迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


3 霊媒(れいばい)(たよ)ってよいのか



 霊媒(れいばい)は人間と死者の霊を媒介(ばいかい)する者で、わが国では青森県恐山(おそれざん)のいたこ≠ェ有名です。
 このいたこ≠ヘ依頼者(いらいしゃ)の求めに応じて神がかりとなり、口寄(くちよ)せによって死者の思いを伝えたり、その心をなぐさめる役割(やくわり)をしているのですが、最愛(さいあい)の人を失った遺族(いぞく)にとって、故人(こじん)が今なにを考え、どういう状態(じょうたい)であるかを知りたいと思うのは、人情として無理(むり)からぬことといえるでしょう。
 文明の発達した今日、なお霊媒が存在し口寄せなどが続けられている現実は、死者への思いはいつの時代にあっても変わらないというあかしでもあろうと思われます。
 たしかに、故人の声をもう一度聞くことができれば、遺族の気持ちは休まるかも知れませんが、死者の気持ちを知ったところで、その深い苦悩(くのう)を消し去ることも、悲しみに打ちひしがれた心を真になぐさめることもできないのです。
 それはあたかも、釈尊(しゃくそん)の弟子である目連尊者(もくれんそんじゃ)が、小乗(しょうじょう)の悟りによって()神通力(じんづうりき)で、餓鬼(がき)(どう)におちて苦しむ母親を救おうとしても救うことができなかった故事(こじ)と同じです。
 結局、目連尊者は法華経を信じ南無妙法蓮華経と唱えたとき、初めて母親を成仏に(みちび)くことができたといわれています。
 仏教には感応道交(かんのうどうこう)の原理が説かれており、仏と衆生(しゅじょう)との間に()(つう)じて感じ応ずる働きがあるといわれます。これを悪用(あくよう)したのが霊媒信仰なのですが、仏の教えを除外(じょがい)して(たん)に迷いの衆生と死者が感応したからといって真の救いになるわけではありませんし、かえって共に苦しむ結果になるのです。
 ましてや現在の霊媒やいたこ≠ニ(しょう)する者のほとんどは、それを商売の手段(しゅだん)としているだけで、死者と感応する力はないのです。
 いずれにせよこのような霊媒は、仏法本来の目的から逸脱(いつだつ)した邪道(じゃどう)なのですから、(たよ)ってはいけません。

折伏実践のために