迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


16 (きつね)つきなどのつきものをどう考えるか



 今日の医学では(きつね)つきや(へび)つきなどのつきものを、先天的(せんてんてき)()(じょう)性格(せいかく)者や精神(せいしん)薄弱者(はくじゃくしゃ)に多く見られるヒステリー性の一種の精神病と判断しています。
 しかし実際にはそうした診断(しんだん)だけで説明のつく現象(げんしょう)ではないようです。
 仏法ではあらゆる生命の本質を十界論(じっかいろん)でとらえていますが、狐や蛇などのつきものは、まさに人間の生命の上にあらわれた畜生界の姿にほかなりません。
 十界とは地獄(じごく)餓鬼(がき)畜生(ちくしょう)修羅(しゅら)人間(にんげん)天上(てんじょう)声聞(しょうもん)縁覚(えんがく)菩薩(ばさつ)(ほとけ)の十種の生命の働きをいい、それらはすべて私たちの生命の奥底(おうてい)冥伏(みょうぶく)しており、日常のさまざまな(えん)にふれてあらわれてくるものなのです。
 ですから狐つきなども、その人の心身にそなわっている十界中の畜生界の働きが(よこしま)な信仰などに誘発(ゆうはつ)されて現われてきたものといえます。
 このことは、狐つきが代々稲荷(いなり)などの畜類(ちくるい)を本尊とする信仰をしてきた家庭に現われる例が、きわめて多いことからもわかると思います。
 つまり信仰の対象とした狐や犬などの畜生界の生命と、私たちの生命に(そな)わっている畜生界が呼応(こおう)して、いわゆる感応道交(かんのうどうこう)してあらわれた姿がつきものなのです。
 感応道交とは本来、衆生の機感(きかん)と仏の応赴(おうふ)とが相通(あいつう)じて一道に(まじ)わることをいうのですが、この働きは広く十界のすべてに通ずるのです。
 すなわち正しい仏の教えに(したが)って正しい信仰をつらぬけば、仏界と衆生(しゅじょう)の十界が感応道交し、しかも衆生の仏性(ぶっしょう)が開発されて、成仏への道が(ひら)けますが、狐などの畜類(ちくるい)を信仰するならば、その人の心や行動や果報(かほう)が狐などの畜生界の姿となって現われてくるのです。
 したがって狐つきなどで悩んでいる人は、正しい御本尊を信じて唱題し、(みずか)らも畜生界などに紛動(ふんどう)されない強い意志を持つことが大切なのです。
 また、こうしたつきものを落とすのに、他宗の行者や神主(かんぬし)などが、暗示(あんじ)催眠(さいみん)を利用して祈祷(きとう)をしたり、「松葉いぶし」などといって、家の中で松葉(まつば)()やし、その(けむり)でつきものをいぶり出す呪法(じゅほう)(もち)いるようです。
 しかしそんなことをしても、その人の心身にきざまれた邪な信仰の(よご)れを落とすことはできません。
 長年(ながねん)稲荷(いなり)などの謗法(ほうぼう)による罪障(ざいしょう)消滅(しょうめつ)し、狐つきなどの苦しみから脱却(だっきゃく)する道は、法華経に、
    (われ)大乗(だいじょう)(おし)えを(ひら)いて()衆生(しゅじょう)度脱(どだつ)せん」(提婆達多品第十二・開結三六七)
と説かれ、日蓮大聖人が、大涅槃経を引かれ
    ()の正法を(のぞ)いて(さら)救護(くご)すること無し。()(ゆえ)応当(まさ)に正法に還帰(げんき)すべし」(太田入道殿御返事・御書912頁)
(おお)せのように、仏の正しい教えである妙法蓮華経による以外にはないのです。

折伏実践のために