迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


15 血液型による性格判断などをどう考えるべきか



 血液型に(かん)する本を読んでみますと、統計的(とうけいてき)なことを主体(しゅたい)としてのべられていますから(とう)を得ているように思われるところもあります。たとえば血液型には本質的に、それぞれの特徴(とくちょう)があり、その(あらわ)れ方によって長所にもなり短所にもなることを示しています。
 その意味からいえば、血液型による判断は迷信(めいしん)とか謗法(ほうぼう)というに()たりませんが、血液型判断をもって人生の根本指針(ししん)を決定したり、他人の性格や長短を頭から()()んだりすることは賢明(けんめい)ではありません。
 仏法では人生を、因縁(いんねん)すなわち過去の因と助縁(じょえん)そして未来の果という一連の流れの上でとらえています。
 また、人間もそれぞれ因縁をもって生まれてきます。血液型にしても(みずか)らの過去の(ごう)(いん)とし、各々の両親という縁によって決まります。その性格も、血液型だけではなく、育った環境(かんきょう)や教育、その人の生きてきた過程(かてい)などのあらゆる縁によって違ってくるのです。同じ血液型でありながら正反対の性格の人があったりするのはこれらの縁や過去からの業などによるものといえましょう。
 また、どのような血液型で生まれてきても、短所を長所に転換(てんかん)し、(ただ)しく向上(こうじょう)するためにもっとも肝要(かんよう)なのは、生命の根源(こんげん)に作用するところの正しい信仰を(たも)つことなのです。
 日蓮大聖人は、
    只今(ただいま)一念(いちねん)()(みょう)迷心(めいしん)(みが)かざる(かがみ)なり。(これ)を磨かば必ず法性真如(ほっしょうしんにょ)明鏡(めいきょう)()るべし。深く信心を()こして、日夜(にちや)朝暮(ちょうぼ)に又(おこた)らず磨くべし。何様(いかよう)にしてか磨くべき、(ただ)南無妙法蓮華経と唱へたてまつるを、(これ)をみがくとは云ふなり](一生成仏抄・御書46頁)
(おお)せです、私たちがどのような血液型であれ、またどのような血液型の人とめぐりあったとしても、それによって性格や相性(あいしょう)などが決定されるということではなく、正しい仏法によって錬磨(れんま)し、修行(しゅぎょう)していくことが豊かな人間性と正しい人間関係を(きず)く道なのです。

折伏実践のために