迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


14 現代の生き仏、生き神と呼ばれる人がいるが、どうとらえるか



 現代の新興宗教には、教祖をそのまま神、仏と信じ(あが)める宗教があります。それらの中で主な宗派としては、天理教(てんりきょう)の中山みき、大本教(おおもときょう)出口(でぐち)王仁(おに)三郎(さぶろう)世界(せかい)救世教(きゅうせいきょう)岡田(おかだ)茂吉(もきち)などが()げられます。これらはすでに亡くなっておりますが、現身(げんしん)になんらかの啓示(けいじ)を受けて特別な能力を得たといい、神がかり状態になったといわれます。
 現在も数多くの新興宗教や群小(ぐんしょう)教団(きょうだん)の中には、生き神さま≠ニ(しょう)される教祖がいるようです。では、このような生き神、生き仏と称する人は信用できるものなのでしょうか。もしある人が精神異常(いじょう)をきたし、突然(とつぜん)自分は神さまだと言い出したならばどうでしょうか。
 これについて二つの点から考える必要があると思います。
 その第一は、むかし釈尊(しゃくそん)が出現される以前には、九十五派のバラモンがあり、その中に生き神と同じような教祖も多くおりました。これに対して釈尊は、すべての世界は因果(いんが)原理(げんり)によって構成されており、因果を無視したり、因果を説かない教えは真実のものではない、と破折(はしゃく)されました。
 日蓮大聖人も、これら外道(げどう)邪義(じゃぎ)に対して、
    「実に因果を(わきま)へざる事嬰児(ようじ)のごとし」(開目抄・御書526頁)
(おお)せられております。
 生き仏や生き神と称する人は、いったい如何なる因行(いんぎょう)修行(しゅぎょう)して神や仏になったのでしょうか。(いん)がなく、ただ()のみが突然あらわれる奇跡(きせき)などというものは実際(じっさい)には存在しないのです。
 ですから、もしある日突然、神がかりとなったとしても、因行が説明できない神や仏ならば信ずべきものではないのです。
 第二の点は、生き仏や生き神といわれるものが、はたして真理に体達(たいだつ)した聖人や、経典によって予証(よしょう)されているかどうかということです。御本仏日蓮大聖人は、末法の法華経の行者として現実の五濁(ごじょく)の世に出現されて、法華経に説かれた予証を体現(たいげん)されたのです。
 これについて大聖人は、
    此等(これら)の文のごときは日蓮この国になくば仏は大妄語(だいもうご)の人、阿鼻(あび)地獄(じごく)はいかで(のが)れ給ふべき](報恩抄・御書1019頁)
と仰せられています。
 経文に予証されていない生き仏や生き神といわれるものは、しょせん信用するにたりないものであり、少しばかり人間ばなれをした能力があったとしても、衆生(しゅじょう)を根本から救うべき正法の導師(どうし)などではないのです。

折伏実践のために