迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


11 守護霊(しゅごれい)守護神(しゅごじん)はいるのか



 最近、霊能者(れいのうしゃ)神霊(しんれい)研究家(けんきゅうか)(しょう)する人たちが守護霊などに関する本を書き、そうしたものがベストセラーになったり、マスコミでも取りあげられたりしています。
 いま彼らの主張(しゅちょう)によりますと、人間にはどんな人にもその背後(はいご)に、守護霊や背後霊が(そな)わっていて、一人ひとりの人間がどのような人生を生きるかを見守り、霊界(れいかい)から助け指導するのだということです。
 そうしてこの守護霊をないがしろにしたり感謝を(おこた)ったり、また先祖の浄霊(じょうれい)をしないから、我が身や家庭に(わざわ)いが起こるのだというのです。
 しかし我々凡夫(ぼんぷ)には過去世(かこせ)のことや、未来の出来(でき)(ごと)、また死後の世界のことなどを実体験(じったいけん)を通して明らかにすることはできませんし、また見ることもできません。したがって、ついそうした霊能者の言葉にまどわされてしまう人が多いのです。
 けれども霊能者や神霊研究家が、どんなに不思議(ふしぎ)な神霊や霊能の話をしても、それはあくまでも因果(いんが)理法(りほう)無視(むし)した夢想(むそう)想像(そうぞう)産物(さんぶつ)であり、仏法の上からみれば彼らのいうようなその人の運命(うんめい)を支配する守護霊や守護神などというものはまったく存在しないのです。
 したがって、実生活における守護の働きについては、委細(いさい)三世(さんぜ)を知る仏の(きょう)()(あお)ぐべきです。
 日蓮大聖人の教えは、()(おん)元初(がんじょ)以来(いらい)、末法万年の遠き未来に(およ)三世(さんぜ)一切(いっさい)了達(りょうだつ)された本仏の教えであり、一閻(いちえん)()(だい)第一(だいいち)智者(ちしゃ)指南(しなん)なのです。
 その大聖人の教えによりますと、三世(さんぜ)十方(じっぽう)のありとあらゆる仏、一切の諸天善神(しょてんぜんじん)はすべて久遠元初の本仏の垂迹(すいじゃく)であり、従者(じゅうしゃ)であるといわれています。それゆえに、諸天善神は妙法蓮華経の正法を守り、法華経の行者を守護し、正法に帰依する人々の身の上や生活の上に、社会や国土の上に、正法興隆(こうりゅう)のために、善神(ぜんじん)としての働きを()れるのです。
 法華経には、
    諸天(しょてん)(ちゅう)()に、(つね)(ほう)(ため)(ゆえ)に、(しか)(これ)衛護(えいご)し」(安楽行品第十四・開結三九六)
    ()()(きょう)(たも)たんを(もっ)ての(ゆえ)諸佛(しょぶつ)(みな)歓喜(かんぎ)して()(りょう)神力(じんりき)(げん)じたもう」(神力品第二十一・開結五一五)
と説かれています。
 私たちはなによりも妙法蓮華経の本門の本尊を信じ、題目を唱え行ずることによって、一切の諸天善神の守護の力をうることができるのです。


折伏実践のために