信仰を持たない人へ


3 宗教は精神修養にすぎないのではないか



 精神修養(せいしんしゅうよう)とは、精神を錬磨(れんま)品性(ひんせい)(やしな)人格(じんかく)を高めることですが、一般には心を(しず)め精神を集中することをいうようです。
 芸術やスポーツなどを(とお)して精神を(みが)き、人格を高めるならば、それは立派(りっぱ)な精神修養です。
 数多い宗教のなかには、精神修養の美名(びめい)看板(かんばん)にして()(きょう)するものがあります。その代表的なものとして禅宗(ぜんしゅう)があげられます。
 煩雑(はんざつ)毎日(まいにち)に明けくれている現代人にとって、心を静めて精神を集中する機会(きかい)が少ないためか、管理(かんり)職者(しょくしゃ)や運動選手の精神統一の場として、あるいは社員教育の場として、座禅(ざぜん)が取り入れられ、ブームになっているようです。
 では宗教の目的は精神修養にあるのかという点ですが、仏教では、精神を統一し心を(さだ)めて(どう)じないことを禅定(ぜんじょう)とか三昧(さんまい)といい、仏道(ぶつどう)修行(しゅぎょう)のための初歩的な心構(こころがま)えとして教えており、これが仏教の目的でないことはいうまでもありません。
 また人格品位(ひんい)の修養についていえば、仏教の中の(しょう)(じょう)(きょう)では、悪心(あくしん)悪業(あくごう)の原因は煩悩(ぼんのう)にあり、煩悩を断滅(だんめつ)して身も心も(ただ)された聖者(せいじゃ)になることがもっとも大切であると説き、戒律(かいりつ)を守り智慧(ちえ)を磨くことを教えました。これを()(じょう)声聞(しょうもん)縁覚(えんがく))の教えといいます。しかし(だい)(じょう)(きょう)では、自分だけが聖者になっても()を救おうとしないのは(きょう)(しょう)な考えであり、思考(しこう)や感情に(あやま)りのない聖者でも、それだけでは真実の(さと)りではないと、小乗教を排斥(はいせき)し、自他(じた)ともに成仏(じょうぶつ)目指(めざ)す菩薩の道を(しめ)しました。
 そして究極(きゅうきょく)の法華経では、さらに進めて、仏が法を説く目的は、二乗や菩薩になることではなく、一仏(いちぶつ)(じょう)といって衆生(しゅじょう)を仏の境界(きょうがい)(みちび)くことに()きるのであると教えられたのです。これを開三顕一(かいさんけんいち)(三乗を開いて一仏乗を(あら)わす)といいます。
 もちろん宗教で説く二乗や菩薩の道が(ただ)ちに現今(げんこん)の精神修養とまったく同じということではありませんが、少なくとも二乗や菩薩の教えの一部分に人格と品性(ひんせい)向上(こうじょう)(はか)る精神修養の意義(いぎ)(ふく)まれているということができましょう。
 釈尊は、
    如来(にょらい)但一仏乗(ただいちぶつじょう)(もっ )ての故に、衆生(しゅじょう)の為に法を説きたもう」(方便品第二・開結一〇三)
と説かれ、日蓮大聖人も、
    智者(ちしゃ)学匠(がくしょう)の身と()りても地獄(じごく)()ちて(なん)(せん)()るべき」(十八円満抄・御書1519頁)
(おお)せられるように、仏法の目的は精神修養などに(とど)まらず、成仏(じょぶつ)すなわち三世(さんぜ)にわたる絶対的(ぜったいてき)な幸福境界(きょうがい)確立(かくりつ)にあるのです。
 したがって、禅宗などで精神修養を売りものにしていることは、教義的に(あやま)っているだけでなく、仏教本来(ほんらい)の目的からも大きな逸脱(いつだつ)(おか)す結果になっているのです。

折伏実践のために