信仰を持たない人へ


9 宗教が社会に(ひょう)()されるのは福祉(ふくし)活動だけではないか



 「福祉」という言葉は、幸福≠フ意味ですから、広くいえば宗教の目的とも考えられます。しかし、ここでいう「福祉」は、困窮(こんきゅう)している人に物を(めぐ)み、()えた人に(しょく)を与え、不自由な人の手助けとなり、なぐさめるという、一般的な意味であろうと思います。
 たしかに極端(きょくたん)な個人主義と利己(りこ)主義によるぎすぎすした現代にあって、他人の幸せを願い福祉活動に奉仕(ほうし)することはきわめて尊いことであり、さらに広く深く社会に定着(ていちゃく)させてゆかねばなりません。政治や行政(ぎょうせい)の面からも福祉政策(せいさく)を協力に推進(すいしん)してほしいと願わずにはいられません。
 しかし宗教の存在価値(かち)や目的が福祉活動への奉仕(ほうし)だけであると考えるのは、(おお)いなる誤解(ごかい)です。なぜならば、宗教とりわけ仏法では、正法によって(しょう)(ろう)(びょう)()四苦(しく)を解決し、成仏という確固(かっこ)不動(ふどう)安穏(あんのん)な境地に至ることを真実の救済とし、本来の目的としているのに対し、一般的な福祉活動はあくまで表面的一時的な救済措置(そち)だからです。
 またもし宗教の存在価値が、人々に物を与え、不自由な人の手助けをし、悩める人を(なぐさ)めるだけで(こと)足りるというならば、仏がこの世界に出現し、苦難と迫害(はくがい)の中で身命を()して法を説く必要があったのでしょうか。私たちも本尊を礼拝(らいはい)し、修行を積み、教義の研鑽(けんさん)をすることもすべて不要となってしまうではありませんか。
 真実の宗教とは正しい法を信仰することによって、生命の根源(こんげん)に光をあて、活力にみちた仏の働きを()きあがらせて、力強い人生を確立(かくりつ)することにその目的があるのです。
 他人への親切や親への孝養といっても具体的な形態(けいたい)はさまざまです。仏法では人間を深く観達(かんたつ)したうえで、孝養に三種ありと次のように説いています。
    「孝養に三種あり。衣食(えじき)(ほどこ)すを下品(げぼん)とし、父母の意に(たが)わざるを中品(ちゅうぼん)とし、功徳(くどく)回向(えこう)するを上品(じょうぼん)とす」
 ここにも、物を与える孝養は下品であり、意にかなうことが中品、仏法によって功徳を回向(自ら修行した果報(かほう)を他に(めぐ)らし向かわせること)することがもっとも(とうと)いことであり上品であると明かしています。
 物を与え、慰労(いろう)するところの福祉活動が正しく実践(じっせん)され、持続し、実効(じっこう)を生むためにも、原点となる個々の人間に正しい智慧(ちえ)と活力を与える真実の仏法が必要なのです。
 言い()えれば、福祉活動をはじめ文化・社会・教育・政治などの各方面における活動、そして人間がなすすべての(いとな)みの基盤(きばん)となり、根底にあって善導(ぜんどう)し、活力を与えてゆくのが正しい宗教なのです。

折伏実践のために