迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


4 超能力(ちょうのうりょく)を信ずることは宗教なのか



 一般的に超能力とは、普通の人間の五官(ごかん)ではなしえない力を()していいますが、本来十界(じっかい)の生命を(そな)えている人間が、周囲の(えん)修練(しゅうれん)によって、特別な能力を持ったとしても少しも不思議(ふしぎ)ではありません。
 仏教では、これら超能力のことを「神通力(じんづうりき)」あるいは(たん)に「通力」と呼び、これを五通(ごつう)六通(ろくつう)()けて説明しています。
 五通とは、
  一、自在(じざい)移動(いどう)できる力。
  二、透視(とうし)する力。
  三、普通の人の聞こえない音を聞く力。
  四、他人の考えを知る力。
  五、自他の過去世(かこせ)(すがた)を知る力
をいい、
 六通とはこれに煩悩(ぼんのう)を取り去る力を(くわ)えたものを指します。
 こうしてみると現代の超能力者の中には、仏教でいう五通の一分(いちぶん)を持った者もいるということができましょう。
 この通力については、御書にもたびたび出ており、中でも古代インドの外道(げどう)で、十二年間恒河(ごうが)の水を耳の中にとどめたという阿伽陀(あかだ)仙人(せんにん)や、一日の中に四海の水を飲みほすという耆兎(ぎと)仙人(せんにん)などが知られていますが、これら外道の仙術(せんじゅつ)は深く宗教と結びつき、幻術(げんじゅつ)といって催眠(さいみん)(じゅつ)を用いて人々の目を眩惑(げんわく)させるものでありました。
 現実に通力や超能力をもっている人はいるかもしれませんが、その能力の存在そのものは別に宗教ではありません。しかし、超能力を売り物にした行者とか祈祷師(きとうし)などの教えを信じて、その通力に頼っておうかがいをたてたり、悩みを解決しようとする行為(こうい)(あやま)った信仰になるのです。
 日蓮大聖人は、
    利根(りこん)通力(つうりき)とにはよるべからず」(唱法華題目抄・御書233頁)
(おお)せになっています。利根とは、鋭利(えいり)五根(ごこん)眼根(げんこん)耳根(にこん)鼻根(びこん)舌根(ぜっこん)身根(しんこん))をそなえることであり、ふつうでは見えないものを見、聞こえない音を聞きとるなどの能力を持つ人をいいます。
 通力とは前にのべた五通、六通の特殊(とくしゅ)な力をいいます。大聖人はこれらの利根や通力には人間の生命を浄化する力はまったくなく、かえって正しい仏法を見(うしな)わせ、成仏(じょうぶつ)への障害(しょうがい)となるために、これらに頼ることを(きび)しく(きん)じられているのです。
 ただし、こうした一般の超能力とは違った真の通力について、『法華経寿量品(じゅりょうほん)第十六』には、
    如来秘密神通之力(にょらいひみつじんづうしりき)
と説かれております。この神通力とは、悪業(あくごう)深重(じんじゅう)衆生(しゅじょう)をも必ず成仏(じょうぶつ)せしめるという、仏のみが持つところの究極(きゅうきょく)功徳力(くどくりき)をいいます。
 大聖人は、
    「成仏するより(ほか)の神通と秘密とは(これ)無きなり」(御義口伝・御書1766頁)
(おお)せです。
 末法においては、御本尊を信じ南無妙法蓮華経と一心(いっしん)に唱えることにより、即身(そくしん)成仏(じょうぶつ)()げられるのであり、これこそ真実の如来の秘密・神通の力なのです。

折伏実践のために