信仰を持たない人へ


14 道徳(どうとく)さえ守っていれば宗教の必要はない



 道徳とは現実の社会に、善良(ぜんりょう)な人間として生きて行くために、みずからを(りつ)し、たがいに守るべき社会的な規範(きはん)をいいます。
 したがって社会生活上の正と不正・善と悪などの分別(ふんべつ)を心()て、みずからの良心にも、社会的な規範にも()じることのないように生活してゆくことが大切です。
 しかし、道徳はあくまでも、現実に生きている人間のいちおうの規範であって、それによって、先祖を救い、みずからの罪障(ざいしょう)消滅(しょうめつ)し、さらには未来の子孫の幸せをもたらすなどという力はありません。
 つまり道徳は、今世(こんぜ)に生きる人々の生活を正し、人間性を(たか)める意味での指針(ししん)とはなりえても、仏教のように、過去・現在・未来の三世(さんぜ)因果(いんが)を説かず、三世にわたる一切の人々の救済(きゅうさい)とはなりえません。
 日蓮大聖人は道徳と仏教の関係について、
    王臣(おうしん)を教へて尊卑(そんぴ)をさだめ、父母を教へて(こう)の高きことをしらしめ、師匠を教へて帰依(きえ)をしらしむ」(開目抄・御書524頁)
(おお)せになって、道徳は仏法の先がけとして、その序分(じょぶん)役割(やくわり)をはたすものだと(しる)されています。
 昔から人の守るべき道徳の一つとして、「孝養(こうよう)」ということがよくいわれます。自分を生み、今日まで育ててくれた両親に対して、よく(つか)え、その恩に(むく)いることは大切なことです。しかし、仏法における孝養とは、ただ親の言葉にしたがい、親にものを贈ったり、年()いた両親の面倒(めんどう)をみるということにとどまらず、正法の功徳によって、両親を始めとする一家・一族・一門の人々を、(みな)ともに救っていくというところにきわまるのです。
 したがって仏法では正法による孝養を、「上品(じょうぼん)の供養」(もっとも勝れた供養)と名づけるのに対し、道徳における一般的な孝養は、いわば「下品(げぼん)の供養」(上・中より下位の供養)にあたるとされています。
 大聖人は、
    「法華経を信じまいらせし大善は、我が身(ほとけ)になるのみならず、父母(ほとけ)になり給ふ。(かみ)七代(しも)七代、(かみ)()(りょう)(しょう)(しも)無量生の父母等存外(ぞんがい)に仏となり給ふ(中略)『願はくは此の功徳を以て(あまね)く一切に(およ)ぼし、我等と衆生(しゅじょう)と皆(とも)に仏道を(じょう)ぜん』」(盂蘭盆御書・御書1377頁)
と、正法を行ずる大善(だいぜん)こそ、自ら仏の(きょう)()に至るのみならず無量生の父母と、無量生の子孫を救う道だと教えられています。
 このように正しい信仰をとおして自分を(みが)き、さらに世の中の人々を(きょう)()して、正法の功徳を社会の一切(いっさい)の人々に(およ)ぼし、ともどもに仏道を成就(じょうじゅ)することが、最高最善の生き方となるのです。

折伏実践のために