理法にもとづいているのです。現在の果報(かほう)は過去の因によるものであり、未来の果報は現在の因によってもたらされるのであって、私たちが永遠の幸福を求めるのであれば、その正しい因がなければ絶対にかないません。この正しい因こそ妙法であり、御本尊を信受する以外に真の幸福はありえないということなのです。

折伏実践のために