信仰を持たない人へ


4 「さわらぬ神にたたりなし」で、宗教に近づかない(ほう)がよいと思うが



 「さわらぬ神にたたりなし」」とか「(まい)らぬ仏に(ばち)は当たらぬ」ということわざは、信仰とかかわりを()たなければ、利益(りやく)も罰も受けることはないとの意味ですが、一般には広くなにごとも近づかなければ無難(ぶなん)であるという意味に使われています。
 たしかに間違(まちが)った宗教には近づかない方が無難ですが、こと正しい仏法に対して、このような考えを持つことは(あやま)りです。
 釈尊は、
    (いま)()の三界は(みな)()()()なり。()(なか)の衆生は(ことごと)()()が子なり。」(譬喩品第三・開結一六八)
と説かれ、世の中のすべては仏の所有(しょゆう)するところであり、人々はすべて仏の子供であるといわれています。いいかえると、仏法とは文字(もじ)(どお)り仏が(さと)られた真理(しんり)法則(ほうそく)ということであり、私たちは誰ひとりとしてこの真理の法則(ほうそく)から(のが)れることはできません。
 仏教では()(ちゅう)全体を指して法界(ほうかい)といいますが、日蓮大聖人は、
    「法界一法として()るゝ事無き」(御義口伝・御書1798頁)
(おお)せられ、仏が開悟(かいご)した法は宇宙法界に()れなくゆきわたっていると教えられています。
 ですから信仰を持たなければ罰も当たらないというのは、警察署(けいさつしょ)に近づかなければ(ばっ)せられることもないということと同じで幼稚(ようち)理屈(りくつ)であることがわかるでしょう。
 もし正しい仏法に近づかなければ、真実の幸福をもたらす教えを知ることができないわけですから、それこそ日々の生活が、仏に(そむ)き、法を(やぶ)悪業(あくごう)()(かさ)ねとなっていくのです。
 ましてや仏の慈悲(じひ)は人を(すく)善導(ぜんどう)するところにあり、たたりなどあるわけがありませんし、罰といっても、親が我が子を(みちび)手段(しゅだん)として(しか)ることと同じで、それも親の愛情の一分(いちぶん)であることを知らなければなりません。
 その意味から考えても、罰が当たるから仏法に近づかないというのは、親や教師がうるさいからといってこそこそ()(まわ)っている子供と同じことで、およそ健全(けんぜん)な人間に(そだ)つはずはないのです。
 いかに自分では信仰と無縁(むえん)のつもりでいても、この世に生きている人はすべて、正しい教えによらなければ真の幸福を得られない存在(そんざい)であり、また仏の(たなごころ)の上で生きていることに(ちが)いはないのですから、(みずか)らの人生をより爽快(そうかい)なものとし、充実(じゅうじつ)したものとするため一日も早く正しい仏法に帰依(きえ)することが大切なのです。

折伏実践のために