迷信・俗信・占いなどを信じている人へ


10 八卦(はっけ)、星(うらな)いなど多くの占いがあるが、
どのように考えたらよいのか




 人は(だれ)しも未来を知りたいと願い、幸福を得たいと(のぞ)みますが、そのもっとも手近(てぢか)にある方法が(うらな)いであるといえます。
 しかしながら占いで将来を正しく見極(みきわ)め、幸福な家庭を築き上げた人が世の中にどれほどいたでしょうか。
 努力なしに望みをかなえようとしたり、実力以上のものを無理に求めようとするところに、悲劇(ひげき)破綻(はたん)が起こるのであって、占いを信じ安易(あんい)に自分の人生を()けてしまうことほど危険(きけん)なことはありません。
 初めは遊び程度(ていど)のつもりが次第(しだい)()(ちゅう)になり、ついには占いなしでは身動(みうご)きがとれなくなってしまったという例もあるように、占いを信じたことによってかえって苦悩(くのう)()す結果が多く、むしろ占いには近づかない方が賢明(けんめい)であるとさえいえます。
 占いは古くは易学(えきがく)による八卦見(はっけみ)が有名ですが、今日ではその他多くの種類があります。たとえば、現在人気のある星占いは、ロマンチックなイメージからか、とくに若い女性の間ではもてはやされているようですが、その主流であるホロスコープ占星術(せんせいじゅつ)の原点ともいうべき「テトラビブロス」の著者(ちょしゃ)は、
    「占星術は天文学の応用(おうよう)で、天文学ほど確実性のあるものではけっしてない」
とのべています。このように星占いは、学問的に確実性のない占星術を基礎(きそ)としているのですから、きわめて不完全なものなのです。星占いが広まること自体(じたい)現代社会の刹那(せつな)(てき)風潮(ふうちょう)反映(はんえい)しているように思われます。
 星占いをはじめとする占いはすべて運命学(うんめいがく)根底(こんてい)となって組み立てられているのですが、基本となる運命学そのものは、学問というにはほど遠く、人間の運命を本人の努力と関係なく、生まれつき(さだ)まったものとみる非合理的な運命論から(はっ)しているのですから、自然科学が発達すればするほど、その欠陥(けっかん)明白(めいはく)になってくるでしょう。
 明るい未来や幸福な生活は、正しい信仰を根本に自分自身で築くものであり、それは御本尊を信ずる功徳によってはじめて実現(じつげん)できるのです。

折伏実践のために